とにかく映画が好きなんです

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています



タグ:ルビー・バーンヒル

マーク・ライランス主演の映画「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」を映画館で観た。

心優しい巨人のBFG(ビッグ・フレンドリー・ジャイアント)が、孤児の少女ソフィーと友達になり勇気を出して世界を変える冒険に出る話。

満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

可愛い映画だったなぁ。心優しくて温かい物語に心が洗われた。

時々、こういうピュアな気持ちを自分に注入して、心のデトックスをすることって必要だなと思った。


出演:マーク・ライランス、ルビー・バーンヒル、レベッカ・ホール

監督スティーヴン・スピルバーグ 2016年製作 アメリカ映画

「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」予告編 動画

(原題:THE BFG)




ビー・エフ・ジー:ビッグ・フレンドリー・ジァイアント・オリジナル・サウンドトラック

ビー・エフ・ジー:ビッグ・フレンドリー・ジァイアント・オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,700から
(2016/9/27 01:10時点)



【映画パンフレット】 BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

【映画パンフレット】 BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント 監督 スティーブン・スピルバーグ  キャスト マーク・ライランス, ルビー・バーンヒル, ペネロープ・ウィルトン, レベッカ・ホール,

新品価格
¥1,261から
(2016/9/27 01:11時点)



原作本「オ・ヤサシ巨人BFG」

オ・ヤサシ巨人BFG (ロアルド・ダールコレクション 11)

新品価格
¥1,512から
(2016/9/27 01:15時点)



あらすじ


ロンドンの孤児院で暮らすソフィー(ルビー・バーンヒル)は、ある日の夜中3時に巨人にさらわれてしまう。

巨人の名前はBFG(ビッグ・フレンドリー・ジャイアント)(マーク・ライランス)と言い、ソフィーの寂しいささやき声を聞き、友達になるために巨人の国へ連れてきてしまった。

初めはビックリしていたソフィーだったが、友達のいない彼女にとって、BFGと共に過ごすことはとても居心地のいい場所となっていた。

しかし、BFGが住む巨人の国では、BFG以外の巨人たちが夜な夜な子供たちをさらい、彼らを食べて暮らしていた…。

それを知ったソフィーは、巨人たちに子供を食べることをやめさせようとするのだが…。

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント


感想(ネタバレあり) スピルバーグが描く美しく夢にあふれた巨人の国


なんとも久しぶりのスピルバーグ監督によるファンタジー映画。

この映画「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」には、友情、優しさ、勇気、冒険とファンタジーに必要な要素が全て詰まっている。

ギスギスした日常で汚れてしまった心を、洗い流してキレイにするにはもってこいの映画だ。

主人公は、巨人の国に住むBFG。

彼には、世界中の子供たちのささやき声が聞こえてくる。

そんな子供たちにピッタリの楽しい夢を見させてあげるのが彼の仕事だ。

そして、ある夜、ロンドンの街を訪れたBFGに聞こえてきたのは、孤児院に住む少女ソフィーの寂しいささやき声だった。

そこでBFGは、ソフィーと友達になるために、彼女を巨人の国にある自分の家へと連れ帰ってしまう。

初めはビックリしていたソフィーも、BFGの優しさに触れ、次第にそこが居心地の良い場所となっていく。

それが、BFGとソフィーの友情の始まりだった。

この巨人の国っていうのが、本当に美しくて。

特に、BFGがいつも夢を拾っている夢の池の美しさと言ったら。

もう、これぞスピルバーグ!っていうファンタジーの世界が広がっているんだけれども、その美しい世界をもっともっと観ていたいと思った。

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント2


間違っていることは間違っている!と言いたい少女ソフィー


BFGとソフィーにとって、一番困っていることは、巨人たちが子供を食べて暮らしていること。

なんとか食べることをやめさせようとするが、BFGよりもさらに大きな巨人たちに立ち向かう方法が見つからない。

そこで、ソフィーが思いついたのが、イギリスの女王陛下にお願いすることだった。

イギリスの女の子が思いついた一番偉い人 → 女王陛下っていう考え方がなんとも微笑ましい。

そして、BFGは巨人たちがやっていることを悪夢にして女王陛下に見せることに。

BFGは人間に見つかったら捕まってしまうと考えていた。

しかし、ソフィーのために、そして巨人の国を変えるために、勇気を出して女王陛下の前に出る。

子供のソフィーが考えたシナリオ通りに物事がキチンと進んでいくのが、この映画の優しさの1つ。

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント3

子供の声に正面から耳を傾ける大人=女王陛下


ソフィーやBFGが対面した女王陛下が思ったよりも優しくて(笑)、ソフィーとBFGの話にキチンと耳を貸してくれる。

ここで、ハッとすることがある。

私たちは日頃、子供たちの話に耳を傾けるということがあるだろうか。

適当に聞き流し、子供の言うことなんてと思うことはないだろうか。

私は、子供がいないから余計にそう感じるのかもしれないが、もしも、私が女王陛下の立場だったら、キチンとソフィーの話を聞いていたか、ちょっと疑問だ。

日頃から、相手が子供に限らず、心を大きく広く開いておかないといけないなぁと思ったところだった。

そして、もしも自分がこれはおかしい、間違っていると思った時、1人1人の力が弱くても、それが大人でも、子供でも、巨人でも、ほんの少しの勇気を出せば世界を変えることができると、この物語は教えてくれる。

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント5

舞台というフィールドからスピルバーグが引きずり出したマーク・ライランス


主人公のBFGを演じたのは、マーク・ライランス

経歴が長いわりに映画の出演本数が少ないのは、日頃、ロンドンの舞台で活躍している俳優だから。

その彼が一気に注目を浴びたのが、スティーヴン・スピルバーグ監督による映画「ブリッジ・オブ・スパイ」だった。

冷戦時にアメリカで暮らすソ連のスパイを演じたマーク・ライランスは、アカデミー賞助演男優賞を受賞した。

それ以来、映画への出演作が急速に増えている。

そんなマーク・ライランスの次回作は、第二次大戦の史実を元にしたクリストファー・ノーラン監督の新作映画「ダンケルク」

トム・ハーディ、キリアン・マーフィ、ケネス・ブラナーの出演も決定している大作だ。

この映画とのギャップがかなり激しいし、あのBFGの笑顔からすると、そんなマーク・ライランスはちょっと想像つかないけど、スタッフ、キャスト共に非常に楽しみ。

 ↓ 笑顔が素敵なBFGを演じたマーク・ライランス
BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント 笑顔が素敵なBFGを演じたマーク・ライランス

理不尽な世の中だからこそ、このピュアな世界を信じてみたい


もちろん、私もファンタジーを信じるには大人になり過ぎてしまったので、この映画の言っていることが全て素晴らしいとは思っていない。

いくら友情や勇気や知恵があったところで、どうにもならないことはたくさんある。

世の中間違っていることはたくさんあるし、理不尽なことはたくさんある。

こんな風に簡単に解決できるものではない。

しかし、もし、1人でも多くの人が、少しずつ心が広くなったり、今まであまり耳を傾けていなかった人の話に耳を傾けてみるようになったり、みんなが心優しい世界を理想郷だと信じることは必要なんだと思う。

1人でも多くの人がBFGの素敵な笑顔を観て、心が洗われたら、世の中、ちょっと幸せになるような気がしている。

そんな、ちょっと心温まる作品だった。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村






















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

スティーヴン・スピルバーグ監督の新作ファンタジー映画「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」がカンヌ国際映画祭でワールドプレミアを行った。

まずは、その時のレッドカーペットから。


***********

〇 「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」観てきました!!

映画の感想はこちらから →「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」ピュアで優しい巨人と少女の友情に心が洗われる。ギスギスして疲れた心のデトックスにおススメ。マーク・ライランス主演映画【感想】

***********

「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」 カンヌ国際映画祭 レッドカーペット



 ↓ 左から、スティーヴン・スピルバーグ、主演の新人女優ルビー・バーンヒル、巨人を演じるマーク・ライランス
BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント


 ↓ なんだか、二人の優しいおじいちゃんに連れられた孫みたいよね(笑)微笑ましぃ~♪
BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント4


BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント5


BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント3



「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」 記者会見


ワールドプレミアの上映前には、記者会見が行われた。

スピルバーグ監督は「想像の中の世界をストーリーとして語るということをしてみたかったんだ。

歴史的な映画を作るとき、歴史の事実を正しく伝えるた めにこのような想像力は横におかなければならない。

しかし、今回の作品はそういう規制がなく、自由な形で展開できた。

若いフィルム・メーカーに戻ったよう な気持ちになったね」と34年前にメガホンを取った『E.T.』を思い起こすフレッシュな気持ちで挑んだ作品であると述べた。

さらに「僕はいつも良いストーリーを追い求めているんだよ。

ときには子供達の顔を見てピンとくることもある。

僕はまさにこの『BFG』の原作を子供 達のために読んであげていたんだ。

そのときに子供達の反応でよくわかるんだよ。

この物語は子供達の心をしっかりと掴む美しい物語だから、原作の世界をもっ と広げられると思ったんだよ」とアイデア誕生の原点を語った。


「映画ランド」より

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント2



今回は、本人も「E.T.」の頃を思い、初心に帰る思いで、このファンタジー映画を作ったなんて。

なんか、それを聞いただけで嬉しくなる。

今、NHK BSプレミアムで放送してくれているおかげで、久しぶりに「インディ・ジョーンズ」シリーズを観ている。

あの伝説のシリーズを改めて観ながら、今では、「ブリッジ・オブ・スパイ」のような社会的な作品も多いスピルバーグだけど、昔は、こういう理屈抜きの「ザ・エンターテイメント作品」を撮ってたよなぁ~なんて、能天気なインディを見ながら思うんだよね。

あの頃のスピルバーグが帰ってくるなんて。そう思うだけで、とってもワクワクしてくる。


英語のレビューだけど、このタイトルにグッと来た。

「BFG」は新しい世代のための「E.T.」となるだろう
 ▼ ▼ ▼

「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」日本向けの特報が公開


先日まで、「オ・ヤサシ巨人BFG(仮)」と言っていたこの映画。

まず、タイトルが「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」に決定。

あのーーBFとくると、私の中では、どうしても「ビッグ・ファット・ウエディング」が出てきちゃうんだけど、どうしてくれよう??(笑)

そして、公開は9月17日に決定し、特報も公開された!!

「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」特報 予告編 動画





いいねぇ~。ワクワクするねぇ。

この映画の詳しい内容については、こちらから
▼ ▼ ▼
***********

〇 「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」第一報!!

第一報の記事はこちらから →「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」2016年夏公開予定。進撃の巨人ソフトバージョン。人間を食べられない心優しい巨人と少女についての童話を映画化

***********


予告編の中で、主人公の女の子ソフィーが、外の様子がおかしいから見てみると、猫たちが毛を逆立てて通りの向こうにいる何かを警戒している。

その様子を見て「あの家の向こうに何かがいる!」と思ったソフィーが、鼻の穴をピクピクさせてるの。

その表情を見て、観客たちは「あぁ~この子、相当ビビってるなぁ。尋常じゃない感じがするなぁ」と思うんだけど、そういう細かい演出が本当にとってもうまい。

あの「E.T.」でエリオットが物置の中にいたE.T.を見つけたシーンを思い出したわ。

あぁぁぁぁ。もっと観たくなっちゃうよねぇ。

と、思ったよね!?

そんなあなたのために、イギリスでは最新版の予告編が公開された。

日本語の字幕はついていないけど、こちらもどうぞ。



「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」予告編 動画 第3弾(日本語字幕なし)





もう、すべてがキラキラして、すべてにワクワクする!!

あぁかわいい!!



カンヌでのワールドプレミアの評判も上々の「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」は9月17日より公開予定。

絶対観るんだから~!!



***********

〇 「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」観てきました!!

映画の感想はこちらから →「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」ピュアで優しい巨人と少女の友情に心が洗われる。ギスギスして疲れた心のデトックスにおススメ。マーク・ライランス主演映画【感想】

***********



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村






















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

スティーヴン・スピルバーグ監督による新作映画「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」の予告編を観た。

さすが、原作が絵本。

日本語の字幕がなくても、「巨人と女の子の物語」だってことは、なんとなく分かるよ!!(笑)

【観たい度】:★★★★★



***********

〇 「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」観てきました!!

映画の感想はこちらから →「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」ピュアで優しい巨人と少女の友情に心が洗われる。ギスギスして疲れた心のデトックスにおススメ。マーク・ライランス主演映画【感想】

***********

「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」予告編 動画(日本語字幕無し)

(原題:The BFG)




原作は、ロアルド・ダールによる児童文学、絵本「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」


面白そうだよねぇ。

原作は、「チャーリーとチョコレート工場」の作者、ロアルド・ダールによる絵本「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」。

ロンドンの孤児院に住む女の子・ソフィーは、巨人に誘拐され、巨人の国へ連れて行かれる。

そこでは、巨人が人間を食べて暮らしたいた。

しかし、ソフィーを誘拐した巨人・BFG(Big Friendly Giant(大きやさしい巨人))は、人間を食べることができない優しい巨人だった。

ソフィーとBFGは、巨人の国の巨人たちに、人間を食べないようにお願いをしに行くというお話だそう。


 ↓ 原作絵本「オ・ヤサシ 巨人 BFG」
オヤサシ巨人BFG原作


原作「オ・ヤサシ巨人BFG」

オ・ヤサシ巨人BFG (ロアルド・ダールコレクション 11)

新品価格
¥1,512から
(2016/2/11 20:14時点)



「人間を食べる巨人」と言えば…(笑)


ん??「人間を食べる巨人??」どっかで聞いたような…(笑)

原作の「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」は、日本でも売られているので、ストーリーをご存じの方も多いようで。

私は、初めて知ったけど、予告編からしてこの続きがとても気になる!

中でも、「オ・ヤサシ」がさぁ、マントかぶって、カバン持ってるのがとても気になったんだよねぇ。

旅の最中だったんだろうか。

「進撃の巨人」の真っ裸な巨人とは大違い(笑)

さすが、紳士の国(笑)

オヤサシ巨人BFG

監督・脚本はスティーヴン・スピルバーグと、メリッサ・マシスンの「E.T.」コンビ


現在、分かっていることとして、監督はスティーヴン・スピルバーグ(「ブリッジ・オブ・スパイ」)。

本当に、スピルバーグっていう人は、どれだけすごい人なんでしょう。

そして、いつまでこのペースで映画を作り続けるんでしょう。

創作意欲が枯れるってことが無いんだろうか??

夜中に、巨人と少女が出会うシーンは、なんだか久しぶりに「E.T.」を思いだしたよね。

庭の物置で、E.T.と出会う少年エリオットのシーン。

と、思ったら、脚本が「E.T.」のメリッサ・マシスンだった。

残念ながら、彼女は先日亡くなってしまい、この映画が最後の作品になってしまったそう。

少女ソフィーを演じるのは、イギリスの子役女優ルビー・バーンヒル

心優しい巨人を演じるのは、「ブリッジ・オブ・スパイ」でアカデミー賞 助演男優賞を受賞したマーク・ライランス

いかにも、優しそうで、悪いことができなそうだなぁ(笑)

という、この面白そうな映画「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」は、全米の公開が7月1日。

原作者ロアルド・ダール生誕100年の記念日だそう。

日本での公開は未定。あぁぁ楽しみだぁ



***********

〇 「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」観てきました!!

映画の感想はこちらから →「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」ピュアで優しい巨人と少女の友情に心が洗われる。ギスギスして疲れた心のデトックスにおススメ。マーク・ライランス主演映画【感想】

***********



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



原作「オ・ヤサシ巨人BFG」

オ・ヤサシ巨人BFG (ロアルド・ダールコレクション 11)

新品価格
¥1,512から
(2016/2/11 20:14時点)

















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック