とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:ロバート・デュバル



ニコラス・ケイジ主演の映画「60セカンズ」をNHK BSプレミアムで観た。

「72時間以内に弟の命と引き換えに50台の高級車を盗み出せ!」

命がけのミッションに挑む天才車泥棒と仲間たちを描いたアクション映画。


映画「60セカンズ」



満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

高級車ばかりを狙う窃盗団を描きつつ、当時の時代背景や兄弟愛、ダメな弟の成長物語もあわせて描いたこの作品。

なんと言っても目玉はカーチェイス、カーアクション。

美しい高級車が街中を疾走する姿にワクワクドキドキしながら最後まで楽しめた作品だった。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「60セカンズ」予告編 動画

(原題:GONE IN 60 SECONDS)



更新履歴・公開、販売情報

・2017年3月16日 NHK BS プレミアムで観た感想を掲載。

・2019年10月14日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。



見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「60セカンズ」は、現在U-NEXT で配信中

本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Amazonプライムで観る:「60セカンズ」(吹替版)

60セカンズ (吹替版)

新品価格
¥199から
(2019/10/14 15:32時点)



DVDで観る:「60セカンズ」

60セカンズ [Blu-ray]

新品価格
¥1,643から
(2019/10/14 15:33時点)





キャスト&スタッフ


出演者

ニコラス・ケイジ
…(「スパイダーマン:スパイダーバース」(声の出演)、「マンディ 地獄のロード・ウォリアー」、「スノーデン」、「キック・アス」、「コンテンダー」、「バーディ」など)

ジョヴァンニ・リビシ
…(「閉ざされた森」など)

ロバート・デュバル
…(「アウトロー」、「クレイジー・ハート」、「ジャッジ 裁かれる判事」など)

アンジェリーナ・ジョリー
…(「不屈の男 アンブロークン」(監督のみ)、「マレフィセント」、「ソルト」、「ボーン・コレクター」など)

〇デルロイ・リンドー

〇ウィル・パットン

ティモシー・オリファント
…(「パーフェクト・ゲッタウェイ」など)

〇スコット・カーン

…(「アンコール!!」など)

ヴィニー・ジョーンズ
…(「マグニフィセント・セブン」、「ミッドナイトマン」など)

監督

〇ドミニク・セナ

2000年制作 アメリカ映画




あらすじ


メンフィス(ニコラス・ケイジ)は車窃盗のレジェンドだが、現在は足を洗い堅気の生活をしている。

しかし、メンフィスに憧れ、未だに車窃盗をしている弟のキップ(ジョヴァンニ・リビシ)がヘマをしてアジトが警察に見つかってしまう。

キップが逮捕されることがなかったものの、マフィアのカリートリー(クリストファー・エクルストン)に納品するはずの高級車50台が全て押収されてしまう。

そして、メンフィスはカリートリーに「弟の命を助けたければ3日以内に予定の車50台を全て納品せよ」と脅迫される。

そこでメンフィスは、弟のために一度は足を洗った世界に引き戻されることになるのだが、既にキャッスルベック刑事(デルロイ・リンドー)に目を付けられており…。


映画「60セカンズ」


感想(ネタバレあり)


高級車窃盗が最も盛んだった時代


そういえば、ベンツばかりを狙う窃盗団っていたなぁ~と、この映画を観ながら思い出した。



港にたくさん並んだベンツたち。

その全てが、新車で納品されたものではなくて、実は盗難車だったという映像を観た時には、「うゎっ!!凄いな!!!」と思ったものだった。



こんなことを言ったら高級車ユーザーの方には失礼かもしれないが、国産車を買うだけでも大変な思いをする平民からしたら、「高級車のみを狙う窃盗団」を他人事のように見てしまい、むしろ、その窃盗の技術が凄いなと思っていた。

もしかして、それってちょっとしたひがみや妬みなのかもしれないが、被害者を思い「あぁお気の毒」と感じるよりも、「わーぉー!!こんなに盗んじゃってすごいなぁ」っていう気持ちの方が大きかった。



そんな、高級車を買えない平民の思いを代弁した映画が、この「60セカンズ」である。



この映画が制作されたのが2000年なので、当時はまだ高級車の盗難が頻繁に起きていた時期だったんだろう。

主人公のメンフィスは「どんな車でも60秒で盗み出す」車泥棒の天才である。

その彼が8時間で高級車50台を盗むミッションに挑戦する。



どの車がどれだけ素晴らしいのか私は知らないけど、ベンツやフェラーリやポルシェが私の手の届かない高級車だということは知っている。

そんな高級車たちを見事に鮮やかに盗んでいく姿はとても痛快で、ちょっとカッコイイとすら思ってしまう私は、本当にひがみ根性丸出しの平民なんだなと思ってしまう(笑)



映画「60セカンズ」



兄の背中を見て成長する弟の物語


この物語は、そんな「痛快で鮮やかな車泥棒」を描く映画だが、主人公の兄弟愛と弟の成長物語も合わせて描かれている。



弟のキップは、車泥棒を引退して、堅気の仕事をしているメンフィスをダサいと思っていた。

しかし、車泥棒がクールだと思っている上に、仲間を思いやれない無責任なキップは、ダサいと思っていた兄を命がけのミッションに巻き込んでしまう。



けれど、巻き込まれてしまったメンフィスは、どうしようもない弟のためにその仕事を引き受け、自分よりも仲間たちが警察に捕まらないような配慮を忘れない。

それ以前に、メンフィスが車泥棒を辞めたのもキップのためだった。

そういう兄メンフィスの姿を見て、ようやく、キップは自分の幼さを思い知る。



そんなキップの成長物語はちょっと甘い気もするけど、「この人は大したことがない」と思っていた人が、実は自分よりもずっと大人で、逆に自分の幼さを思い知るということは誰にでもあること

兄貴はクールな人生を捨てたダメな奴と思っていた弟が、兄の良さ、偉大さを知る姿に共感し、心が温かくなった



映画「60セカンズ」



キラキラしたアンジェリーナ・ジョリーとニコラス・ケイジならではの役名


そして、久しぶりに観てみると、キャストがみんな若い。

一番思ったのが、アンジェリーナ・ジョリーはこの時の方が今より良かった!!

キレがあって、ちょっとクレイジーで個性的。



ボーン・コレクター」、「17歳のカルテ」、そしてこの「60セカンズ」に出演していたこの頃が、一番輝いていたように思う。

あんなバーテンのお姉さんがいたら素敵!!



そして、ニコラス・ケイジが若い!!

で、今さらなんだけど、彼は車好きなんだろうか。

「ザ・ロック」の時もフェラーリを乗り回していた。



さらに、どうでも良いことなんだけど、役名のメンフィス。

メンフィスとは土地の名前だけど、そこはプレスリーが暮らしていた町として有名。



ちなみに、ニコラス・ケイジはプレスリーのコレクターとして有名。

ということは、ニコラス・ケイジがキャスティングされてから付けられた役名なのか??

どうでもいいことなんだけど、すごく気になった。



映画「60セカンズ」



時には頭を使わずに楽しめる映画も観たい


公開当時にこの映画を観て、話も知っていたこともあって、久しぶりに観ることに、正直、そんなに期待はしていなかったんだけど、思った以上に楽しめた。

テンポがよく、カーチェイスのアクションが随所に挟みこまれているし、アンジェリーナ・ジョリーはキラキラ輝いているし、それに、なんと言っても、ラストのニコラス・ケイジが乗るムスタング「エレノア」のカーチェイスはワクワクドキドキだった!!



と思うと、最後の最後にメンフィスとカリートリーが格闘するシーンで終わるのではなくて、車の映画なんだから、ド派手なカーアクションで終わって欲しかったなと思うし、最後の最後に刑事が「兄弟愛に免じて」メンフィスを見逃しちゃうのも、なんだか甘くて残念だった。

最後の最後まで「捕まえられるものなら捕まえてみろ」ぐらいのクレイジーさが欲しかったところ。

とはいえ、退屈せずに観れたし、時には、こんな風に頭を全く使わずに楽しめる映画も良い。



見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「60セカンズ」は、現在U-NEXT で配信中


本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。



Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


トム・クルーズ主演の映画「アウトロー」をNHK BSプレミアムで観た。

かつて陸軍兵で腕利きだった捜査官ジャック・リーチャーが、ある銃乱射事件にまつわる陰謀を暴く。

満足度 評価】:★★★☆☆

陸軍出身、腕利きの捜査官ジャック・リーチャーっていうわりに、事件は小ぶりで、あまり迫力がなかった印象だった。それでも、トム・クルーズのキレのあるアクションシーンは見応えあり。

出演トム・クルーズロザムンド・パイクリチャード・ジェンキンスロバート・デュバル、ヴェルナー・ヘルツォーク、デヴィッド・オイェオウォ、ジェイ・コートニー

監督クリストファー・マッカリー 2012年製作 アメリカ映画

「アウトロー」予告編 動画

(原題:JACK REACHER)




「アウトロー」 Blu-ray

アウトロー [Blu-ray]

新品価格
¥952から
(2016/6/23 23:26時点)



原作本「アウトロー」 上

アウトロー 上 (講談社文庫)

新品価格
¥864から
(2016/6/23 23:38時点)



原作本「アウトロー」 下

アウトロー 下 (講談社文庫)

新品価格
¥864から
(2016/6/23 23:40時点)



あらすじ


一般市民6人を無差別に殺害した銃乱射事件。

元兵士が容疑者として逮捕されるが、彼は事件について語ろうとせず、唯一要求したのは「ジャック・リーチャーを呼んでくれ」の一言だった。

ジャック・リーチャー(トム・クルーズ)は、かつて陸軍で活躍した捜査官で、華々しい軍歴がありながら退役した人物で、その後の足取りがつかめていなかった。

そこへ、テレビのニュースでこの件を知ったジャック本人が、捜査本部に現れたのだが…。


アウトロー



アウトロー4


感想(ネタバレあり) トム・クルーズが謎の男??


果たして…。この映画は何を語りたかったのか。

「謎の男。ジャック・リーチャー」なのか、それとも「ジャック・リーチャーが巻きこまれた陰謀」なのか。

どっちつかずのまま、中途半端な形で終わってしまったように思う。

ジャック・リーチャーは、陸軍出身の腕利き捜査官。

華々しい軍歴がありながら、ある日突然退役し、姿を消してしまう。

その謎の男が、容疑者に指名されると、また突然に姿を現す。

「彼は一体何者なのか」について、多くは語られない。

しかし、残念ながら、このジャック・リーチャーにそんな想像もつかないような過去があった「陰のある人」のようには見えない

これは、「トム・クルーズが『つかみどころのない陰のある謎の男』に見えない」ってことに尽きるように思う。

この映画はすごくスケールは小さくなるけど、「『ミッション・インポッシブル』の新シリーズだよ」って言われたら、そう見えなくもない。

私からすると、例えばリーアム・ニーソンのような俳優が演じたらしっくりくるんじゃないかな~と思った。

アウトロー3

背筋の凍るような陰謀が欲しかった…


そして、もう一つの問題は、「ちっぽけな陰謀」だった。

元陸軍のエリートを巻きこんで、アメリカの政治を覆すような陰謀が…っていうのならまだしも、「地元の小さな会社を欲しかっただけ」っていうスケールの小ささにがっかり。

そんな大勢の人を巻きこんでの銃乱射事件なんか起こさなくたって、手に入れることはできたのでは??

そもそも、その会社が欲しいっていう理由がイマイチ伝わりづらかったんだよね。

本当は原作には、もっとそれなりの理由が描かれていたんじゃないだろうか。

ところが、映画はジャック・リーチャーを描くことに力を注ぎすぎて、その陰謀の方に時間が割けなかったんじゃないだろうか。

もっと背筋が凍るような理由あってこその陰謀だし、そこがサスペンスの面白さなので、その辺の見せ方をもっと丁寧にして欲しかった

アウトロー5

さすが、トム・クルーズのアクションはピカイチ


その中で、この映画でも「面白い」と思えたのは、トム・クルーズのキレのあるアクションシーンだった。

バーで5人の男に囲まても、手際よく倒していくシーンはすごく見応えあった。

しかし、最後の最後に、敵(ジェイ・コートニー)と向かい合った時、それまで散々、銃を乱射してきたにも関わらず、素手で闘うっていうは、ありがちなヒーロー的アクション映画の結末を観ているようでしらける。

なんだ。やっぱり、トム・クルーズをヒーローにしたかっただけの映画なんだなと思った。

ラスボス(ヴェルナー・ヘルツォーク)を殺してしまったのも、意味がよく分からなかった。

あのラスボスは、結局、何者だったんだ??

アウトロー2

続編への期待


ということで、なんだか批判とモヤモヤの多い感想になってしまった。

トム・クルーズ程の人になると、出演作があまりにも多すぎて、似たような役を演じると、全て同じように見えてしまう。

この「アウトロー」も、近々続編が公開されるという。

それならば、「ジャック・リーチャー」にしかできない「何か」個性をつけないと、他の映画と並列して埋没してしまう

なぜ、トム・クルーズがジャック・リーチャーをやるのか

その位置づけをキチンと考えた続編を期待している。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「アウトロー」 Blu-ray

アウトロー [Blu-ray]

新品価格
¥952から
(2016/6/23 23:26時点)



原作本「アウトロー」 上

アウトロー 上 (講談社文庫)

新品価格
¥864から
(2016/6/23 23:38時点)



原作本「アウトロー」 下

アウトロー 下 (講談社文庫)

新品価格
¥864から
(2016/6/23 23:40時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ジェフ・ブリッジス主演の映画「クレイジー・ハート」をWOWOWで観た。

第82回アカデミー賞最優秀主演男優賞、歌曲賞受賞作品。

アル中のカントリー歌手が、愛する人と出会い、アルコールを断つ決意をするまでの物語。

満足度 評価】:★★★★☆

人は痛い思いをしないと、自分の過ちに気付かない。

でも間違えに気付いて立ち止まり、やり直すのは、とてもパワーと勇気がいること。

勇気を持って立ち上がった主人公バッドの姿に涙が止まらなかった。

「クレイジー・ハート」予告編 動画

(原題:CRAZY HEART)




「クレイジー・ハート」DVD

クレイジー・ハート [DVD]

新品価格
¥731から
(2016/3/17 17:08時点)



アカデミー賞歌曲賞受賞「クレイジー・ハート~オリジナル・サウンドトラック」

クレイジー・ハート~オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,800から
(2016/3/17 17:09時点)



あらすじ


カントリー歌手のバッド(ジェフ・ブリッジス)は、南部のライブハウスや酒場で歌う毎日。

歌っている以外の時間はアルコールを手放すことができない中毒で、身体はボロボロになっている。

ある時、地方の新聞記者をしているジーン(マギー・ギレンホール)と恋に落ちる。

彼女は、4歳の息子がいるシングルマザーであり、常に会いたいと思わせてくれる存在になった。

そして、バッドは彼女と会うようになって、自分の生活を少しずつ見直すようになるのだが…。

クレイジー・ハート


感想(ネタバレあり) つらい時、頼りになるのは酒だけの毎日


主人公のバッドは、お酒がないと生きられないどうしようもない人。

スクリーンを通して観ていても、酒臭いにおいがこちらまで伝わってくるような、生粋のアル中。

でも、彼がアル中になってしまうのも分かる気がする。

常に、ライブハウスからライブハウスへとステージ周りの毎日で、妻には逃げられ、弟子は自分を遥かに超えて人気歌手になっている。

つらいことがあっても、知らない土地で頼りになるのはお酒だけ。

それしか楽しみがない毎日で、自然と飲み続けてしまうのも、分かる気がする。

それでも、これまでステージをあけたことが無かったというだけ、彼はマシなのかもしれない。


クレイジー・ハート3

恋人との出会いが、生活に変化をもたらす


そんな彼の、ステージ → 酒 → ステージの毎日に変化が起きる。

新聞記者ジーンとの出会いだ。

彼にとって大事な友達である「酒」以外に時間を使いたい人ができた。

本当だったら、この時、「酒」とサヨナラするチャンスだった!!

私は、あぁ、今、この瞬間にお酒をやめれば良いのにと思った。

それでも、バッドは恋人ができても、地べたをはいつくばっても、交通事故を起こしても、やめることはなかった。

ここがねぇ。すごく人間らしいんだよね。

何が起きても、自分は正常だ。大丈夫って思っちゃうんだよね。

ちっとも大丈夫じゃないのに。

クレイジー・ハート4

息子との仲をやり直したいと思っていたさ中の出来事


そして、バッドを変える事件が起きてしまう。

一緒に連れ歩いていたジーンの息子、バディの失踪。

ジーンからは、「バディと一緒にいるときは、お酒を飲まないで」と言われていたのに。

バッドは、バディに自分の息子を重ねて見ていたのではと思う。

28年ぶりに連絡をして、「今さら会いたいなんて、何を言ってるんだ」と拒絶された息子。

何もしてあげられなかったことを悔いたのか、まるで自分の子供のようにバディの面倒を積極的にみるバッド。

バディが失踪した時は、「またやってしまった」と思って呆然としたのではないか。

バディは運よく帰ってきたけど、結局、また全てを失ってしまった。

人はとても残念な生き物で、すごく痛い思いをしないと失敗に気付かない。

バッドもここで、過ちに気付き人生をやり直す決意をする。

ちょっと遅かったけど、やり直す気になってくれて良かった。

そう思ったら、涙が出てきた。


クレイジー・ハート2

アカデミー賞主演男優賞受賞の出演者


主人公のアル中のカントリー歌手、バッドを演じたのはジェフ・ブリッジス

言い方がおかしいかもしれないけど、とても自然なアル中の演技だった。

このバッド役の演技でアカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞している。

ジェフ・ブリッジスの映画は「恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ」が大好きで、この映画のバッドも同じぐらい良かった。

なんだろうな。

すごくダメ男なのに、惚れてしまう色気があるんだな。残念ながら(笑)

惚れた女は、貧乏くじひいちゃった感あるんだけど、しょうがない。そんな感じのバッドだった(笑)

他の出演作には、「オンリー・ザ・ブレイブ」、「さよなら、僕のマンハッタン」「キングスマン:ゴールデンサークル」、「ギヴァー 記憶を注ぐ者」「ビッグ・リボウスキ」「シービスケット」など

クレイジー・ハート7


バッドの恋人ジーンには、マギー・ギレンホール

相変わらずいいな。この人は。

「どうせうまくいかない」という予感がありながら、それでもバッドを愛してしまったジーン。

分かるなぁ。痛い思いするって分かっていても、突っ走ってしまう時ってあるよねぇ。

やはり、結局うまくいかなかったけど、バッドとは良い友人になれるんじゃないかという余韻を感じさせるラストが良かった。

他の出演作には、「FRANK-フランク-」、「ウォント・バック・ダウン-ママたちの学校戦争-

クレイジー・ハート6


他の出演者には、バッドの友人で、アルコール断ちの手助けをする友人にロバート・デュバル(「ジャッジ-裁かれる判事-」)、バッドの弟子で人気カントリー歌手のトニーをコリン・ファレル(「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」、「ロブスター」、「ヴェロニカ・ゲリン」、「ジャスティス」、「ニューヨーク冬物語」)が演じている。


監督は、「ファーナス/訣別の朝」、「ブラック・スキャンダル」のスコット・クーパー

うぉー。すごいラインナップだなぁ。

今後、どんな作品を作っていくのか、とても楽しみな監督さんだなぁ。


クレイジー・ハート5

人生はどんなに辛いことがあっても、やり直すことができる


最後の最後にジーンと再会したバッド。

すごく青ーーーい空を背景に、とても清々しく見えたんだよね。

無くしたものはたくさんあったけど、バッドが立ち直った勇気をほめてあげたい。

人生、つらいことがたくさんある。

もうどうにもならないと思う瞬間もたくさんある。

でも、そんな時はちょっと立ち止まると良い。

いつも通り空は青くて、地球は動いてる。

はじまりに戻って、やり直せば良い。

きっと、今よりは少しマシな人生が待っている。

そんなことを思わせてくれる映画だった。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「クレイジー・ハート」DVD

クレイジー・ハート [DVD]

新品価格
¥731から
(2016/3/17 17:08時点)



アカデミー賞歌曲賞受賞「クレイジー・ハート~オリジナル・サウンドトラック」

クレイジー・ハート~オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,800から
(2016/3/17 17:09時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
ロバート・ダウニー・Jr主演の「ジャッジ 裁かれる判事」をWOWOWで観た。

シカゴでやり手の弁護士ハンク。地元の判事である父が殺人罪で訴えられその弁護をする話。

WOWOWの「W座からの招待状」で、この映画の存在を知り、豪華なキャスティングにひかれて観てみた。

満足度 評価】:★★★★☆

家族のあり方や、人生の終わり方、正義についてしみじみと考えさせられた映画だった。

そして、良い俳優たちの共演はやっぱり観ていていいね。

すごく安心して観られる映画だった。

「ジャッジ 裁かれる判事」予告編 動画

(原題:THE JUDGE)





「ジャッジ 裁かれる判事」DVD

ジャッジ 裁かれる判事 ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

新品価格
¥2,843から
(2015/12/28 01:40時点)



あらすじ


シカゴでやり手の弁護士・ハンク(ロバート・ダウニー・Jr)は、母の訃報を受けて帰省する。

そこはアメリカ中部の何もない田舎町。

父(ロバート・デュバル)は42年間地方裁判所の判事を務める名手。

かつて高校野球の名プレイヤーで交通事故のために大リーガーになることを諦めた兄グレン(ヴィンセント・ドノフリオ(「ラン・オールナイト」、「ジュラシック・ワールド」))と、知的障害を持つ弟(ジェレミー・ストロング)もまだ地元で暮らしている。

母の葬式を終えシカゴに帰ろうとしたハンクだったが、父が殺人罪で起訴されることとなり、留まることに。

当然、弁護をするつもりでいたハンクだったが、父は既に他の弁護士と契約したという…。


ジャッジ

感想(ネタバレあり) 名物判事もやり手弁護士も家庭内のいざこざは裁ききれない


父は地元で42年間務めた名物判事。

主人公の次男は、シカゴで高給取りのやり手弁護士。

そんな二人でも、家の中のゴタゴタは上手に裁くことができない。

この映画では、お父さんが犯してしまった事故の裁判を通して、家族のあり方について、いろいろと考えさせられる映画だった。

面白いなぁと思うのは、父は判事だから、裁判所ではいつも容疑者たちに対して「本当のことを言いなさい」とか、「嘘はやめなさい」とか言う立場の人間なのに、家へ帰れば、父に反抗し、常に対立しようと息子をどうにもすることができない。

しかし、その息子・ハンクは、実はそんな厳しい父に褒められたい一心であがいて苦しんだゆえの行動だったんだね。

これは面白かったねぇ。

名手とまで言われた判事でも、家族のこととなるとテンでダメっていうのがとても人間らしくて良かった。

世の中意外とそうかもしれないなぁって思うんだよね。

表面的には、すごく模範的な仲が良さそうな家族に見えても、その裏にはいろんなことがある家族もいっぱいいるよね。

ジャッジ2

不幸中の幸いは「家族とゆっくりと向き合う時間」が作れたこと


ただ不幸中の幸いだなと思うのは、今回、お父さんが事故を起こして裁判沙汰になり、ハンクが弁護したことで、弁護士として立派に成長した姿をお父さんに見せることができたこと。

ハンク自身もいくつになっても、やっぱりお父さんに認められたいと思っていたし、お父さんにとってもハンクはいつまでも問題児の息子だったから、お父さんが訴えられてしまったことはとても残念なことだけど、それはいいことだったよね。

それに、そのおかげで久しぶりに一緒に暮らすことになったんだし、お父さんの病気も知ることになったし。

ハンクにとって、「家族を考える時間」を作れたことが、良かったことだったんだなと思う。

まぁ、昔の元カノにも会えたしね。

やっぱり、どんなに忙しくても、たまには「家族について考える時間」って必要だなぁと思うよね。

私も、この映画を見ながら、ありがたいことに両親ともに健在だけれども、こんな風に父が病気になったらどうしようとか、母がいなくなったらどうしようとか考えたよね。

ジャッジ3

全てをさらけ出したあとに得られる幸せで穏やかな時間


常に対立し続けた父とハンクだけれども、それらを全部乗り越えた後、二人で釣りに行くシーンがすごく良かったなぁ。

ロバート・デュバルが湖で釣りとかいうと、どうしても「ゴッド・ファーザー」を思い出しちゃうんだけどね(笑)

お父さんは、心配だったシカゴの息子が立派な弁護士に成長したことに安心したんじゃないかな。

すごく、穏やかな時が流れている素敵なシーンだなぁと想った。

あの二人の釣りのシーンが、この映画では一番好きだなぁ。

ジャッジ4

製作総指揮も兼任するのは赤いスーツを着ていないロバート・ダウニー・Jr


主役のハンクを演じるのは、ロバート・ダウニー・Jr(「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」、「スパイダーマン:ホームカミング」、「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」)

「アイアンマン」じゃないロバート・ダウニー・Jrってなんだか違和感があるんだけど(笑)

どうにも赤いスーツがちらついちゃって(笑)

この映画では、製作総指揮も兼任。

やっぱり、毎回ヒーローばっかりやっているのも疲れるよね(笑)

こういうちゃんとした人間ドラマをやりたいなぁって思うんだろうね。

「アイアンマン」で大スターになった、ロバート・ダウニー・Jrがこういう小さめの作品に出て初心に帰る姿は、シカゴで名を挙げて、田舎へ帰ったハンクの姿にもダブるよね。

ジャッジ5

生きた化石を拝めるだけでありがたい


父・判事を演じるのは、大ベテランスターのロバート・デュバル

俳優現役生活50年。現在84歳!!! ←思わず調べた

感想の中でも書いたけど、こちらはどうにも「ゴッド・ファーザー」のトミーのイメージで(笑)

これほどのベテランさんになると、画面にいらっしゃるだけで、感激なんですよ。とっても。

人間国宝を観ているというか、生きた化石を観ているというか・・・。

これ以上ない、最高のお父さんだったよ。本当に。

他の出演作には「クレイジー・ハート」など

そして、ハンクの元カノを演じたヴェラ・ファーミガ(「死霊館 エンフィールド事件」「ミッション:8ミニッツ」など)が凄く良かったなぁ。

あんなハンクを許せてしまう彼女の包容力の大きさは、是非、見習いたい!!と思った。

ジャッジ6


さて、この後、ハンクはどうするのかなぁ

田舎へ帰るのかなぁ…。

弁護士の仕事はあまりなさそうだけど、物足りなくならないかな…(笑)

お父さんの後を継いで判事になるのかな…。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「ジャッジ 裁かれる判事」DVD

ジャッジ 裁かれる判事 ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

新品価格
¥2,843から
(2015/12/28 01:40時点)






















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック