とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:リーヴ・シュレイバー



アニメーション映画「スパイダーマン:スパイダーバース」を映画館で観た。

時空がゆがめられたことで、異次元のスパイダーマンが集合し、主人公の少年マイルズがスパイダーマンとして成長してく姿を描く作品。


映画「スパイダーマン:スパイダーバース」


満足度 評価】:★★★★☆

胸熱だった!学校になじめず一人ぼっちだった少年マイルスがスパイダーマンとなって世界へ羽ばたいていく。

そこで自分を理解してくれる仲間たちと出会い勇気づけられる。

君は一人じゃない。その強い愛に泣いた

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『スパイダーマン:スパイダーバース』予告編 動画

(原題:Spider-Man: Into the Spider-Verse)



更新履歴・公開、販売情報

・2019年3月1日 映画館にて鑑賞。

・2019年4月8日 感想を掲載。

・2019年12月22日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、ネット配信、DVD、共に販売中。詳しい作品情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓




キャスト&スタッフ


声の出演

〇シャメイク・ムーア

〇ジェイク・ジョンソン

ヘイリー・スタインフェルド


〇キミコ・グレン

〇ジョン・モラニー

リーヴ・シュレイバー

マハーシャラ・アリ
…(「グリーンブック」「キックス」、「ドリーム」、「ムーンライト」、ドラマシリーズ「ルーク・ケイジ」、「ハウス・オブ・カード 野望の階段」など)




監督

〇ボブ・ペルシケッティ

〇ピーター・ラムジー

〇ロドニー・ロスマン


2018年製作 アメリカ映画




あらすじ


ニューヨークの私立名門中学校に通うマイルス(シャメイク・ムーア)は、地元の友達がいない学校になかなかなじめない。

と同時に、マイルスはスパイダーマンでもあるのだが、その力をうまく使うことができない。

ある時、何者かによって時空がゆがめられ、マイルスの元に、様々な次元からやってきたスパイダーマンたちが集結する。

そこで、マイルスは彼らに力の使い方を教えられながら、スパイダーマンとして成長していくのだが…。


映画「スパイダーマン:スパイダーバース」


感想(ネタばれあり)


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。


スパイダーマン:スパイダーバース (2018)


★★★★ [80点]「君は一人じゃない」


とっても胸熱な映画だった!



主人公のマイルスは名門私立中学校に通う中学生。

しかし、地元の友達がいない学校になかなか馴染めない。

そんな一人ぼっちのマイルスが、偶然、スパイダーマンの能力を持つことになってしまう。



そもそも「人と違うこと」は神に与えられたギフトであり、その特別なギフトで、周りの人たちを助けることができる

と、これまでMARVEL の世界では描かれてきた。



その世界観に「人と違うこと」でイジメられてしまった子たちや、性的マイノリティの人たちは助けられてきた。

この映画の主人公は、学校になじめず「自分は一人ぼっちだ」と感じている少年マイルスだ。



そのマイルスが、特殊な能力を得て、外の世界を知ったことで、自分には世界中に多くの仲間たちがいて、自分は決して一人ではないことを知る。

そして、その仲間たちの世界で生きていこうと覚悟した時、彼に変化が訪れる。



そんなマイルスが成長していく姿を観て思ったのは、大事なのは「能力がある、ない、才能がある、ない」ではなく、その世界に飛び込む勇気なのではないかということ。

その飛び込む勇気を与えてくれるのが、自分を理解してくれる仲間たちの存在なのだ。



君ならできるよ。大丈夫

その一言が、新たなる世界へ飛び込む勇気を与えてくれる。



その新たなる世界が、もしも、自分の能力を超えることだったとしても、飛び込まないことには、次のステップに進めないのだ。

そんなマイルスの姿を通して、MARVEL はこれまで描いてきたように「人と違うことは、神に与えられたギフト」「君は唯一無二の存在だ」というメッセージを、世界中にいる「一人ぼっちの子供たち」に送るのだ。

そうして、勇気を与えられた子供たちが、世界に羽ばたいていくことを願って



今の時代は、インターネットを通して、世界中の人たちとつながることができる。

異次元のスパイダーマンが、時空の歪みを通じて出会えたように、きっと、同じ感覚を持った人たちに出会うことができる。



もしかしたら、すごく近くにも、仲間がいるかもしれない…

だから、自分に与えられた運命を受け入れて、勇気を持って一歩前に踏み出そう!と、マイルスは背中を押してくれる。

そう思いながら観ていたら、後半はボロ泣きだった。



疎外感とか、ひとりぼっちだと感じたことがある人に、特におススメしたい作品

君は一人じゃないよ。

彼らから、ぜひ、そんなメッセージを受け取って欲しい


Posted by pharmacy_toe on 2019/03/04 with ぴあ映画生活




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



Amazon Primeで観る:「スパイダーマン:スパイダーバース」(字幕版)

スパイダーマン:スパイダーバース (字幕版)

新品価格
¥2,546から
(2019/12/22 10:17時点)



DVDで観る:「スパイダーマン:スパイダーバース」

スパイダーマン:スパイダーバース プレミアム・エディション(初回生産限定) [Blu-ray]

新品価格
¥6,800から
(2019/12/22 10:17時点)



オリジナル・サウンドトラック「スパイダーマン:スパイダーバース」

スパイダーマン:スパイダーバース (オリジナル・サウンドトラック)

新品価格
¥1,900から
(2019/4/8 15:22時点)



【映画パンフレット】スパイダーマン:スパイダーバース

【映画パンフレット】スパイダーマン スパイダーバース 監督 ボブ・ペルシケッティ 声 シャメイク・ムーア, ジェイク・ジョンソン, ヘイリー・スタインフェルド, ニコラス・ケイジ,

新品価格
¥1,280から
(2019/4/8 15:30時点)



原案「エッジ・オブ・スパイダーバース」

エッジ・オブ・スパイダーバース (MARVEL)

新品価格
¥2,970から
(2019/4/8 15:34時点)



原案:「スパイダーバース」

スパイダーバース【限定生産・普及版】

新品価格
¥1,620から
(2019/4/8 15:35時点)



原案「ワールド・オブ・スパイダーバース」

ワールド・オブ・スパイダーバース (MARVEL)

新品価格
¥3,672から
(2019/4/8 15:37時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ウェス・アンダーソン監督のストップモーション アニメーション映画「犬ヶ島」を試写会で観た。

「犬インフルエンザ」のために犬ヶ島に隔離されてしまった犬たちと、飼い犬を探しに犬ヶ島へ行った少年アタリの冒険物語。


満足度 評価】:★★★★☆(4.5)

面白かった!

少年と一匹の浪人による鬼退治。

現代社会における鬼とは一体何か。

それを考えると、そこに根深い人間の悪が潜んでいる。

犬たちのかわいさだけでも十分楽しめるけど、その裏で人口爆発、人種差別など現代の問題が描かれている

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「犬ヶ島」予告編 動画

(原題: Isle of Dogs)



更新履歴・公開、販売情報

・2018年5月10日 試写会で観た感想を掲載。

・2019年2月17日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。

ネット配信で観る:「犬ヶ島」(字幕版)

犬ヶ島 (字幕版)

新品価格
¥399から
(2019/2/17 15:03時点)



DVDで観る:「犬ヶ島」

犬ヶ島 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,514から
(2019/2/17 15:04時点)



The Wes Anderson Collection: メイキングブック 犬ヶ島

The Wes Anderson Collection: メイキングブック 犬ヶ島

新品価格
¥5,184から
(2019/2/17 15:06時点)



サウンドトラック「犬ヶ島」

犬ヶ島

新品価格
¥2,454から
(2019/2/17 15:07時点)





キャスト&スタッフ


声の出演

〇コーユー・ランキン

リーヴ・シュレイバー

ブライアン・クランストン
…(「30年後の同窓会」、「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」、「幸せの教室」、「ドライヴ」、「コンテイジョン」、「アイ’ム ホーム 覗く男」、ドラマシリーズ「ブレイキング・バッド」など)

エドワード・ノートン
…(「素晴らしきかな、人生」、「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」、「グランド・ブダペスト・ホテル」、「キングダム・オブ・ヘブン」など)

〇ボブ・バラバン

ビル・マーレイ
…(「ゴーストバスターズ」、「ジャングル・ブック」、「ミケランジェロ・プロジェクト」、「グランド・ブダペスト・ホテル」など)

ジェフ・ゴールドブラム
…(「ジュラシック・ワールド/炎の王国」、「インディペンデンス・デイ:リサージェンス」、「ウィークエンドはパリで」など)

スカーレット・ヨハンソン
…(「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」、「ゴースト・イン・ザ・シェル」、「SING/シング」、「ジャングル・ブック」(声のみ)、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」、「LUCY ルーシー」、「ヘイル・シーザー!」、「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」、「真珠の耳飾りの少女」、「アベンジャーズ・エイジ・オブ・ウルトロン」、「キャプテン・アメリカ ウィンターソルジャー」、「アベンジャーズ」、「her/世界で一つの彼女」、「ママが遺したラヴソング」など)



監督

〇ウェス・アンダーソン


2018年製作 アメリカ映画



犬ヶ島




あらすじ


今から20年後の日本。

メガ崎市では、犬が急増。

メガ崎の小林市長は、「犬インフルエンザ」の疑いがあるとして犬を犬ヶ島に隔離してしまう。

そこで、アタリ少年(コーユー・ランキン)は、自分の飼い犬だったスポッツ(リーヴ・シュレイバー)を探しに行くのだが…。



犬ヶ島6




感想(ネタバレあり)


なぜ、20年後がこの物語の舞台になっているのか


日本を舞台にしたストップモーションアニメーション作品。

そこには、黒沢映画などや日本文化、日本の風土へのオマージュが感じられる作品になっている。

これは、「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」の時のように、日本で映画にするべき作品だなと思った。



今から20年後の近未来。

日本にあるメガ崎市では、急激に犬が増加し、犬が国土を圧迫することを恐れた小林市長は「『犬インフルエンザ』が人間にうつる可能性がある」として、犬たちをゴミを投棄するための島『犬ヶ島』へ隔離してしまう。



その小林市長による恐怖政治が続く中、アタリ少年は、かつて飼っていた犬の「スポッツ」を救うため、一人で飛行機を操縦して犬ヶ島へやってくる。

そこで、アタリ少年は犬たちに助けられ、彼らと共に「スポッツ探し」を始める。



予告編の雰囲気や、犬と冒険物語というと、なんとなく犬と少年のほのぼのとした作品に思えるかもしれないし、確かに、ただ物語を追っているとそう思えるかもしれない。

しかし、この物語には「これからの世界で起きえる社会問題」が詰め込まれ、アタリ少年をガイド役として描かれている



まず、20年後という時代設定。

具体的に何が起きるかといえば、2038年、世界人口が90億人(現在 76億人)を超えると言われている

そうなると、多くの貧しい国で食糧難と疫病が蔓延し、多くの人々が貧困で生きていけなくなる

その来るべき「人口爆発問題」を、この映画では犬で表現している



その人口爆発に悩まされるのが、メガ崎市(メガシティというのは、巨大都市(ニューヨークや東京など)の意)である。

犬が増えすぎて困った市長は、犬たちを犬ヶ島に隔離してしまい、隔離された犬たちはわずかな食糧を奪い合って争い合う



これは、2038年に人口爆発が起きた場合、増えすぎた人口に困った巨大都市は「ある人種のみ」を何かしら理由をつけて「隔離すること」を予言しているのだ。

それは、第二次大戦中のホロコーストや、南アフリカのアパルトヘイトのように。

そして、隔離された人々は、わずかな食糧を奪い合い、争い、殺し合うのだ。



このストップモーションアニメ「犬ヶ島」は、犬と少年の心温まる友情を描きながら、その背景では一部の人間のエゴにより人種隔離政策が行われることを予言し、その危機を救う少年と犬を主人公とした物語なのである。



犬ヶ島3



現代の鬼は恐怖政治で国民を制圧する独裁者


そもそも「犬ヶ島」というタイトルから思い浮かべるのは、「鬼ヶ島」である。

そのタイトル通り、この物語はアタリ少年による「鬼退治」が描かれている。

そのアタリ少年のお供となるのが、犬ヶ島で出会った犬のチーフである。



そのチーフは、「誰の家臣でもない気位の高い浪人」そのものであり、黒沢映画に出てくる三船敏郎の影響を大きく感じるキャラクターになっている。

本来は「誰のものでもなかった孤高の犬」だったはずが、アタリと出会い、彼の優しさに触れ、やがてチーフは立派なアタリ少年の用心棒になるのである。

そのチーフのキャラクターを見ていると、これこそ、日本で映画化するべき作品だったと思わずにはいられないのである。



それでは、アタリ少年が退治すべき『鬼』とは、一体何なのか。

それは、権力を持ち、恐怖で国民をあおって制圧しようとする独裁者である。

この物語で言えば、「犬インフルエンザ」で市民に恐怖を植え付け、犬を隔離する宣言をした小林市長である。



小林市長は「犬インフルエンザによって人間が疫病にかかる可能性がある」という理由で犬たちを隔離してしまうが、本当は犬インフルエンザ治療薬も開発されていた。

しかし、小林市長はその治療薬の存在を隠ぺいし、市民に「犬インフルエンザが怖い。市長は犬インフルエンザから守ってくれる人」というイメージを植え付ける。

そうして、市民は「犬インフルエンザで死にたくない」から、小林市長の独裁政権に服従するのである。

小林市長自身は、犬たちを自分の政策に利用して、支持率を高めているのだ。



それは、かつてヒトラーが「ユダヤ人は劣った人種」として隔離し、人々に恐怖を植え付けて統制したのとまるで同じやり方である。

20年後の世界は、人口が爆発し、巨大都市には多くの人が溢れ、一部の富裕層の人間が「ある人種のみを隔離せよ」と言い出す時代がやってくる。

それは、既にアメリカで始まっていて、トランプ政権が「移民は国へ帰れ」と言って、自分たちの国土は壁で囲っている話とつながっている



犬ヶ島で犬たちと仲良くなり「これからも犬たちと暮らしていきたい」と思ったアタリ少年は、犬たちを連れて小林市長の元へ抗議に行く。

実は小林市長はアタリ少年の養父であり、アタリ少年の話なら聞いてくれると思ったからだ。

アタリ少年は犬だけでなく、恐怖政治や隠ぺいなどから市民を救うことにもなる。

これはアタリ少年による鬼(=小林市長)退治なのだ。



犬ヶ島2



犬ヶ島で暮らしている犬たちに教えられる「人間はみな平等である」ということ


恐怖政治で制圧されるメガ崎市と対照的に描かれるのが、犬ヶ島である。

そこは何の資源もなく、ゴミしかない不毛な土地である。

しかし、そんな場所であっても、犬たちは助け合って幸せそうに生きている



犬ヶ島で暮らす犬たちはみな、色も柄も大きさも種類も、みんなバラバラである。

それでも、みんなが助け合って励まし合って生きている。

つまり、これは「犬だって、色が違ったって、種類が違ったって、みんな平等で助け合って生きているのに、なんで人間はできないのか」ということである。



その象徴となるのが犬のチーフである。

彼は初めは「真っ黒な犬」として登場する。

はじめは「チーフは黒い犬だ」と思って見ているが、途中で身体を洗うと実は「白い犬」だということが分かってくる。

しかし、周りにいる彼の友人たちは「黒い犬」が「白い犬」になったからといって態度が変わるわけではない

それは当然のことだろう。



しかし、もしも、人間に同じことが起きたらどうだろうか。

初めは「黒人」だと思っていた人が、実は「白人」だったら。

出会ったころは、平気で彼に向って差別的な発言をしていたのに、ある日「白人」だと分かったら、それらの言葉を撤回するのだろうか

これは、犬から見たら、肌の色が違っていたって、人間は同じ人間なのに、人間同士は「肌の色」によって態度を変えることを批判しているのだ。



彼らは、私たちに「みんなが平等で共に助け合って生きること」を示している

肌の色が違っていたって、種類が違っていたって、同じ人間であり、平等なのだ。

そのことを、私たちは犬たちに教えられているのだ。



犬ヶ島4



ウェス・アンダーソン監督が考える、諸悪の根源は家族にあり


アタリ少年が「犬ヶ島」に行き、犬たちに助けられながらスポッツと再会した結果、全ての悪の根源は養父の小林市長にあることを知り、アタリ少年は小林市長にこの恐怖政治をやめるように直談判に行く

犬ヶ島でアタリ少年と知り合い、これまで「誰のものでもない」と言っていた、まるで浪人のようなチーフは、アタリ少年の用心棒となり、他の犬たちもアタリ少年についていく。



そして、アタリ少年の勇気ある行動に若者たちも賛同し、「犬たちの解放」を求める

それには、はじめは聞く耳を持たなかった小林市長も、アタリ少年が病気になったことをきっかけに、父と息子の関係を改善し、犬を解放する。



そこには、ウェス・アンダーソン監督自身の「父親との関係」が反映されている

先日、映画評論家の町山さんのトークショー「映画サーチライト」に参加した際、町山さんはウェス・アンダーソン監督の作品について

ウェス・アンダーソン監督は8歳の時に両親が離婚して、父親が家を出てしまった。

彼の作品には、その時の影響が色濃く出ていて、全ての作品が父と息子の関係を描いたものなんです。


とおっしゃっていた。



その話を聞いて、この結末にとても納得した。

犬たちを隔離し、市民に恐怖を植え付ける、まるでヒトラーのような独裁者の小林市長も「誰かの父親」であり、父性であることを自覚させれば、恐怖政治もやめるだろうと、ウェス・アンダーソン監督は考えているのだ。



全ての悪は「家族の関係」に起因していて、家族の関係を改善すれば、悪は減っていくだろうと、ウェス・アンダーソン監督は考えているのだろうと思った。

その理想の形はスポッツである。

スポッツは、それまで「アタリ少年を守ること」が仕事だったが、家族ができたことで、「もうアタリ少年の用心棒はできない。家族を守らなければいけないから」と言っている。

ウェス・アンダーソン監督は、生活の中心に「家族」があるべきだと考えているのだ。

家族がいて守るべきものがあれば、「悪」になるはずはない



最近、こういう諸悪の根源は「家族の関係にあり」という映画が増えているような気がする。

毒親の影響で、暴力的になってしまった人を描いた作品「ビューティフル・デイ」も「アイ,トーニャ」などもその一つ。

全ての悪の根源は「家族にある」というのは大げさな気もするけど、「自信のなさからくるコンプレックスによる反動」とか、「暴力への考え方」というのは両親の影響もあると思うので、ウェス・アンダーソン監督の考え方もなきしもあらずだなと思った。



また、この映画には、人口爆発の問題や、人種差別の問題、家族の問題だけでなく、外国人の強制送還などについても考えさせられる。

そして、人間も犬たちのように、人種や肌の色に関わらず、みんな平等で仲良く生きられたらいいなぁとしみじみ思うのである。



犬ヶ島5



「犬ヶ島」メイキング







Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「犬ヶ島」(字幕版)

犬ヶ島 (字幕版)

新品価格
¥399から
(2019/2/17 15:03時点)



DVDで観る:「犬ヶ島」

犬ヶ島 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,514から
(2019/2/17 15:04時点)



The Wes Anderson Collection: メイキングブック 犬ヶ島

The Wes Anderson Collection: メイキングブック 犬ヶ島

新品価格
¥5,184から
(2019/2/17 15:06時点)



サウンドトラック「犬ヶ島」

犬ヶ島

新品価格
¥2,454から
(2019/2/17 15:07時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


リーヴ・シュレイバー主演の映画「チャック~“ロッキー”になった男~」をWOWOWで観た。

映画「ロッキー」のモデルとなったボクサー チャック・ウェプナーの実話を映画化。

劇場未公開の作品をどこよりも早く放映する「WOWOWジャンパンプレミア」のうちの一本。


満足度 評価】:★★★☆☆

「ロッキー」のモデルになったと言われると、とても華やかな印象を受けるけれど、実際のチャックはとても荒んだ生活を送っていて、その姿は映画の中の「ロッキー」とは、明と暗ほどに違った人生を送っていたのがとても印象的だった。

やはり、映画のような人生は理想でしかないのか。


「チャック~”ロッキー”になった男~」予告編 動画(日本語字幕なし)

(原題:The Bleeder(Chuck))




予習必須!必ずこの映画を観てからご覧ください「ロッキー」(字幕版)

ロッキー (字幕版)

新品価格
¥1,200から
(2018/2/20 10:38時点)



キャスト&スタッフ


出演者

リーヴ・シュレイバー
…(「スパイダーマン:スパイダーバース」(声の出演)、「犬ヶ島」、「スポットライト 世紀のスクープ」、「ディファイアンス」「ジゴロ・イン・ニューヨーク」「フィフス・ウェイブ」「ソルト」など)

エリザベス・モス
…(「ザ・スクエア 思いやりの聖域」など)

ナオミ・ワッツ
…(「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」「ヴィンセントが教えてくれたこと」、「追憶の森」、「ヤング・アダルト・ニューヨーク」、「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」、「21g」、「キング・コング」)

ロン・パールマン
…(「ポーカーナイト 監禁脱出」など)

〇マイケル・ラパポート


監督

フィリップ・ファラルドー
…(「グッド・ライ~一番優しい嘘~」など)



2016年製作 アメリカ映画



チャック_ロッキーになった男



あらすじ


ヘビー級のボクサー チャック・ウェプナー(リーヴ・シュレイバー)は、ある日世界チャンピオンになったモハメッド・アリから「防衛戦の相手」として指名される。

モハメッド・アリは白人の対戦相手を探していて、その当時はチャックが白人の中で一番上位にいたのだ。

喜んでその指名を受けたチャックは「すぐにKOされる」という大方の予想を裏切り、15R戦い抜き惜しくもTKOで負けてしまう。

しかし、チャックが最後まで戦い抜いたという健闘は話題になり、ハリウッドのシルベスター・スタローンがチャックをモデルに脚本を書いたと言われ…。



チャック_ロッキーになった男5



感想(ネタバレあり)


モハメッド・アリと対戦し、一躍、時の人となったチャック・ウェプナー



映画「ロッキー」が製作されたのは1976年

私が一番最初に見たのは中学生ぐらいだったと思う。

リアルタイムで観た記憶はなく、テレビで放送していたのか、レンタルビデオで借りてきたのかだったと思う。



試合を終えたロッキーのあの有名な「エイドリアーーーン!」のセリフに感動し、私もエイドリアンのように「誰かを支える人になりたい」と中学生の私は思ったものだった。

しかし、理想と現実はかけ離れたもので、大人になった私はエイドリアンとは程遠い生活をしている(笑)



その「ロッキー」には、モデルとなった人がいたという。

それは、この映画を観て初めて知った。

もしくは、そう聞いたことがあるかもしれないけど、忘れてしまっただけかもしれない。



そのモデルとなった人物は、チャック・ウェプナー

彼はベビー級のボクサーである。



それほど有名な選手ではなかったのだが、ある時、世界チャンピオンになったモハメド・アリから「対戦相手に」とオファーがくる

モハメド・アリはチャンピオン防衛戦として、白人のボクサーを考えていた

その中で、チャックは当時白人の中でランキングトップにいたため、アリからオファーを受けることになったのだ。



チャックは、そのオファーを受けた時「どうせ、すぐにKOされる」と言われながら、第9Rではダウンを奪い、15Rフルで戦うも、TKOで負けてしまう

しかし、最後まで戦い抜いたことが高く評価されて話題になり、その試合をテレビで観ていたスタローンが「ロッキー」という脚本を書く

当時、チャックはボクシングだけでは妻子を養うことができないので、酒造メーカーの営業をしながらの生活だった。

そして、スタローンも当時は無名の俳優で、映画のオーディションを受けるも落ちまくる日々だったことから、チャックの姿に時分を重ね合わせ、脚本を書き上げたのだという。

(詳しくは → Wikipedia「ロッキー(映画)」



チャック_ロッキーになった男4


「ロッキー」とは真逆の人生をたどるチャック



無名の俳優だったスタローンが主演だったにも関わらず、「ロッキー」は大ヒット。

作品の評価も高く、アカデミー賞 作品賞、監督賞を受賞する。

スタローンはその成功によりスターの仲間入りを果たし、現在に至る



その「ロッキー」の成功により、チャックもまた注目を浴びる

パーティ三昧に明け暮れ、家族とも疎遠になった末、ドラッグに手を出してしまう。

ボクシングからも遠ざかり、クマと対戦するような「見世物」へとなり下がる。



その時、意外にもチャックに手を差し伸べたのはスタローンだった

「ロッキー」によって成功したスタローンは、チャックに「ロッキー2」に出演して欲しいとオファーする。

ところが、チャック本人がオーディションに大幅に遅刻し、ろくに演技もできず、スタローンからのサポートがあったにもかかわらず、その話はご破算になってしまう。



残念ながら、チャックは「ロッキー」によってつかんだ栄光とチャンスを「ドラッグ」によって簡単に手放してしまったのである。

そして、警察のおとり捜査に引っかかったチャックは、ドラッグディーラーとして逮捕され、刑務所に入れられてしまう。



ハリウッド映画に描かれている「ロッキー」は、世界チャンピオンのアポロと戦ったことで栄光の階段を上り始めるが、そのモデルのチャックは、真逆の人生をたどり、そこから転落していったのだった。



チャック_ロッキーになった男3


転落のきっかけは自分自身を見失ったこと



チャックも決してチャンスがなかったわけでない

「モハメド・アリからダウンを取った」ことに自信を持って練習に励めば、ボクサーとしてさらに活躍できるチャンスが広がったかもしれない。

スタローンだって、それまで面識がなかったチャックをハリウッドに呼んでオーディションまでセッティングしている。

(この映画を観ていると、スタローンはすごくいい人だとわかる)



それらのチャンスを失ってしまったのは「自分はスターだ」という過信からだった。

確かに、「ロッキー」が大ヒットした時は多くの人たちがチャックに注目して、みんなが「チャックは実はすごいボクサーだった」んだと思った。

けれど、そうやってチヤホヤされているうちに、自分を見失ってしまう

自分がボクサーであることを忘れ、家族がいることすら忘れてしまう。



チャックから大切なものを奪っていったのは「ドラッグ」だった

「ドラッグ」をやめることができない意志の弱さが、チャックの人生を転落させていった。



そんなチャックの目を覚ませる唯一の存在が、ナオミ・ワッツ演じるリンダだった。

彼女はチャックをスター扱いせず、チャックのダメなところも見抜いていた。

そんな彼女に会って、ようやくドラッグをやめようと思った矢先に逮捕されてしまったのだ。



チャックにとってのエイドリアンは妻のフィルではなく、リンダだったと思う。

そうして、ボクシングも家族も栄光もすべて失ってしまったチャックは、リンダと新しい人生を歩み始めるのだ。



チャック_ロッキーになった男2


「運命の瞬間」を確実に次につなげていくために



映画には、たくさんの夢がつまっている

そこに描かれる様々な人生を見ながら、「あんな風になれたらいいな」とか、「あんな人生を送りたいな」と思い、明日への糧にし、再び前を向いて歩き始める。

だから、私は明日の自分のために毎日のように映画を観るのだ。



しかし、現実は映画のようにはうまくいかないものなのだ。

順風満帆に成功できる人などいない

時には足をふみはずし、間違いを起こし、失敗しながら前へと進む。



この映画のチャックと映画の中のロッキーとの違いを見れば、その理想と現実の違いがよくわかる

世界チャンピオンと戦って、彼の強い思いが国民に勇気を与えたところまではロッキーもチャックも一緒だった。

しかし、そこから成功するか転落するかの分岐点にあったのは「本人の意志の弱さ」だった。

「ドラッグをちょっと試してみたかった」という気のゆるみが、2回、3回と続いてしまう。



その「弱さ」が、のちのち全てを失ってしまうことになる。



そのチャックの挫折から私たちが学ぶべきことは、目の前にあることを一つずつ誠意を持って全力でこなすということ。

仕事にしても、家族や周りの人たちに対しても。

目の前にあることに誠意を失った瞬間、全てが壊れ去ってしまう。



チャックとは対照的に「ロッキー」の成功で大スターの仲間入りをし、いまだにスタローンが現役でいられるのは、その「誠実さ」にあったように思う。

「ロッキー」の成功を自分だけのものと思わず、チャックにも声をかけ、「ロッキー2」に出演して欲しいと言い、チャックが刑務所に入ったと聞くと、「ロック・アップ」の役作りと称して刑務所を訪問する。

もしも、「スター」という名声におぼれ目の前にあることに誠意を失っていたら、チャックを気にかけるようなことはしないだろうし、今の成功もなかったかもしれない。



「モハメッド・アリ VS チャック・ウェプナー」の一戦の日から、共に底辺でくすぶっていたスタローンとチャックの人生が動き出し、彼らの明暗を分けたというところに、この映画の面白さがあったと思う。

これはきっと、チャックだけの話ではなく、誰もがその「運命の瞬間」を持っていて、「そこからどう動くのか」が明暗を分けるのだと感じた。

常日頃から、周りの人たちに誠実に行動することが、成功の秘訣だと思った。



↓ Instagramでも映画のレビューを書いています(ときには映画以外の話もあります)







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


マイケル・キートンマーク・ラファロレイチェル・マクアダムス主演の映画「スポットライト 世紀のスクープ」を映画館で観た。

アメリカの「ボストン・グローブ」紙が、2002年にカトリック教会の神父による性的スキャンダルを暴いた事実を描く。


満足度 評価】:★★★★☆

「書いてはいけない」という圧力に屈して書いた記事はジャーナリズムではない。

長い間、暗黙の了解のようにされていたタブーを打ち破り、真実を伝えるために圧力に屈しない記者たちの熱意に強く心を打たれた作品。


「スポットライト 世紀のスクープ」予告編 動画

(原題:SPOTLIGHT)




「スポットライト 世紀のスクープ」Blu-ray

スポットライト 世紀のスクープ[Blu-ray]

新品価格
¥4,010から
(2017/3/3 11:47時点)



関連本:「スポットライト」チームが書いた記事

スポットライト 世紀のスクープ カトリック教会の大罪

新品価格
¥1,728から
(2016/4/21 01:55時点)


キャスト&スタッフ


出演者

マイケル・キートン
…(「ダンボ」、「アメリカン・アサシン」、「スパイダーマン:ホームカミング」、「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」、「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」、「ロボコップ」など)

レイチェル・マクアダムス
…(「ドクター・ストレンジ」「消されたヘッドライン」「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」「誰よりも狙われた男」など)

マーク・ラファロ
…(「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」、「コラテラル」、「フォックスキャッチャー」、「はじまりのうた」、「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」など)

リーヴ・シュレイバー
…(「スパイダーマン:スパイダーバース」(声の出演)、「犬ヶ島」、「チャック~”ロッキー”になった男~」、「ディファイアンス」、「ジゴロ・イン・ニューヨーク」、「フィフス・ウェイブ」、「ソルト」など)

ジョン・スラッテリー
…(「父親たちの星条旗」、「アジャストメント」など)

ビリー・クラダップ
…(「エイリアン:コヴェナント」、「君が生きた証」など)

スタンリー・トゥッチ
…(「ハンガーゲーム」シリーズ、「ジュリー&ジュリア」、「バーレスク」など)

監督・脚本

トム・マッカーシー
…(「ミリオンダラー・アーム」(脚本)、「扉をたたく人」)

2015年制作 アメリカ映画

第88回 アカデミー賞(2016)作品賞・脚本賞受賞


スポットライト


あらすじ


ボストンにある新聞社「ボストン・グローブ」の<スポットライト>のコーナーでは、一つのテーマについて深く掘り下げ、告発記事を連載している。

そのコーナーでは、リーダーのロビー(マイケル・キートン)と、マイク(マーク・ラファロ)、紅一点で最年少のサーシャ(レイチェル・マクアダムス)が、次のテーマについて検討している最中だった。

2001年、そんな「ボストン・グローブ」紙に、親会社のタイム紙から新しい編集局長のバロン(リーヴ・シュレイバー)が異動してきた。

着任早々バロンは、かつてグローブ紙が記事にしたボストンのカトリック教会に所属する神父による性的スキャンダルについての続報を<スポットライト>に掲載することを提案する。


スポットライト世紀のスクープ

感想(ネタバレあり)


「真実」を掲載して反響を呼んだボストン・グローブ紙の実話


私が新聞やテレビ、インターネットのニュースを読む時、そこに書かれている事柄は全て事実だと信じて疑わない。

しかし、もしもそれが、どこかの大きな組織の圧力によって捻じ曲げられた記事だったとしたらどうだろうか。

私たちは捻じ曲げられた「ウソ」を信じ込み、真実を知らないまま過ごすことになる。

だから、ジャーナリズムには「真実を真実のままに書く」義務がある。

ところが、この映画を観ていると、その「真実を書く」ということに多大なる勇気と苦悩が伴うことが良く分かった。

舞台はアメリカの「ボストン・グローブ」という新聞社である。

2002年にボストン・グローブ紙の<スポットライト>欄が掲載した記事が、世界的な注目を浴びることになる。

それは、カトリック教会の神父たちによる児童へのセックススキャンダルを暴く記事だった。

掲載後、読者から大反響を呼び、1000人を超える神父による児童虐待の被害者が発覚し、200人を超える神父が告訴されることとなった。

この映画は、その<スポットライト>欄の記者たちの、当時の奮闘ぶりを描いている。



スポットライト2

教会についての信じたくない真実

私が小学生だった頃、同級生の友人にキリスト教信者の子たちがいた。

彼女たちは、日曜日になると「日曜学校に行くの」とよく話をしていた。

日曜日は「遊ぶ日」だと思っていた私は、彼女たちが「日曜日に学校へ行く」意味がよく分からず、不思議だなぁと思っていた。

今でも、教会と聞くと、子供たちが「日曜日に行く」というイメージがある。

その話と、この映画の中で描かれている教会の神父たちの真実が私の中でリンクした。

教会に通う子供たちにとって、神父さんは最も安心できる存在であり、困った時は助けてくれる人である。

ということは、もしも「小児性愛」という性癖を持つ人にとっては、こんなに容易に子供たちに近づける職業はないと思うかもしれない。

この映画によれば、神父たちによる児童への性的虐待を統計学的に調査したところ、全体の約6%の神父が加害者だという。

そして、実際に<スポットライト>が調べてみたところ、やはりボストン地区だけでも約6%の神父にその疑いがあった。

そんな風に思いたくはないが、「子供に近づくために神父をしている」人もいるのではないかと…。

その事実が、最も私を震わせた真実だった。


スポットライト3

「真実」の前にたちはだかる三つの壁

その明らかになった真実を描こうとする記者たちの前には巨大な壁が立ちはだかり、その壁を越えなければ記事を掲載できない。

まず、一つ目の壁はカトリック教会を糾弾するタブーである。

キリスト教徒ではない私でさえも「そんな話、信じたくない」と思ったんだから、キリスト教徒だったらなおさらである。

国民の大半が信心深いキリスト教徒の土地柄だとしたら、多くの読者を敵に回すことになる。

だから、それまで新聞社はカトリック教会を糾弾するような記事はタブー視してきた。

今回も、外から送られてきた新しい編集局長がいなかったら記事にすることはなかった。

二つ目の壁は「被害者の声」である。

この件に限らず、レイプ被害者はもちろんのことながら多くを語ろうとしない。

まず、被害体験を話してくれるという被害者を探すことからスタートする。

もしも話をしてくれると言ってくれたとしても、記者たちは相手を安心させ、きめ細やかな注意が必要になる。

途中で、「やっぱり無理だ」と言い出す可能性もあるからだ。

そして、一番絶大な壁は三番目の「枢機卿からの圧力」である。

欲しい資料が手に入らなかったり、弁護士がストップをかけたり。

枢機卿は教会の神父たちの実態を知りながら、自分たちのイメージを維持することに必死になる。

最後の最後まで手こずったのは、その圧力だったように思う。

でも、これは一番分かりやすい。

どんな場合も、ある団体の闇を暴こうとすれば、その団体から圧力がかかるのは当然だからだ。

そこで、その圧力に屈して「ウソ」を書いてしまうのか、圧力に屈せず「真実」を書くのかが、「真の」ジャーナリズムのあるべき姿が問われるところなのだと思う。


スポットライト4

出演者は、マイケル・キートン、マーク・ラファロ、リーヴ・シュレイバー、レイチェル・マクアダムス


<スポットライト>チームでリーダーロビーを務めるのは、マイケル・キートン

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」、「スポットライト」と、二年連続で作品賞を受賞した作品で主演を務めながら主演賞を逃しているマイケル・キートン

社交的で、いい加減そうな雰囲気を出しながら、それが実は相手を油断させる手で、刺す時は、絶対に攻撃の手は緩めないというスーパージャーナリストをすごく自然に演じてる。

良かったなぁ。私も、ロビーみたいな人の下で働きたい。

他の出演作には、「ロボコップ」など


スポットライト5


そして、<スポットライト>の熱血記者マイクを演じたのは、マーク・ラファロ

この人、毎回顔が違うんですけどーーー。

それが、毎回自然過ぎて凄いんですけどーーーー。

この映画では、アカデミー賞助演男優賞にノミネート。

良かったなぁ。マークが熱血で、いろんなとこへツッコミを入れるたび、やれやれーー!!って思ってた(笑)

他の出演作には、「フォックスキャッチャー」「はじまりのうた」「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」など

スポットライト7


<スポットライト>紅一点のサーシャには、レイチェル・マクアダムス

先日、この映画のキャンペーンで初来日した。

その時の様子はこちらから → 「スポットライト 世紀のスクープ」に出演の女優レイチェル・マクアダムス初来日。インタビュー&舞台挨拶【動画あり】

いつもかわいい感じが良いよね。

今回は、親しみやすさで被害者たちから話を聞きだすサーシャを好演。

他の出演作に、「ドクター・ストレンジ」「消されたヘッドライン」「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」「誰よりも狙われた男」など

スポットライト6


私が一番気になったのは、編集長を演じたリーヴ・シュレイバー

もしかして、タイムから地方紙のボストン・グローブ紙に異動になったのは左遷??と思いつつ、それでも骨のある記事を書く指示を出したことで、全国にその名が知られたのは、タイムはその左遷を後悔したのかもと思いつつ、多くを語らないバロンが素敵だったなぁ

あなたの直感が多くの人の心を救ったのですよ。

良い編集長だった。

いつもギラギラしたリーヴ・シュレイバーとは、ガラリと印象が変わって良かったな。

他の出演作には、「ディファイアンス」「ジゴロ・イン・ニューヨーク」「フィフス・ウェイブ」「ソルト」など

スポットライト9


監督は、「ミリオンダラー・アーム」(脚本)、「扉をたたく人」のトム・マッカーシー

俳優もやっている方なので、俳優たちが演技しやすい環境をつくるのがうまい監督さんなんだろうなぁ。


スポットライト8

「真のジャーナリズム」はどれだけ存在しているのか…

そうして、いくつも立ちはだかる壁を打ち破ったからこそ、彼らは特ダネを手にすることができた。

正直、これが2002年という比較的最近の出来事だったので驚いた。

もし、彼らがこの時真実を暴かなければ、神父による虐待は今でも続いていたのか。

彼らの「真実をもみ消さない」勇気があったからこそ、多くの人が救われた。

彼らのような記者の姿が「本当のジャーナリズム」だと思いたいけど、その真実はどうなんだろうか。

それこそ、現行の新聞社の何パーセントが団体の圧力に屈せずに記事を書いているのか。

そんなことこれまで考えたことなかったけど、これからは、新聞社の記事を読む時に、「これは真実なのかな…」ってちょっと疑ってしまいそうな自分が怖い。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「スポットライト」チームが書いた記事

スポットライト 世紀のスクープ カトリック教会の大罪

新品価格
¥1,728から
(2016/4/21 01:55時点)














このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アンジェリーナ・ジョリー主演の映画「ソルト」をNHK BSプレミアムで観た。

二重スパイの容疑をかけられたCIA捜査官が、自分の身の潔白を証明するために孤軍奮闘するスパイアクション。

満足度 評価】:★★★☆☆

アンジェリーナ・ジョリーのアクションは切れ味がよくて見応えあったけど、ストーリーがあまりにも荒唐無稽すぎて途中でどうでも良くなってしまった。

「ソルト」予告編 動画

(原題:SALT)



ネット配信で観る:「ソルト」(字幕版)

ソルト (字幕版)

新品価格
¥199から
(2019/4/15 13:18時点)



DVDで観る:「ソルト」

ソルト [SPE BEST] [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2016/12/29 00:11時点)



キャスト&スタッフ


出演者

アンジェリーナ・ジョリー
…(「不屈の男 アンブロークン」(監督のみ)、「マレフィセント」、「ボーン・コレクター」など)

リーヴ・シュレイバー
…(「スパイダーマン:スパイダーバース」(声の出演)、「犬ヶ島」、「チャック~”ロッキー”になった男~」、「スポットライト 世紀のスクープ」、「ミッシング・ポイント」、「ディファイアンス」、「完全なるチェックメイト」、「ジゴロ・イン・ニューヨーク」など)

キウェテル・イジョフォー
…(「死の谷間」、「ドクター・ストレンジ」、「トリプル9 裏切りのコード」、「シークレット・アイズ」、「オデッセイ」、「それでも夜は明ける」、「アミスタッド」)

監督

フィリップ・ノイス
…(「ボーン・コレクター」など)

2010年製作 アメリカ映画


映画「ソルト」

あらすじ


CIA捜査官のイヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)の元にロシアのスパイだというオレグ・ワリシエヴィチ・オルロフ(ダニエル・オルブリフスキー)が訪ねてくる。

オルロフが言うには、ソルトはロシアのスパイであるという。

オルロフにつけたウソ発見器は彼が真実を語っていると示したため、ソルトの同僚であるテッド・ウィンター(リーヴ・シュレイバー)と、ウィリアム・ピーボディ(キウェテル・イジョフォー)はソルトを疑い始める。

その状況を察したソルトは、その場から逃げ出してしまうのだが…。


映画「ソルト」リーヴ・シュレイバーとキウェテル・イジョフォーとアンジェリーナ・ジョリー


感想(ネタバレあり)


恋愛がらみで心揺れ動くスパイってどうなの??


幼い頃からロシアでスパイとして育てられたソルトが、大人になってCIAに入り、当初の計画通り二重スパイとなる。

しかし、ソルト本人はアメリカとロシアの間で心が揺れ動き、結局、アメリカに寝返ってしまうという話。

うーーーーん。

スパイの心が揺れ動くなんて、どんなスパイ教育してんだよーーーー(笑)

しかも、アメリカ人と恋に落ちたのきっかけでアメリカに寝返ったとしたら、物凄いチープな感じがするんだが…(笑)

それだったら、よっぽど韓国映画の「シュリ」の方が良くできていたと思うわ。

そもそも、2010年に製作された映画で、なぜ今さらロシア??っていうのも、時代遅れな感じがするし。

要所要所でピントがずれた作品だったような気がする。


映画「ソルト」アンジェリーナ・ジョリー


アンジーのアクションは一見の価値あり!


アンジェリーナ・ジョリーのアクションシーンは素晴らしかったと思うんだよね。

キレもあったし、まるで「ミッション・インポッシブル」のトム・クルーズ顔負けだと思うぐらいのアクションを連発していた。

走ってる車に飛び乗ったり、追いかけてくるCIAエージェントをバサバサ倒していくところなんか、かなり見応えあったし、凄かったよね。

アンジーのアクションは「Mr.&Mrs.スミス」以来、久しぶりに輝くアンジーを観た気がして気持ち良かった。

やっぱり、この人はシリアスな演技をしているより、こうやって体を動かしている方が良いなぁとさえ思った。

それぐらい、魅力的なアンジーのアクションが観られる映画ではある。


映画「ソルト」アンジェリーナ・ジョリー


2010年にロシアとの核戦争を題材にするのって時代遅れじゃない??


しかし。

あまりにも話が荒唐無稽すぎる。

まず、ソルトがロシアとアメリカの二重スパイだっていうのは良しとしよう。

問題はそこから先。

ロシアにいる反米的な人たちを鼓舞するためにソルトが「ロシアの大統領を暗殺」するとか。

それをわざわざ人がたくさん集まるところで実行するとか。

で、ロシアのスパイと見せかけておいて、実はアメリカの味方でしたとか。

さらには、ホワイトハウスの地下に簡単に入り込めちゃったりとか。

しまいには、高い空の上をかなりのスピードで飛んでいるヘリコプターから真冬の川に飛び込んで、すぐに川から上がると、薄いシャツ一枚しか着てなくて、でも元気にそこから走り出すとか。

サイボーグですか??

なんか、そのうち途中でどうでも良くなっちゃって…(笑)

この荒唐無稽で薄っぺらなストーリー展開はどうにかならなかったんだろうか…。

映画「ソルト」アンジェリーナ・ジョリー



次回作がありそうな終わり方だったけど…


結局、彼女は逮捕されず、アメリカの味方だろうと思わせ、そこから1人でロシアのKGBと戦うような雰囲気を匂わせ終了。

この中途半端な終わり方は、明らかに次回作を狙ってのものだろうと思ったんだけど。

その後、さっぱり次回作の話を聞かないのは、この映画が失敗作だったから??

あまりに時代遅れだから??

ここ数年でCIAの活躍といったら、イスラム系過激派組織との戦いばかりが描かれているのに、今さら焦点をロシアとの核戦争に持ってくるっていうのは、明らかな選択ミスだったように思う。

そのストーリーの選択ミスが荒唐無稽なストーリー展開につながり、せっかくのアンジェリーナ・ジョリーのアクションも生かされないまま終わった感じがしている。

うーーん。

なんだか、とてももったいないな。

そんな映画だったよ。



ゆるめの映画ネタはこちら→「とにかく映画が好きなんです」【別館】

映画のコラムやイベントに参加した話、音楽やご飯ネタなども掲載しています。

この【本館】よりも、もっとユルッとした裏アカです。

こちらも、ぜひ。
 ↓





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「ソルト」(字幕版)

ソルト (字幕版)

新品価格
¥199から
(2019/4/15 13:18時点)



DVDで観る:「ソルト」

ソルト [SPE BEST] [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2016/12/29 00:11時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アメリカ・イギリス・カタール合作映画「ミッシング・ポイント」をWOWOWで観た。

アメリカで成功する夢を抱いたパキスタン人青年の話。

良い映画だったなぁ。

とても力強い作品で、引き込まれながら見入ってしまった。

【満足度】:★★★★☆

「ミッシング・ポイント」予告編 動画

(原題:THE RELUCTANT FUNDAMENTALIST)





「ミッシング・ポイント」DVD

ミッシング・ポイント [DVD]

新品価格
¥3,091から
(2016/2/13 01:25時点)




あらすじ


パキスタンで暮らすジャーナリストのボビー(リーヴ・シュレイバー)は、アメリカ人の大学教授が誘拐された事件があったと聞き、パキスタン人の大学教授・チャンゲス(リズ・アーメッド)を訪ねる。

日頃から、若い学生を集めて原理主義的な思想を説く彼ならば、何かを知っているに違いないと思ったからだった。

しかし、そんなボビーに対し、チャンゲスはその誘拐事件とは何の関係もないような10年前の話を始めるのだった…。


ミッシング・ポイント


感想(ネタバレあり) 相手に理解して欲しいと願う時は対話から


初めて会った人と話す時は、ほぼ、第一印象で相手のことを想像する。

「きっと、この人は〇〇な人だろう」という感じで。

しかし、たいてい、その勝手な思い込みは「話をしているうちに」解消され、仲良くなった頃には、「見た目とは全然違う人だったなぁ」と思うこともあるし、「やっぱり、見た目通りのひとだった」ってなることもある。

だから、自分も「第一印象とは違う人」だと思って欲しい場合には、自らを語ることで相手に理解してもらう必要がある。

この映画で、最も印象的なのは、映画がアメリカ人ジャーナリストと、パキスタン人大学教授の「対話」でできていること。

みずから進んで「対話」を始めたのは、パキスタン人のチャンゲス。

イスラム系パキスタン人の彼が、「私は見た目と違って、アメリカが大好きだ」という主張を、社交辞令ではなく、本音から出ていることを信じてもらうために、彼の過去10年間の歴史を語らなければならなかった。


これがね、すごく大切なことなんだよ。

チャンゲスは、CIAにとって「厄介な原理主義者」であり、何かチャンスがあれば逮捕したいと常々思っていた人。

でも、チャンゲス本人はは学生たちにパキスタンの「西側諸国からの自立」を説いていただけで、絶対的に非暴力な人だった。

その違いをアメリカ人に分かってもらうために「対話」が必要だった。

ミッシング・ポイント2

なぜ、彼がパキスタンの大学で思想を語るのか


では、チャンゲスは対話で何を理解してもらおうと思ったのか。

アメリカの大学に通い、大手企業でアナリストして重役のポジションまで上り詰める。

しかし、911をきっかけに、アメリカ人から差別を受けるようになる。

それでも、彼はアメリカで働き続けていたが、「居心地の悪さ」がいつまでもつきまとう。

そこで出会ったのが「トルコ」だった。

仕事の出張で訪れたトルコで、彼は突然、アメリカを出て、パキスタンへ帰ることを決意する。

この時チャンゲスは、「半分ヨーロッパ、半分アジア」のトルコを見て、自分の姿と重ね合わせたのではないか。

ヨーロッパの文化も生かしつつ、アジアであり続けるトルコ。

チャンゲスは、アメリカで学んだ分析力で、パキスタンという国を再生させようと思ったのではないか。

その時に、必要だったのは、若いパキスタン人たちが、この国を西洋に頼らずに自立させようと思うポジティブな力だったのではないか。

だから、大学で教授をしているんだよと、ボビーとの対話の中で伝えたかったのだと思った。

ミッシング・ポイント3

インド人女性監督が、チャンゲスに託す想い


この映画を監督するのは、インド人女性監督、ミーラー・ナーイル。

パキスタンとインドは切っても切り離せない。

若いチャンゲスに、パキスタンの未来と希望を込めて描いたのではないかと思った。

いつまでも、インドとアフガニスタンに挟まれ、陰の国でいるのではなく、自立した自分の足で歩きだすパキスタンの希望を彼に託したのではないかと思った。

でも、そのためには、パキスタンが親アフガニスタンという姿だけでなく、アメリカや、アメリカの文化が大好きな若者たちもいるということを、世界に理解して欲しい、パキスタンに対する偏見を少しでも減らしたいという思いだったに違いない。

かといって、アメリカで偏見の末に人種差別に遭ったパキスタン人が、テロリストになる可能性も十分にある。

だからこそ、チャンゲスは「希望であり未来」なんだと思う。

ミッシング・ポイント4

ハリウッドスターが集結して作られた作品


主人公のチャンゲスを演じるのは、イギリス人のリズ・アーメッド

すごく複雑な役なんだけど、野心家で頭が良く、恋に悩むチャンゲスが等身大に感じられて良かった。

他の出演作には、「ヴェノム」、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」、「ナイト・クローラー」など

チャンゲスと対話するのは、リーヴ・シュレイバー

この人は、本当に演技がうまくて、安心できる俳優。

チャンゲスに、全てを見抜かれて呆然としてしまうところとか良かったなぁ。

他の出演作には、「チャック~”ロッキー”になった男~」、「フィフス・ウェイブ」、「スポットライト 世紀のスクープ」、「完全なるチェックメイト」、「ジゴロ・イン・ニューヨーク」「ソルト」など

他に、キーファー・サザーランドケイト・ハドソン(「バーニング・オーシャン」)など。

ミッシング・ポイント5

反論は「暴力」ではなく「対話」で


よくアメリカ映画で、イスラム系アメリカ人が出てれば、みんなテロリストなのか??

と思うことがあるけど、この映画は、まさに、そんなイスラム系アメリカ人からの反論的な映画。

でも、そこを暴力ではなく、対話で解決しようとする姿にすごく好感が持てる映画だった。

あまりにも、イスラム系アラブ人=暴力的テロリスト的な映画が多すぎて、ちょっと辟易していたから。

もちろん、これがあまりにも理想的で綺麗ごとだとは分かっているけど。

でも、そこに希望を持たないと、いつまでも暴力は無くならない。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

「ミッシング・ポイント」DVD

ミッシング・ポイント [DVD]

新品価格
¥3,091から
(2016/2/13 01:25時点)













WOWOW_新規申込 はこちら







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
新作映画の話題 に参加中!
本年度アカデミー賞 最優秀作品賞「スポットライト(原題)」の日本公開が4月15日に決まった。

【観たい度】:★★★★★

おぉ~、きたか~。いよいよ決まったねぇ~。と思った。

ここのところ発表されている各映画賞で、何かしらの賞をとっているこの映画「スポットライト」

とっても、気になっているんだよねぇ~

その話題の受賞歴はこちら


*** 受賞歴 ***

2016年アカデミー賞 最優秀作品賞、脚本賞 受賞

2015年ニューヨーク映画批評家協会賞 主演男優賞(マイケル・キートン) 受賞

第25回ゴッサム・インディペンデント・フィルム・アワード 作品賞、脚本賞、審査委員特別賞 受賞

第41回LA映画批評家協会賞 作品賞、脚本賞 受賞

ボストン映画批評家協会賞 2015 作品賞、脚本賞、アンサンブル・キャスト賞 受賞

第19回 オンライン映画批評家協会賞 オリジナル脚本賞(トム・マッカーシー&ジョシュ・シンガー) 受賞

第50回 全米批評家協会賞 作品賞、脚本賞(トム・マッカーシー&ジョシュ・シンガー) 受賞

第21回 放送映画批評家協会賞 作品賞、アンサンブル演技賞、脚本賞(トム・マッカーシー&ジョシュ・シンガー) 受賞

***********

「スポットライト(原題)」予告編 動画(日本語字幕なし)

(原題:Spotlight)




気になる作品の内容は・・・


本作は、実話を基にした作品で、カトリック教会のスキャンダルを明らかにしたアメリカの新聞“ボストン・グローブ”の記者たちの物語。

神父による性的虐待の事実から目をそむけることなく向き合い、記者生命をかけて戦う者たちのドラマが高く評価されている。

ぴあ映画生活より)


「カトリック教会のスキャンダル」って、映画ではありがちな話だけど、実際にあった話となると、真実を描くために細心の注意が必要なんだろうなぁ。

被害者の人権とか、その教会へ通う信者とか、加害者の立場とか。

神を罰するぐらいの心持ちで向かわないと、真実は暴けないんだろうなぁ。

信仰心が強ければ強い程、そこへ立ち向かう勇気が必要になってくるね・・・。

なんて、まだ観ていないのに、あらすじから想像するだけでドキドキしてきた。


スポットライト

豪華な出演陣と彼らを演出する監督


予告編を観ただけでも、出演俳優が豪華。

マイケル・キートン、マーク・ラファロ、レイチェル・マクアダムス、スタンリー・トゥッチ、リーヴ・シュレイバー、ジョン・スラッタリーなどなど。

スポットライト2

【写真左から】

マイケル・キートン

昨年度のアカデミー賞主演男優賞を受賞したマイケル・キートンは、今年も主演男優賞を受賞するのか??

となるとちょっと考えにくいので、主演男優賞は誰か他の人へ行くのでは・・・

他の作品は、「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」「バードマン」「ロボコップ」「バットマン」シリーズなど


リーヴ・シュレイバー

この写真を見た時は、髭面に眼鏡で、一瞬誰か分からず(笑)

予告編の動画で、リーヴ・シュレイバーと確信(笑)

いつも主役の友人や恋人を演じるバイプレヤーだけれども、演技はいつも確実な彼。

きっと今回も良い演技をしてくれることでしょう。

他の作品は「デイファイアンス」「ジゴロ・イン・ニューヨーク」「ソルト」「ニューヨークの恋人」「ウルヴァリン」


マーク・ラファロ

ずばり、「アベンジャーズ」の「ハルク」(笑)

いやいや、他にもいろんな作品に出てるけどね。

何気に良い作品にたくさん出てるよねぇ。

他には「フォックスキャッチャー」「はじまりのうた」などなど


レイチェル・マクアダムス

まだまだ成長中の女優さんだと私は思っている。

新聞社の記者役は、「消されたヘッドライン」に次いで2回目かな?

かわいいだけの役もできるし、こういうシリアスな作品も意外といけるのが、彼女の良いところ。

他の作品には、「ドクター・ストレンジ」、「アバウト・タイム」「誰よりも狙われた男


この4人がメインの俳優さんたち。

ほかにも、ジョン・スラッテリー(上記写真 右から二番目)(「アジャストメント」)、スタンリー・トゥッチ(「美女と野獣」、「ハンガーゲーム」シリーズ)、ブライアン・ダーシー・ジェームズ、ビリー・クラダップ(「20センチュリー・ウーマン」)など


監督は、「靴職人と魔法のミシン」「扉をたたく人」のトーマス・マッカーシー

「靴職人と魔法のミシン」DVD

「靴職人と魔法のミシン」Blu-ray

新品価格
¥3,970から
(2015/12/10 12:39時点)



「扉をたたく人」DVD

扉をたたく人 [DVD]

新品価格
¥3,943から
(2015/12/10 12:43時点)




あぁぁぁ。できればオスカー前に観たかったなぁ・・・。

日本版ポスターが公開


(1月7日 追記)


確かに、アカデミー賞最有力作品に違いないけど、ポスターデザインはアメリカ版の方が好き。


スポットライト3






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


「靴職人と魔法のミシン」DVD

「靴職人と魔法のミシン」Blu-ray

新品価格
¥3,970から
(2015/12/10 12:39時点)



「扉をたたく人」DVD

扉をたたく人 [DVD]

新品価格
¥3,943から
(2015/12/10 12:43時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
新作映画の話題 に参加中!
クロエ・グレース・モレッツ主演、2016年4月23日公開予定の新作映画「フィフス・ウェイブ」の予告編を観た。

アメリカでは年明けの1月公開とのことで、ネットで話題になりはじめたので、早速、予告編を観てみた。

【観たい度】:★★★★☆

ん~。正直、どうなんだろう・・・。

「インディペンデンス・デイ」のような雰囲気も感じるし・・・。

「フィフス・ウェイブ」予告編 動画

(原題:The 5th Wave)



アメリカで超話題の「フィフス・ウェイブ」とは??


そもそも、この映画のことはツイッターで知ったんだけど
↓ このツイート


この記事によれば、地球外生命体 <アザーズ>によって、人間は4度の攻撃を受け、滅亡の危機にあり、5度目の攻撃(フィフス・ウェイブ)が起これば滅亡してしまう。

人類は5度目の攻撃を食い止めることができるのか・・・っていう話らしい。

ほぅほぅ。

どうやら、<アザーズ>とは人間と姿かたちを似せていて、人間なのか、アザーズなのか、全く見分けがつかないという。

なるほど。

MIB みたいなもんだね(笑)

宇宙もの??今回のクリーチャーは一体どんな形してるの??なんて、目がギンギラ (☆_☆)してしまったのに。

残念だ。クリーチャーはいないのか・・・(笑)

なので、主人公たちは、相手が本当に人間なのか、<アザーズ>なのかを探りながら<アザーズ>の攻撃を阻止ししないといけない。

フィフス・ウェイブ


そんなストーリーだけれども、原作は、アメリカでベストセラーになった小説「the 5th wave」


原作本「The 5th Wave (Book 1)」【洋書】

The 5th Wave (Book 1)

新品価格
¥1,141から
(2015/11/30 10:00時点)



日本語翻訳版は無いのかな??

この原作も、どうやら現在も続く3部作のようで、ってことは、この映画も三部作になるんだろうか??

そこのところは、ちょっと不明だけど、それは映画の興行収入次第なんだろうか・・。

フィフス・ウェイブ2

豪華な俳優陣とスタッフ


主人公の女子高生キャシーを演じるのは、クロエ・グレース・モレッツ。

キック・アス」「イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所」「アクトレス 女たちの舞台」「(500)日のサマー」などなど、このブログにも度々登場してる売れっ子女優さん。

「ヒット・ガール」がきっとなんとかしてくれると思っちゃうのは、きっと私だけではないはず(笑)

共演者として、興味があるのは、リーヴ・シュレイバーだなぁ~。

先日、「ディファイアンス」で良い演技を観させてもらったばかり。

他の出演作として、「ジゴロ・イン・ニューヨーク」、「ソルト」、「ニューヨークの恋人」など。

良い俳優使ってるよねぇ~。

そして、出演はしていないものの、製作者にはトビー・マグワイア(「完全なるチェックメイト」)の名前も。

リーヴ・シュレイバーと、トビー・マグワイアは「完全なるチェックメイト」で共演しており、「もしや、トビー・マグワイアがリーヴ・シュレイバーを現場でスカウトしたのか??」なんて、妄想してみる(笑)

監督は、「アリス・クリードの失踪」のJ・ブレイクソン。

ごめんなさい。この映画、存じ上げないです (^^;

公開までに観られるといいな。WOWOWさん(笑)

ということで、この豪華な出演者とスタッフを観たところで、見たい度数がメキメキ上がってきた。

フィフス・ウェイブ3

最近のアメリカの若手女優が豊作


本当に、最近のアメリカは若手女優さんの獲れ高がとても良い。

この映画ののクロエ・グレース・モレッツの他にも、クリステン・スチュワート(「アクトレス 女たちの舞台」「レディ・ソルジャー」)、ジェニファー・ローレンス(「ハンガー・ゲーム」)、エマ・ストーン(「マジック・イン・ムーンライト」「バードマン」)などなど。

彼女たちが、それぞれ自分のキャリアを考えながら仕事選びをしているのもとても良いし、ジェニファー・ローレンスは近々が監督をやるという話もあって、とても意欲的。

本当に将来が楽しみな女優さんが多い。

そして、クロエ・グレース・モレッツの新作「フィフス・ウェイブ」は、来年4月23日公開予定。

とても楽しみ。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



原作本「The 5th Wave (Book 1)」【洋書】

The 5th Wave (Book 1)

新品価格
¥1,141から
(2015/11/30 10:00時点)
















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
洋画鑑賞レビュー に参加中!
ダニエル・クレイグ主演、エドワード・ズウィック監督の映画「ディファイアンス」をWOWOWで観た。

第二次大戦中に、1,200人ものユダヤ人を救ったビエルスキ兄弟の真実の物語。

今週末より、全国公開になるダニエル・クレイグ主演作品「007 スペクター」の公開に合わせて、WOWOWが放送していた「007特集」の一本。

【満足度】:★★★★★

好きだなぁ。この映画。

最初から最後まで、ハラハラドキドキしながら見入ってしまった。

「ディファイアンス」予告編 動画

(原題:DEFIANCE)



「ディファイアンス」DVD

ディファイアンス プレミアム・エディション [DVD]

新品価格
¥2,264から
(2015/11/30 01:01時点)



原作本「ディファイアンス ヒトラーと闘った3兄弟」

ディファイアンス ヒトラーと闘った3兄弟

中古価格
¥1,275から
(2015/11/30 01:02時点)



映画パンフレット 「DEFIANCE(ディファイアンス)」

映画パンフレット 「DEFIANCE(ディファイアンス)」 監督 エドワード・ズウィック 出演 ダニエル・クレイグ/リーヴ・シュレイバー/ジェイミー・ベル/アレクサ・ダヴァロス/アラン・コーデュナー/マーク・ファイアスタイン/トマス・アラナ/ジョディ・メイ/ケイト・フェイ

中古価格
¥1,050から
(2015/11/30 01:04時点)



あらすじ


1941年。第二次大戦中。

長男・トゥビア(ダニエル・クレイグ)、次男・ズシュ(リーヴ・シュレイバー)、三男・アザエル(ジェイミー・ベル)、四男・アーロン(ジョージ・マッケイ)のビエルスキ兄弟は、ユダヤ人であるために、両親をドイツ人に殺されてしまう。

そのまま村にとどまれば、自分たちも殺されてしまうと思い深い森の中へ逃げることに。

やがて、同じような理由から、村を追われたユダヤ人たちと出会い、共に暮らし始めるようになると、徐々に人数が増えていき、彼らはそこでコミュニティを作り始めるのだが・・・。

ディファイアンス

感想(ネタバレあり) 寡黙だけど根は優しい長男のトゥビア


この映画で描かれているビエルスキ兄弟は、実際に第二次大戦中、1200人ものユダヤ人をナチスから救ったそう。

そんな人たちがいたなんて、知らなかったなぁ。

やはり、中でも一番頼りになるのは、ダニエル・クレイグ演じる長男トゥビア。

顔はいかつくても人に優しいのが、この人の良いところ。

村や森で困っているユダヤ人を見つけると、連れて帰ってきてしまう。

一番、次男のズシュを困らせたのは、ゲットーへ行って大勢のユダヤ人を連れて帰ってきた時だ。

年寄りもいれば、子供もいて、そんなに増やせばいつかナチスにばれてしまうし、何より、食糧をまかないきれない。

それでも、トゥビアは彼らを見捨てられずに助けてしまう。

そんな彼に呆れたズシュは、彼らを見捨て、ロシア人のパルチザンへ入ってしまう。

ディファイアンス4

全てに疲弊して怖気ずくトゥビアの目を覚まさせるアザエル


そんな彼らだけど、結局、3人が揃っていなとダメ。っていうとこが、私は大好きだった。

この映画の中で、私の一番印象に残っているシーンは、ドイツ軍に陸と空から攻撃され逃げる彼らの目の前に、終わりの見えない沼地が広がっていたシーンだ。

そこへ足を踏み入れれば、腰まで足がつかってしまい、足元が弱い年寄りたちには到底渡れそうにないところだった。

トゥビアは途方に暮れてしまい、上空をドイツ軍の飛行機が飛ぶ中、足がすくんで立ち上がれなくなってしまう。

どうしていいか分からない。

そんな時、彼らに一筋の光を当てたのは、三男のアザエルだった。

「こんなところにいても殺されるだけ。前に進むしかないじゃないか。何をやっているんだ」

まだ幼くて子供のようだった三男が、結婚して責任感が芽生え、いつの間にか大人になっていたことに気付く瞬間だった。

私は、アザエルがトゥビアの目を覚まさせるその瞬間にとても感動した。

あぁぁ、なんて良い弟なんだって。

ディファイアンス3

やはり、兄弟は3人揃ってこそ力を発揮する


しかし、彼らに困難は続く。

その湿地帯を抜けた後、彼らを待っていたのは、ドイツ軍の歩兵部隊と一台の戦車だった。

当然、ドイツ兵に囲まれ、絶体絶命と思われた時、彼らを救ったのは、今度は次男のズシュだった。

ロシア軍のパルチザンで、彼らに危機が迫っていることを知り、助けに戻ってきたズシュ。

パルチザンで、軍人としての腕前を挙げた彼らは、あっという間にドイツ軍を打ち負かしてしまう。

こうして、トゥビア、ズシュ、アザエルの3人が揃い、やっぱり3人いないとダメだよね。と、感じさせた瞬間だった。

デイファイアンス2

名優たちの演技と、それを率いるベテラン監督


主役のトゥビアを演じたのは、ダニエル・クレイグ

まもなく、「007 スペクター」が公開待機中。

とてつもなく青い瞳がすごく印象的だったなぁ。

で、やっぱりかっこいいんだよね。この人。

無口だし、不愛想なんだけど、すごく優しそうなは、あの青い瞳だからかなぁ。

いや、それはダニエル・クレイグの演技力だ(笑)

その他の作品に、「ローガン・ラッキー」、「ドラゴンタトゥーの女

次男のズシュを演じるのは、リーヴ・シュレイバー(「犬ヶ島」、「チャック~”ロッキー”になった男~」、「ジゴロ・イン・ニューヨーク」、「ソルト」、「ニューヨークの恋人」など)。

血気盛んで、すぐに暴力的になってしまうズシュをリーヴ・シュレイバーが演じると、それは狂気からではなく、ドイツに対する怒りからくるものだと思えるから不思議。

一歩間違えれば、狂気の男に見えかねない難しい役を演じていた。

改めて、リーヴ・シュレイバーって良い俳優だなぁと思った作品だった。

そして、この兄弟の中で、一番成長したアザエルを演じたのは、ジェイミー・ベル(「リトル・ダンサー」「ファンタスティック・フォー」)

本当にジェイミー・ベルは、いつの間にか逞しくなったよなぁって思ったんだけど、そんなジェイミー・ベル本人と、アザエルの成長がリンクしていて、まさにピッタリのキャスティングだったと思う。

監督は、「ブラック・ダイアモンド」「ラスト・サムライ」、そして「完全なるチェックメイト」が公開間近のエドワード・ズウィック

力作揃いのベテラン監督。

癖のある俳優たちをうまく演出したのも、彼ならではなのでしょう。

デイファイアンス5

ビエルスキ兄弟に助けられたユダヤ人の数は、1200人


結局のところ、ビエルスキ兄弟は1200人のユダヤ人を助け、彼らのコミュニティの中には学校などもあったそう。

人間らしい生活を送りたいという彼らの願いを最大限叶えた結果だったと思う。

しかし、彼らからその話をしなかったので、あまり知られることがなかったとのこと。

きっと、彼らからしたら、人を救ったというよりも、みんなと一緒に助け合いながら暮らしたっていう意義の方が大きかったんだろうと思う。

助けられた人たちの子孫は、今では数万人もいるそう。

本当に素晴らしい兄弟の物語だった。

しかし、戦争は終わっても、世の中には、未だにたくさんの迫害や差別を受けて暮らしている人たちがいる。

一人でも多くの人たちが救われる世の中にしなければいけないなと強く思う作品だった。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「ディファイアンス」DVD

ディファイアンス プレミアム・エディション [DVD]

新品価格
¥2,264から
(2015/11/30 01:01時点)



原作本「ディファイアンス ヒトラーと闘った3兄弟」

ディファイアンス ヒトラーと闘った3兄弟

中古価格
¥1,275から
(2015/11/30 01:02時点)



映画パンフレット 「DEFIANCE(ディファイアンス)」

映画パンフレット 「DEFIANCE(ディファイアンス)」 監督 エドワード・ズウィック 出演 ダニエル・クレイグ/リーヴ・シュレイバー/ジェイミー・ベル/アレクサ・ダヴァロス/アラン・コーデュナー/マーク・ファイアスタイン/トマス・アラナ/ジョディ・メイ/ケイト・フェイ

中古価格
¥1,050から
(2015/11/30 01:04時点)













↓ 「ディファイアンス」も放送しているWOWOW_新規申込







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
トビー・マグワイア主演、12月25日公開予定の新作映画「完全なるチェックメイト」の予告編を観た。

冷戦時代に実在したアメリカの天才チェス・プレーヤー、ボビー・フィッシャーがソ連のチェス・プレーヤーと対戦した実話の映画化。

予告編を見ただけで、「面白そうじゃん、これ~!!」と思った一本。

個人的に、トビー・マグワイアが好きなので、かなり贔屓目!!(笑)

加えて、共演がピーター・サースガードと、リーヴ・シュレイバーという渋さ!!期待値大!!!

「完全なるチェックメイト」予告編 動画

(原題:Pawn Sacrifice)



観る前に観る!「ボビー・フィッシャーを探して」DVD

ボビー・フィッシャーを探して [DVD]

新品価格
¥1,600から
(2015/10/22 10:56時点)



観る前に読む!「ボビー・フィッシャーを探して」DVD

ボビー・フィッシャーを探して

新品価格
¥3,024から
(2015/10/22 10:58時点)



観る前に知る!「完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯 」

完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯 (文春文庫)

新品価格
¥1,231から
(2015/10/22 11:00時点)



ボビー・フィッシャーって聞くと・・・


この映画「完全なるチェックメイト」を見るに当たり、不安材料がいくつか・・・。

「天才チェス・プレーヤーのボビー・フィッシャーが・・・」と始まった予告編を観て、真っ先に思い出したのが、映画「ボビー・フィッシャーを探して」

しかし、残念ながら、タイトルを知っていても、その映画を観ていない!!という残念な私。

この「ボビー・フィッシャーを探して」は、7歳の天才チェスプレーヤーをボビー・フィッシャーのように育てたいと思った父親がチェスの英才教育をするお話らしい・・・。

ってことは、この映画を観れば、ボビー・フィッシャーの偉大さが分かるんでしょう・・。きっと。

なので、何よりもまず、この映画「完全なるチェックメイト」の公開までに、是非、その「ボビー・フィッシャーを探して」を観ておきたいところ。

完全なるチェックメイト

チェスって言われても・・・


さらに、私は、チェスのルールを知らない・・・。チェスどころか、将棋すらも知らない・・・。

チェスと言われて思い浮かんだのが、「ハリー・ポッターと賢者の石」でロンが意外と(笑)大活躍する巨大チェス・・・(笑)

そんな私が観ても、話についていけるんだろうか・・・。

って言ったって、観るけどね(笑)

完全なるチェックメイト2

トビー・マグワイアが好き


この映画で最も私が期待するのは、トビー・マグワイア。

スパイダーマンでも、トビー・マグワイアのシリーズが一番好きだし、「サイダーハウス・ルール」、「シービスケット」「華麗なるギャッツビー」は大好きな映画。

いつも、繊細で素直な感情表現をするトビー・マグワイアが、このチェスという心理戦で、どんな感情表現をするのかが見どころになってくるはず。

そして、共演はピーター・サースガード(「マグニフィセント・セブン」、「ブルージャスミン」)に、リーヴ・シュレイバー(「犬ヶ島」、「ソルト」、「ニューヨークの恋人」など)の二人。

二人とも落ち着いた演技をする俳優さんなので、今回も、脇でガッチリとトビー・マグワイアを支えてくれるのではないかと期待している。

あぁぁぁぁぁなんてことを書いていたら、マスマスこの映画が観たくなった。

公開は年末12月25日の予定。観たいなぁ~



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



観る前に観る!「ボビー・フィッシャーを探して」DVD

ボビー・フィッシャーを探して [DVD]

新品価格
¥1,600から
(2015/10/22 10:56時点)



観る前に読む!「ボビー・フィッシャーを探して」DVD

ボビー・フィッシャーを探して

新品価格
¥3,024から
(2015/10/22 10:58時点)



観る前に知る!「完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯 」

完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯 (文春文庫)

新品価格
¥1,231から
(2015/10/22 11:00時点)









古本、CD、DVD、ゲーム買取のもったいない本舗




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック