とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:リルレル・ハウリー



ジョーダン・ピール監督作の「ゲット・アウト」を映画館で観た。

人種差別をテーマに扱ったホラー映画。


満足度 評価】:★★★★★

「この先、こうなるだろうなぁ」という予想を完全に覆し、全く真逆の世界を見せる。

しかし、その「こうなるだろうなぁ」という予想は、観客の中にある差別意識が勝手に生み出したものである。

結局、この映画から思い起こす「人を虐げる差別」とは、それぞれの観客の頭の中に潜在的に植え付けられた意識の中にある

映画を観てから、この感想をお読みください

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「ゲット・アウト」予告編 動画

(原題:Get Out)



更新履歴・公開、販売情報

・2017年11月9日 映画館で観た感想を掲載。

・2019年8月25日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。


Amazon Prime で観る:「ゲット・アウト」(字幕版)

ゲット・アウト(字幕版)

新品価格
¥2,000から
(2019/8/24 23:36時点)



DVDで観る:「ゲット・アウト」

ゲット・アウト [Blu-ray]

新品価格
¥992から
(2019/8/24 23:46時点)




キャスト&スタッフ


出演者

ダニエル・カルーヤ
…(「ボーダーライン」など)

〇アリソン・ウィリアムズ

ブラッドリー・ウィットフォード
…(「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」、「アイ・ソー・ザ・ライト」など)

ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
…(「バリー・シール/アメリカをはめた男」など)

キャサリン・キーナー

…(「アンクル・ドリュー」など)

監督・脚本・製作

〇ジョーダン・ピール


2017年製作 アメリカ映画



映画「ゲット・アウト」



あらすじ


付き合い始めてから4カ月たったクリス(ダニエル・カルーヤ)とローズ(アリソン・ウィリアムズ)は、ローズの実家で行われる親戚の集いに出席するため、クリスは初めてローズの両親と対面することになった。

しかし、ローズは白人のため、「両親に嫌われるのでは」という不安を抱えるクリスと、何も心配はいらないと言うローズ。

ローズの家に着くと、脳神経外科医の父ディーン(ブラッドリー・ウィットフォード)と、精神科医の母ミッシー(キャサリン・キーナー)に歓迎されたクリス。

裕福な彼女の家は豪邸で、黒人女性のお手伝いさんと、黒人男性の庭師がいるような大きな家だった。

そして、しばらくすると、そのお手伝いさんと庭師の様子がおかしいことにクリスが気付くのだが…。



映画「ゲット・アウト」



感想(ネタばれあり)


人種差別をテーマにしたホラー映画


この作品に私は見事にだまされた!!

できることなら、なるべく予備知識なしで見て欲しい。

そして、この感想も映画を観終わってから読んで欲しい。



私は常に、何も先入観がない状態で映画を楽しみたいので、映画を観る前にあまり予習はしない派である。

この映画も、事前に知っていたのは『人種差別』をテーマにしたホラー映画ということだけ。

しかし、そこからして既に私はこの映画のトラップにかかっていたということが、後で分かる。



物語は、黒人男性クリスと白人女性アリソンのカップルの物語。

クリスは彼女の自宅に招待され、初めて挨拶するのに、彼女はクリスが黒人だとは両親に言ってないと言うので、もしかして両親に「嫌われるのでは…」と思い、緊張している。

最近では、黒人男性と白人女性のカップルなんて、そんなに珍しくないイメージがある。

しかし、ただでさえ『彼女の両親に挨拶する』ことに緊張するのに、相手が裕福な白人家庭となると、そりゃあ誰だって緊張するんだろうなぁとクリスの気持ちを思いやった。



そして、彼女の実家に到着してみると、そこは豪邸であり、周囲には彼女の実家以外の家がないという素晴らしい景色。

さらに、黒人のお手伝いさんと、庭師までいる。

それからしばらくして、クリスは、その家のお手伝いさんと庭師の様子がおかしいことに気づく…



映画「ゲット・アウト」


「きっと黒人たちは虐げられ、奴隷にされているに違いない」と先の展開を推測


この映画の前半部分では、ほとんど事件が起きない。

冒頭で黒人男性が誰かにさらわれる映像があるのと、アリソンが運転する車で鹿を轢いてしまう事故があった。

この時、警察は運転していないクリスにまで運転免許証の提示を求めたので、この辺は人種差別的な土地柄なのでは…と思った



それ以降は、後半まで何も起きない。

しかし、アリソンの実家で働く黒人のお手伝いさんと庭師の様子がなんとなくおかしい

話したいことがあっても、話せないという雰囲気を匂わせている。



そこで私は彼らの様子を見て、「いくらアリソンの両親が差別意識はない」と言ったって、お手伝いさんと庭師を使ってるじゃないのと思う。

やっぱり、これが裕福な白人社会の現実なんだろうなぁと考える

きっと、このアリソン一家に酷い目にあっているから、様子がおかしいんだな。

彼らも虐げられているから、そのことを言い出せないんだな…と、この先の展開を想像していた



さらにその時、私の頭の中には、「これは『人種差別』をテーマにしたホラー映画なんだ」という予備知識があった

だから、きっとおとなしくしている黒人たちは、何か言ってはいけない驚くべき事情があるんだろうと考えた。



そう考えていると、彼ら裕福な白人家庭が集まる親戚同士の『懇親会』が開催された。

その中に、若い黒人男性アンドリューがひとり混じっている。

そのアンドリューが、白人男性のような話し方をすることにクリスは驚きつつも、その人がかつて会ったことがある人だということに気づく。



その時、クリスはそのことを親友のロッドに電話で話し、ロッドが調べた結果、そのアンドリューが行方不明者だということが分かる。

そして、その時、クリスも、クリスの親友のロッドも、私も「ここでは黒人が誘拐されて、人体実験されて、奴隷にされているんだ!!」と確信する。

だから、クリスはアリソンを連れて、そこから早く逃げなきゃ!!と思った。

ロッドの「性奴隷」はちょっと言い過ぎだとしても(笑)、彼の言っていることはほぼ間違いない!!と思った



映画「ゲット・アウト」


「白人たちは、黒人たちに憧れている」という差別


しかし、後半になって、それらは、私の『人種差別に対する思い込み』からきた空想であることが分かる。

実際にそこで起きていたことは、完全に真逆の出来事だった。



これは「黒人に憧れて、黒人になりたい人たちの話」なのである!!

同じ『人種差別』でも、私が思っていた『差別』とは、全く逆方向の差別が行われていた。



確かに、誰も「黒人は下等だ」なんて一言も言っていない。

むしろ、お父さんは「オバマ最高!もう一期あったら、確実にオバマに投票してた」と言っていたし、いきなり体を触ってくるおばさんもいた。

さらに、クリスの写真を見たことがあると言っていた男性は、クリスの写真の才能を絶賛していた。

彼らは、「黒人に憧れている」のだ。



それが分かった瞬間に、「えーーーーーっっっそっちーーーーーーーー!?」って思った。

完全にやられたと思った

「黒人だから奴隷にされている」とか、「黒人だから虐げられている」と考えたのは、私の頭の中にある『差別意識』と『黒人差別に対するステレオタイプ』が作り出した妄想である。

映画は、私が思うよりもずっと先を歩いている



優れた脳外科医の父は、黒人たちの素晴らしい身体と自分たちを融合させ、長生きする方法を考えた。

それが、脳移植だった。

だから、そこにいる黒人たちは、黒人なのに、白人のような話し方をして、白人のような振る舞いをする。



また、この中で、日本人が1人出てきて、白人のような話し方で、白人のような振る舞いをするが、あれは完全に「自分も白人の仲間だと思っている」日本人に対する皮肉である。



映画「ゲット・アウト」


虐げられるのも、崇められるのも差別であり、地獄


結局、この映画は、オープニングの映像から不穏な雰囲気を作り出し、親友のロッドを使って観客を誘導し、その目を欺いた上で、話を逆転させ、「黒人の身体を崇め、黒人になりたい人たち」を登場させる

黒人たちはこれまで「虐げるのをやめろ!」と訴え続けてきたが、そこで「崇め奉られることも地獄」であることを知る。

私たちは、虐げられ、なじられることが差別だと思い込み、この映画の中でもそれが起きていると錯覚するが、そのどんでん返しにより、「崇められ信奉されること」も差別であり、苦痛であることを知る。



映画の前半で「きっと、この先、黒人が洗脳されて、奴隷にされるんだろう」と思った世界は、私の頭の中にある『差別意識』が生み出した妄想

なぜ、私は、「黒人たちを捕まえて洗脳し、奴隷にしている」なんて考えたのか。

それは、私の頭の中にある黒人差別に対する偏見と思い込みが生み出した幻想である。

その人のことを知りもしないで、「あぁ、あの人は差別されているんだな、虐げられているんだな」と勝手に思うこと自体が、差別であり、偏見であることを思い知らされる



しかし、それにしても、こんなにトリッキーな映画は初めて見た。

私が映画を観て、予測した世界は、私の頭の中にある偏見が生み出しているものだったなんて。



アリソンは、黒人男性の身体を品定めするただの兵隊で、父の後をジェレミーが継ぎ、裕福な白人たちによる黒人男性たちの人身売買は、この後も続けられていくはずだった

なるほどなぁ。

結局のところ、虐げられても、崇められても地獄ということ

本当の差別の無い世界とは、上に見ることも、下に見ることもせず、何事も平等に扱うということ。



それは、女性蔑視の視点で考えて見れば良くわかる。

「あいつはブス」という差別もあれば、「あの人は美しすぎる」という差別もある。



こんな展開を予想していなかった??

それは、あなたの中の人種差別への思いが、ストーリーを勝手に作り上げただけだよね??

そんな風に映画から語りかけられている気がした。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





Amazon Prime で観る:「ゲット・アウト」(字幕版)

ゲット・アウト(字幕版)

新品価格
¥2,000から
(2019/8/24 23:36時点)



DVDで観る:「ゲット・アウト」

ゲット・アウト [Blu-ray]

新品価格
¥992から
(2019/8/24 23:46時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


サンドラ・ブロック主演の映画「バード・ボックス」をNetflixで観た。

見ただけで自殺してしまいたくなってしまう「何か」に支配された世界。

二人の子供のために、「何か」が襲ってこない楽園を目指す主人公マロリーを描くサスペンス映画。


満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

突然現れた「何か」に支配され、人類消滅のディストピアを描くサスペンス。

「見てはいけない」と言われたら逆に見たくなるもので、その欲望が人類を滅亡に追い込む。

スッキリしない感はあるが展開がスリリングで最後まで楽しめた。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『バード・ボックス』予告編 動画

(原題:Bird Box)



更新履歴・公開、販売情報

・2019年8月21日 Netflixにて鑑賞。

・2019年8月22日 感想を掲載。

現在、Netflixにて配信中。



原作本:「Bird Box」【洋書】

Bird Box: The bestselling psychological thriller, now a major film (English Edition)





キャスト&スタッフ


出演者

サンドラ・ブロック






監督

スサンネ・ビア
…(「真夜中のゆりかご」など)


2018年製作 アメリカ映画



映画「バード・ボックス」



あらすじ


ある日、突然、世界は「見たら死にたくなってしまう何か」に支配されてしまう。

出産を間近に控えたマロリー(サンドラ・ブロック)は、その場に居合わせた人々と共に避難し、外に出る時は目隠しをして生活をするが、やがて、共同生活をする人々が一人ずつ消えていく…。

それでも、マロリーは子供たちを守るため、「何か」の攻撃を受けずに暮らしていけるという楽園を目指し旅に出るのだが…。



映画「バード・ボックス」サンドラ・ブロック



感想(ネタばれあり)


「決して見てはいけません」という誘惑に勝てるか


昔話の「鶴の恩返し」でも書かれている通り、人は「見てはいけません」と言われると、余計に見たくなってしまう生き物である。

最初のうちは我慢できても、そのうちになぜか「ちょっとぐらいは大丈夫だろう…」と思ってしまう。

この映画は、そんな人間の好奇心を我慢できるストイックな人だけが生き残る世界を描いたサスペンスだった。



ある時、世界は「見たら自殺したくなる何か」に支配されてしまう。

それが見えないからこそ恐ろしく、常にハラハラドキドキしながら話は進んでいく



中には、観ても平気な人たちがいる。

彼らは、心に「闇」を抱え、「何か」に操られ、心優しい人々に声をかけ、「何か」を見るように促すのだ。

そして、世界はその「何か」と「闇」に支配されていく…。



つまり、この世界では、目の前で人が死んでいくことをなんとも思わないような、鈍感な人間だけが生き残っていくのだ。



では、そんな世界の中で生き残っていくにはどうすれば良いのか。



映画「バード・ボックス」ジョン・マルコヴィッチ



危機的な状況の中で、希望は自然と共存する生活にある


「百聞は一見に如かず」と言うけれど、私たちは日頃使っている五感の中で、最も頼りにしているのが「視覚」である。

この映画を観て、日頃から視覚に頼り過ぎる生活をしていることに気付いた。

「それを見たら死ぬ」と言われたら、どう生活したらいいか分からない。



どこに潜んでいるのか分からないから確認することもできず、目隠しをして生活するしかない。

が、もしも、今すぐ目隠しをする生活をしろと言われても感覚が全くつかめず、それだけでも恐怖しかない。



その中で人々の希望となるのが「鳥」だ。

人間よりも視覚が発達した鳥は「何か」の存在をイチ早く察知し、鳴き声で危険を知らせる



この映画が私たちに伝えたいことは、そこにあると思った。

どんなに発達したセキュリティシステムがあっても、どんなに優秀な軍事システムがあっても、自然の猛威である「何か」に勝つことはできず、そこで頼りになるのは「自然の中で生きている鳥」なのだ。



私たち日本人にとって身近なことで考えてみると、「大きな地震」がやって来るとき、科学の力である程度予知することはできても、地震を止めたり、迫ってくる津波を防ぐことはできない。

その後も、物流がストップしたり、家が崩壊して避難生活を強いられるかもしれない。



そんな時一番強いのは、海岸から遠く離れた地盤の固い田舎町で自給自足の生活をしている人々だ。

それこそ、その周辺に住んでいる動物たちの異変で、地震がくることを察知できるかもしれない。



危機的な状況になった時は、日頃から自然と共に共存して生活することが、都会にいるよりも有利になるのだ。



映画「バード・ボックス」トレヴァンテ・ローズ



「愛情」は人間の武器である


鳥は視覚に優れ、人間には見えない波長が見えるという。

それが、今回は武器になり、人間に危険と安全を知らせるセンサーとなる。



では、人間の武器はなんだろうか

鳥にはなく、人間にはあるもの。

それは、「愛する人を守りたい」という愛情だと思った。



トムが愛するマロリーと子供たちを守ったのも、マロリーが子供たちを守るために、「何か」の誘惑に負けず、一切目隠しを外さなかったのも、全て「愛する人を守りたい」という愛情からきている。

つまり、人々が好奇心や欲望に打ち勝つことができるのは「愛情」であり、その中でも「母の愛」は最強なのだ。



だから、愛情を持たず闇を抱えた者たちは、奴らの手先となり、「愛」を知っている者たちは奴らに抵抗して死んでいく。

鳥は危険を察知することができても、仲間を守ることはできない。

しかし、人間は愛情という感情で愛する人を守ることができるのだ。



豊かな感情は、人間だけに与えられた武器なのだ。



映画「バード・ボックス」サンドラ・ブロックと鳥



鳥と共存して生活することの意味


日頃から鳥は環境の変化に敏感だと言われている。

その昔、カナリアは毒ガス感知器に使われていた。

(オウム真理教の家宅捜査にサリン検知器としてカナリアがいた記憶がある)



ということは、鳥たちが住めないような都会は、それほど空気が汚染されているということである。



この映画で「なぜ鳥?」と思う人もいるかもしれないが、この映画の怪物に限らず、鳥たちは日頃から私たちに危険を知らせてくれているのだ。

マロリーがたどり着いた楽園のように、鳥たちが安全に暮らしている場所は人間も安全に暮らせる場所であり、常日頃から共存して生活するべきなのだ。



地球温暖化が進み、いつ、甚大な災害に襲われるか分からない今、私たちは、自然と共存することを再び考えるべき時に来ているのだと感じた作品だった。




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村






















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


NBAスター選手 カイリー・アービング主演のコメディ映画「アンクル・ドリュー」を試写会で観た。

落ちぶれたバスケコーチが、元ストリートバスケのレジェンとたちと共にライバルを叩き潰す!?


満足度 評価】:★★★★☆

超楽しかった!

NBAプレーヤーのじいちゃんプレーは志村けんのおばあちゃんコント見てるみたいで笑えたし、その中から繰り出されるスーパープレーが超かっこよくて大興奮!

バスケ好きも、そうでない人にもオススメのコメディ


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『アンクル・ドリュー』予告編 動画

(原題:Uncle Drew)



更新履歴・公開、販売情報

・2018年10月16日 映画館にて鑑賞。

・2018年10月30日 感想を掲載。

・2018年11月9日 全国公開。

詳しい上映劇場情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓



オリジナルサウンドトラック:「アンクル・ドリュー」

アンクル・ドリュー・オリジナル・モーション・ピクチャー・サウンドトラック

新品価格
¥2,376から
(2018/10/30 10:57時点)



映画「アンクル・ドリュー」ボブルヘッドドール 5体セット

映画 アンクル・ドリュー ボブルヘッドドール 5体セット カイリーアービング シャキールオニール クリスウェバー レジーミラー ネイトロビンソン Uncle Drew Bobblehead Set

新品価格
¥8,440から
(2018/10/30 10:58時点)






キャスト&スタッフ


出演者

〇カイリー・アービング

…(「ゲット・アウト」など)

〇ティファニー・ハディッシュ

〇シャキール・オニール

〇クリス・ウェバー

〇レジー・ミラー

〇ネイト・ロビンソン

〇リサ・レスリー


監督

〇チャールズ・ストーン3世


2018年製作 アメリカ映画



アンクル・ドリュー




あらすじ


スポーツ用品店の店長で、ストリートバスケのコーチをしているダックス(リルレル・ハウリー)は、スター選手をライバルチームに奪われてしまい、バスケ大会に出場できなくなってしまう。

さらに、妻もそのライバルに奪われたダックスは、バスケ大会で復讐するために選手を集めようとするが、試合間近でお金もなく、選手は集まらない。

その時、なじみの理髪店で「ストリートバスケのレジェンド アンクル・ドリュー(カイリー・アービング)に相談すればいい」と言われ、ダックスはアンクル・ドリューに会いに行く。

しかし、そのアンクル・ドリューは白髪の老人で、とてもバスケなどできそうもない。

その姿にガッカリしたダックスだったが、アンクル・ドリューは彼の目の前でスーパープレイを連発し…。



アンクル・ドリュー2





感想(ネタばれあり)


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。


アンクル・ドリュー (2018)


★★★★ [80点]「超楽しくてかっこいい!スーパースター軍団」


これ超ーー楽しかった!!



ストリートバスケで伝説となったじいちゃんたちが、再びコートに復活!

若者たちとストリートバスケで戦うというコメディ映画。

とはいえ、じいちゃんと言っても、演じているのは特殊メイクをしたNBAの現役プレーヤーと元プレーヤーたち

そんな彼らが粋がってるストリートバスケプレーヤーたちをスーパープレーで打ち負かしていくという、痛快で、爽快なコメディ映画



出演しているNBAプレーヤーは
カイリー・アービング
シャキール・オニール
レジー・ミラー
クリス・ウェバー
ネイト・ロビンソン



彼らのじいちゃんプレイは、まるで志村けんのおばあちゃんコント的な笑いもあって、常に笑わせて飽きさせない。



そして、そんなコントの中から突如として繰り出されるスーパープレーは感動モノ!!

あまりのかっこ良さに思わず「ヒュー」とか「ワーォー」とか声が出てしまった!!

あまりにスーパープレーが凄くて、人って飛べるんだなぁって思った



ホントに飛んでるとしか思えない空中プレーが連発!!

それ見て興奮!!



その昔、マイケル・ジョーダン全盛期の頃、NBAの試合をよく見ていたので、当時のスーパースター シャキール・オニールのプレーが見られたのが嬉しかった。

あの巨体のレジェンドは歳をとっても、しっかりダンクを決めてて、思わず「シャックーー!!」と叫びそうになった!!(笑)

でまた、そのじいちゃんたちが、「まだまだ若者には負けられん」とか説教臭いことを一切言わない!

そこが良い!



そこはスーパープレーで見せつけて、彼らは昔の仲間と集まってプレーがしたいからしてるだけ

そんな言葉にしないかっこよさもまた良い。



そんな彼らの芸術的スーパープレーを見られる良い機会なので、NBAファン、バスケ好きはもちろん、そうでない人も、その圧倒的なかっこ良さを是非、スクリーンで!!

気分が落ち込んでる時に見たら、いっぱい笑って、きっと気持ちがスッキリするはず!



難しいことは何もない、ただただ楽しいエンターテイメント作品

おススメでございます


Posted by pharmacy_toe on 2018/10/19 with ぴあ映画生活



アンクル・ドリュー3



Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~





「とにかく映画が好きなんです」【別館】をスタートしました。

映画のコラムやイベントに参加した話、音楽やご飯ネタなども掲載していきます。

この【本館】よりも、もっとユルッとした裏アカにしていく予定です。

こちらも、ぜひ。
 ↓





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村






















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック