とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:レスリー・マンヴィル



ダニエル・デイ=ルイス主演の映画「ファントム・スレッド」を特別上映会で観た。

ロンドンでドレスを作り続ける気難しいデザイナーのウッドコックと、彼にとって完ぺきな体系を持つアルマの恋を描く。


満足度 評価】:★★★★☆(4.5)

サスペンスあり、ラブロマンスあり、先の展開が読めない面白い映画だった。

私はアルマ側の女性目線でこの映画を観て、私の中に眠っている支配欲に気付かされてしまうすごい映画だった。


「ファントム・スレッド」予告編 動画

(原題:Phantom Thread)




ネット配信で観る:「ファントム・スレッド」(字幕版)

ファントム・スレッド (字幕版)

新品価格
¥399から
(2019/3/20 00:11時点)



DVDで観る:「ファントム・スレッド」

ファントム・スレッド ブルーレイ DVDセット [Blu-ray]

新品価格
¥3,287から
(2018/10/5 11:38時点)



オリジナルサウンドトラック「Phantom Thread」

Ost: Phantom Thread

新品価格
¥1,223から
(2018/5/24 16:29時点)



「Phantom Thread」Blu-ray【輸入盤】

Phantom Thread/ [Blu-ray] [Import]

新品価格
¥2,885から
(2018/5/24 16:30時点)



キャスト&スタッフ


…(「リンカーン」など)

〇ヴィッキー・クリープス



監督

〇ポール・トーマス・アンダーソン


2017年製作 アメリカ映画



ファントム・スレッド





あらすじ


ロンドンでドレスを作る仕立て屋のウッドコック(ダニエル・デイ=ルイス)は、休暇のために訪れた田舎町で完ぺきな体系を持つ女性 アルマ(ヴィッキー・クリープス)と出会う。

そのまま、アルマはロンドンへ行き、ウッドコックの手伝いをするようになるが、仕事に関しては完璧主義者で気難しいウッドコックは、仕事に夢中になるとアルマを一切気遣わないようになる。

次第に、そんなウッドコックに不満を持ち始めるアルマは、ウッドコックの関心を自分に向けさせようとあの手この手を使うようになるのだが…。



ファントム・スレッド5





感想(ネタバレあり)


完璧主義な仕事人間であり、マザコンで監視係の小姑付き



完璧主義の仕事人間はやっかいだ。

平気で私生活に仕事を持ち込み、常にピリピリし、仕事がうまくいかなければ不機嫌になる

それはよく言う「仕事が恋人」というタイプだ。



そんな人は結婚してはいけない

なぜなら、結婚相手は『仕事』という恋人に絶対勝てないからだ。

常に「心ここにあらず」で、その人が立派に仕事を成し遂げるのを支えることに喜びを感じるのなら、結婚してもいいと思うが、それならそれなりの覚悟が必要である。



この映画の主人公ウッドコックは、そんなタイプの完璧主義の仕事人間である。

そんな自分のことをウッドコック本人も理解しているのだろうし、誰も彼についていけないため、彼は独身を貫いている。

そのウッドコックにモデルになる才能を見出されたアルマは、はじめのうちは彼と彼の仕事に自分の全てを捧げることに喜びを感じていた。

しかし、そのうち彼が自分に見向きもせず、仕事にばかり心を費やすことが不満になってくる



その上、彼は精神的な拠り所を亡くなった母親に求め続け、身の回りの世話を姉に任せている

つまり、彼は完璧主義の仕事人間だけでなく、マザコンな上に、監視係の小姑付きなのだ。

もうそうなったら、アルマがウッドコックの視界に入る余地がない。



だったらいっそのこと諦めてウッドコックの元から去るべきなのか…。

しかし、アルマは諦めずに側に居座り続け、ある時、ウッドコックを支配できる方法を見つけ出したのだ。



この物語は、アルマとウッドコックの壮大な恋愛物語であるけれど、サスペンスでもある

とても華やかでゴージャスなファッション業界の裏側で起きている、その表側の豪華さとは対照的で先の展開が予想できない物語で、男女の本質に迫る作品だった。



ファントム・スレッド4




アルマのライバルは亡き母の亡霊



まず、アルマが乗り越えなければいけない壁は、「亡くなった母の亡霊」と常に側にいて監視している姉である。



これは、ウッドコック特有のものではない。

多くの男性は少なからずマザコンだし、姉と弟の間に割り込めない異様な関係がある姉弟などこの世にたくさんいる。



そんなウッドコックに対して正面突破しようとしてもダメだ。

姉にはじかれ、そこを乗り越えたとしても母の亡霊は何よりも強力だ。

そもそも、この貫禄たっぷりの姉の存在感たるや、そこにいるだけで恐ろしい。



そもそも、彼が仕立て屋の仕事をしているのは、お母さんのためにドレスを塗ったことからスタートしている

だから、彼がドレスのことを考え、針と糸で縫物をしている間は、常に亡霊の母親が彼を見守っているに違いない。

姉にしても同じで、彼女は顧客の管理から仕事のスケジュールまで、ウッドコックの仕事の全てを握っている。



ということは、もしも、アルマがウッドコックを本気で「自分だけのものにしたい」と思うなら、ウッドコックを仕事から引き離さなければいけないのだ。

彼を仕事から引き離し、2人きりになった時こそが、アルマが母の亡霊を乗り越え、自分の手の中に収めることができる瞬間なのだ。

それは思いもよらぬ時にやってきて、アルマが仕事も亡霊も姉をも乗り越え、彼の全てを支配できるこことに気付いたのだ。



ファントム・スレッド2




彼を仕事から引き離し支配する瞬間が最も幸せなとき



アルマもウッドコックの側にいて、一年中孤独なわけではない。

ウッドコックがコレクションのために、長い時間を仕事に尽くした後、「何も仕事をしないで過ごす」時間がやってくる。

仕事以外は何もできないウッドコックは、オフの時は子供のようになってしまう。

そんな彼を「あやしている」時間は、とても幸せを感じ、それこそが、ウッドコックを手中に収めることができる時間だったのだ。



それは、アルマは子供になったウッドコックを独り占めできる時間であり、アルマが母性を思う存分発揮できる時間でもあった

しばらく、そうして母性を発揮したアルマは心を満たされた日々を過ごすが、やがてまたウッドコックは「仕事が恋人」の世界へ戻っていってしまう。



そんな日々に耐えられなくなったアルマだったが、やがて仕事の合間以外に、強制的に「ウッドコックを独り占めする時間」を作り出す方法を思いつく

この方法があまりにも危険で恐ろしかったので、のけぞってしまった。



しかし、アルマの気持ちも共感できる

そこにあるのは「彼を独り占めしたい」という支配欲であり、「私が世話しなきゃ」という母性本能である



あれほどまでに、仕事しか頭になかった人を自分が独り占めしているという喜び

そこには、母の亡霊も、怖い姉もいない

その方法は、あまりにも恐ろしいものかも知れないけれど、世界から注目されている仕事をしている彼を支配しているんだという快感は、何事にも変えられないものだと思う。



その方法を思いついたアルマは、しばしば、ウッドコックを地獄に突き落とすようになり、彼はそんなアルマに完全降伏してしまうのだ。



ファントム・スレッド3




「彼を理解できるのは私だけ」という支配欲が満たされた時の快感



田舎の小さな町をたまたま訪れたウッドコックに見初められ、やがてファッション業界という華やかな世界でモデルとして生きるようになり、今まで着たこともないようなドレスを着て、もう田舎に帰ることなど考えられなくなったアルマは、なんとしてでも、ウッドコックを振り向かせなければと思った。



その時、弱ったウッドコックに対して思う存分母性を発揮し、彼の全てを支配できる方法を思いてしまったのだ。

私がこの映画を恐ろしいと思ったのは、そんなアルマの「恐ろしさ」に共感できるところだった。



だからといって、今から毒キノコの研究をするというわけではない。

他の人が見たこともないような「弱った彼」を導き出す方法を思いつき、そのことによって彼を支配した時の快感といったら、他のものには変えられないほどの達成度があるはずだ。

「私がいなければ彼はいきていけない」という瞬間がなにより気持ちが良いのだ。



それは、「美女と野獣」で、みんなが恐れる野獣の心優しい一面を見たベルが「心優しい彼を知っているのは私だけ」と思い、彼には私しかいないと感じ、恋に落ちてしまった気持ちと一緒である。

恐らく、多くの女性が、アルマの「彼の面倒を見られるのは私だけ」という気持ちに共感できるはずだ。



私がこの映画を映画館で観た時は、上映後に映画評論家の町山さんのトークショーがあり、その中で、ポール・トーマス・アンダーソン監督のインタビュー動画が流れたのだが、その時、監督はこの映画について「自分がインフルエンザになった時、看病をしてくれた妻がとても幸せそうだった」ことがきっかけで、この映画を作ることになったと話していた。

また、この映画を最後に引退宣言したダニエル・デイ=ルイスは、役に入り込むことで有名な俳優である。

その彼も、この映画に出演したことでウッドコックという役に入り込みすぎてしまい、「自分も仕事中心の生活をしてきて、家族のことをないがしろにしてきた。これからは映画界から引退して家族中心の生活にする」と言って引退宣言してしまったそう。

(だから、役が抜けたら戻ってくるのでは…という話でもあった(笑))



もしも、いつも、家に帰っても仕事のことばかり考えて、家族のことをおざなりにしている人がいるののなら、その生活を改めた方が良い

さもないと、いつウッドコックと同じような状態にならないとも限らないからだ。

女性たちは笑顔の裏側で、パートナーを支配できる瞬間を手ぐすね引いて待っているのだから。







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「ファントム・スレッド」(字幕版)

ファントム・スレッド (字幕版)

新品価格
¥399から
(2019/3/20 00:11時点)



DVDで観る:「ファントム・スレッド」

ファントム・スレッド ブルーレイ DVDセット [Blu-ray]

新品価格
¥3,287から
(2018/10/5 11:38時点)



オリジナルサウンドトラック「Phantom Thread」

Ost: Phantom Thread

新品価格
¥1,223から
(2018/5/24 16:29時点)



「Phantom Thread」Blu-ray【輸入盤】

Phantom Thread/ [Blu-ray] [Import]

新品価格
¥2,885から
(2018/5/24 16:30時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ダイアン・キートン主演の映画「ロンドン、人生はじめます」を試写会で観た。

ホームレスの男性が一夜にして資産家になったという実話を元に描く、大人のためのロマンティック・コメディ。


満足度 評価】:★★★★☆(4.5)

これは素晴らしい映画だったなぁ。

温かい陽だまりの中にいるような、温かく落ち着いていて居心地の良い素敵な映画だった。

哀しいことも、楽しいことも、幸せなことも、辛いことも、すべて乗り越えた者同士だけが分かり合える世界っていうのがあるんだなぁと思った。

そして、「人生はいくつになってもやり直せる」と思える素晴らしい映画だった。


「ロンドン、人生はじめます」予告編 動画

(原題:Hampstead)




DVDで観る:【早期購入特典あり】「ロンドン、人生はじめます」

【早期購入特典あり】ロンドン、人生はじめます ブルーレイ&DVDセット(アートカード付) [Blu-ray]

新品価格
¥4,610から
(2018/9/23 00:51時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ダイアン・キートン
…(「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」、「最高の人生のつくり方」など)

ブレンダン・グリーソン
…(「夜に生きる」、「パディントン2」、「ヒトラーへの285枚の葉書」、「アサシン・クリード」、「未来を花束にして」、「ある神父の希望と絶望の7日間」、「白鯨との闘い」、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」、「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」など)

…(「ファントム・スレッド」など)

〇ジェームズ・ノートン

〇ジェイソン・ワトキンス

監督

〇ジョエル・ホプキンス


2017年製作 イギリス映画



ロンドン、人生はじめます



あらすじ


ロンドンのハムステッドで暮らすエミリー(ダイアン・キートン)は、夫が借金と多くの請求書を残して亡くなってから1年が経とうとしてた。

しかし、ボランティアの仕事をしているものの、収入がないエミリーはそろそろ首が回らなくなってきた。

そんな時、屋根裏の物置からぼんやりと外を眺めていた時、目の前の公園で暮らしているホームレスの男性・ドナルド(ブレンダン・グリーソン)がいることに気付く。

日々、眺めているうちにドナルドの生活が気になったエミリーは、公園の中にある彼の家を訪ねてみるのだが…。



ロンドン、人生はじめます3



感想(ネタバレあり)


都会のど真ん中にある公園で自給自足の生活をしていたという実話



人の出会いと、そこから生まれる恋にはさまざまな形がある。

目と目が合っただけで、燃え上がるような恋もあれば、一緒にいると落ち着ける恋もある。

この映画の2人は人生の晩年に出会い、残りの人生を同じスピードで共に歩いて行くような、恋人というよりも同志というような雰囲気を感じた



この映画を観れば

『将来、一人きりになってしまったらどうしよう』と悩む必要なんてない。

そんなことに悩む時間が合ったら、自分の好きなことをして暮らしたらいい


そう思える、とても素晴らしい映画だった。



この物語は、「ロンドンの中心地にある公園ハムステッド・ヒースで暮らしていたホームレスの男性が、一夜にして資産家になった」という実話を元に作られている。

東京でいえば、代々木公園のようなところかなぁと思いながら観ていた。

物語の多くが脚色されたものだとは思うけれど、都会のど真ん中にある自然が豊かな公園の中で自給自足の暮らしをしていたドナルドの生活からは、「人が生きていくために何が大切なのか」について、さまざまなヒントをもらえる作品になっている。



主人公のエミリー(ダイアン・キートン)は、夫が多くの借金と請求書を残して亡くなってから1年が経つ。

町の小さなリサイクルショップで店番のボランティアをしている彼女には収入がなく、次第に積み重なっていく請求書で首が回らなくなっていく。



そんな彼女が、物置部屋から窓の外に見える広大なハムステッド・ヒースを眺めている時、公園の池で水浴びをしている人を見つける。

思わず、手元にあった双眼鏡を手にしてみてみると、その男性はそこで生活しているらしいことが分かった。

その時以来、エミリーはその男性 ドナルドのことが気になり、実際に訪ねるようになり、やがて恋に落ちるようになっていく。



ロンドン、人生はじめます5


何も持っていない人だからこそ居心地がいい



なぜ、高級住宅街に住んでいる奥様のエミリーが、ホームレスのドナルドのことが気になったのか

エミリーが送っている日常生活の中に、その理由があると思った。



エミリーが暮らしているハムステッドはおしゃれな高級住宅地だけれど、本当の彼女はおしゃれな生活にも、お金にも、地位にも興味がない。

ご近所のお節介おばさん フィオナが彼女に紹介した会計士のジェームズのように、「高級レストランにフルコースを食べに行く」ような生活を望んでいるわけではない。



しかし、それまで、高級住宅地のハムステッドで暮らす周りの人たちとご近所づきあいをしながら、その雰囲気に流され、そういう「お金と見栄にしばられる」生活をしてきたのだが、夫がいなくなってからようやく「今までの生活は偽りだった」ことに気付く

そんな時、目の前に現れたのが、お金にも、地位にも、一流レストランにも、おしゃれな生活にも縛られずに生きているドナルドだったのだ。



エミリーはドナルドといる時に、居心地の良さを感じて惹かれていく。

「この人とだったら、本当の自分でいられる」と思ったからこそ、それまでの自分の生活が嘘だったことに気付いたのだ。



会計士のジェームズは請求書の相談に乗ってくれるけれど、「そのためだけの存在」で、ジェームズの生活や人間性には惹かれない。

しかし、ドナルドは違う。

彼はそこでどんな生活をし、いままでどんな生活を送り、なぜ、そこで暮らすことになったのか。

その全てが気になって仕方ない。

そう思ったときは、エミリーの中でもう恋が芽生えていたのだ。



ロンドン、人生はじめます4


互いに自立した人間同士の距離感が心地いい



エミリーが「全てを失った女性」ならば、ドナルドは「何も持っていない男性」である。

借金の返済のために、これまで住んでいたアパートすらも売らなければならなくなったとき、目の前にいたドナルドは「廃材でできた家」で暮らしていた。

そんなドナルドは「全てを失っても生きていける」と思わせてくれる人だった。



エミリーは財産や家を失っただけでなく、夫がエミリーにばれないように浮気をしていたことも「今さら」知ってしまい、「これまでの人生、失敗だったわ」と言った時、ドナルドがエミリーに言ったのが「間違えたならやり直せば良いじゃないか」という一言だった

ドナルドには何てことない当たり前の一言だったが、エミリーにとっては、それが心から救われる一言だった

長い長い間、信じてきたものが、間違いだったと知ってしまった時の落胆。

本当だったら、墓に物を投げつけるのではなく、生きている間に仕返ししたかったに違いない。



そんな彼女にドナルドは「やり直せば良い」と言い、彼自身は「何も持たずに」生活している。

それは、単に彼女を慰めるだけの口先の言葉ではなく、とても説得力を伴った言葉だった



だからこそ、彼女自身が「自由に生きる権利を守るために」、ドナルドがハムステッド・ヒースで生活していくための訴訟を助けたのだ。

どんな状況にある人でも、自由に生きる権利がある。

その訴訟で彼を助ければ、彼女も全てを捨てて自由に生きようと思える

そう思ったはずだ。



だからこそ、ドナルドが思わず言ってしまった「元々、金が目当てで近づいたのか?」の一言に落胆してしまったのではと思う。

彼女は彼女で、その後自由に生きていくためのプランがあるけれど、それではドナルドと一緒に暮らせない。

ドナルドに誤解されてしまったけれど、彼に執着せずに、あっさりと自分の生きるべき道をエミリーが歩み始めたのは、彼女は自立した女性であり、ドナルドがいなくても生きていけるからなのだ。

それでも、ドナルドが彼女と暮らしたいと思うなら、ドナルドが自分からエミリーの元へ向かうべきなのだ。


その互いに依存しない自立した人間同士の距離感が、とても居心地が良いと思った。

自分は自分の自由と権利を守りつつ、それでも共にいたいと思えば、共に暮らせばいいのだ。



ロンドン、人生はじめます2


間違えたらやり直せばいい。もう嘘ばかりの人生は捨てよう



それでは、「自由な生活」とはどんな生き方なのか。



長い間生きていると、どんな人にもいろんなしがらみができてくる

一人で孤独に生きていると思っていても、家族がいるし、家族がいなくなっても、ご近所さんや、友人、親戚など、必ずつながっている人がいる。



そして、忙しい毎日に追われて生活していると、そんな周りの人たちに意見に流されてしまったり、家族のために自分を犠牲にしなければならない時もある。

気付けば、自分のやりたいことなんて一つもしていない…

そんな生活をしている人は、世の中に山ほどいる



エミリーも、これまでそんな生活をしてきた人の一人だ。

夫が亡くなって一人になり、自由に自分の生活をしているドナルドと出会い、ようやくこれまでの人生が嘘だったことに気付くのだ。



それはロナルドが彼女の家を訪れた時に「この家は君らしくないね」と言った一言に全てが現れている。

そこは、彼女のための家ではなく、家族と夫のための家だったのだ。



しかし、「嘘のない人生」を生きるのはとても難しい

時には嫌な仕事をしなければいけない時もあるし、家族のために自分を犠牲するのはやむを得ない時もある。



けれど、もしかして実際に「嫌なもの」を全て捨ててみたら、意外と生きていけるのかもしれない

多くの人が「うまくいかないに決まっている」と思っていて、「はじめの一歩」を踏み出せないだけなのだ。

それは「ハムステッド・ヒースに住む権利なんか認められるはずがない」と思っていたドナルドが訴訟を起こし、思いもしなかった判決が出たように、「借金が多すぎて、もう生きていけない」と思っていたエミリーが新しい生活を始めたように、絶対に無理なことなどこの世にはないのだ。

まずは、「一歩踏み出す」ことが必要なのだ。



だからこそ、ドナルドやエミリーを見ていると「人生はいくつになってもやり直せる。嘘ばかりの人生は捨てましょう」と思えるのだ。

そんな彼らの生き方がとても素敵で、彼らからたくさんの生活のヒントを学びたいと思える映画だった

生きている限り、人は前向きに生きてこそ、その先に新たな人生が待っているのだ。






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





DVDで観る:【早期購入特典あり】「ロンドン、人生はじめます」

【早期購入特典あり】ロンドン、人生はじめます ブルーレイ&DVDセット(アートカード付) [Blu-ray]

新品価格
¥4,610から
(2018/9/23 00:51時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック