とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:ロブ・ライナー



ウディ・ハレルソン主演の映画「LBJ ケネディの意志を継いだ男」を試写会で観た。

ジョン・F・ケネディ大統領暗殺後、急遽、大統領に就任することになったジョンソン大統領を描く社会派人間ドラマ。



満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

国民から絶大な人気を誇るJFKの代わりに、急遽、大統領に就任したLBJ 。

そこから彼自身もケネディのように愛される大統領になろうと考え直したところからが面白かった。

政治は国民のものなのだ

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『LBJ ケネディの意志を継いだ男』予告編 動画

(原題: LBJ)



更新履歴・公開、販売情報

・2018年9月26日 試写会にて鑑賞。

・2018年10月12日 感想を掲載。

・2019年9月2日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、ネット配信、DVD共に販売中。詳しい作品情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓
映画『LBJ ケネディの意志を継いだ男』公式サイト

見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「LBJ ケネディの意志を継いだ男」は、現在U-NEXT で配信中

本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Amazon Primeで観る:「LBJ ケネディの意志を継いだ男」(字幕版)

LBJ ケネディの意志を継いだ男 (字幕版)

新品価格
¥299から
(2019/9/1 23:30時点)



DVDで観る:「LBJ ケネディの意志を継いだ男」

LBJ ケネディの意志を継いだ男 [Blu-ray]

新品価格
¥4,377から
(2019/9/1 23:32時点)






キャスト&スタッフ


出演者






…(「ヘイトフルエイト」、「マニシスト」など)

監督

ロブ・ライナー
…(「記者たち~衝撃と畏怖の真実~」、「最高の人生のつくり方」など)


2016年製作 アメリカ映画



映画「LBJ ケネディの意志を継いだ男」




あらすじ

1960年、リンドン・B・ジョンソン(ウディ・ハレルソン)は国会の民主党の院内総務として活躍していたが、予備選挙でジョン・F・ケネディ(ジェフリー・ドノヴァン)が民主党代表に選出され、JFKは大統領当選を果たす。

JFKから副大統領に指名されたLBJは、それを受けるが、実際にLBJの意見が反映されることはなかった。

しかし、1963年、ダラスでJFKが暗殺されると、LBJが大統領を務めることになるが、それをよく思わないロバート・ケネディ(マイケル・スタール=デヴィッド)としばしば対立するようになり…。



映画「LBJ ケネディの意志を継いだ男」




感想(ネタばれあり)


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。

LBJ ケネディの意志を継いだ男 (2016)


★★★☆ [70点]「JFK の後釜という苦悩」


切り取る角度を変えると、歴史の違う表情が見えてくる」という歴史の見方の面白さを感じた作品。



まず、LBJ という名前になじみがないんだけれども、それは、リンドン・B・ジョンソン元大統領のこと。

彼は、上院議員の院内総務(一番力のある人)を務めていたため、大統領選挙に立候補するもJFKに負けてしまう。

ケネディとは、全く正反対の意見をもつLBJ だが、ケネディは力のある彼を副大統領に指名する。



ケネディは「敵は外よりも、近くに置いた方がいい」と考えたからだ。

とはいえ、世間が注目するのはJFKで、LBJの意見が反映される機会などない。



ところが、間もなくJFKが暗殺されてしまう。

アメリカでは「ベトナム戦争を長引かせた大統領」という評価を受けたLBJだったけれど、果たして本当にそうだったのか…と、この映画では問いかける



大統領に就任したJFKが推し進めていたのは、黒人の権利を認める公民権であり、国民は「アメリカに差別のない新しい時代がやってくる」と期待していた。

しかし、その、イケメンでスマートなケネディ大統領は暗殺されてしまい、アメリカに「ケネディロス」の波が押し寄せる。



そのケネディの代わりに「正しく法律にのっとって」大統領に就任したのは、南部の田舎町からやってきた保守的なおっさんのLBJだった。

それまでLBJは公民権に反対だったけれど、急遽、大統領に就任したことで、反対を貫き通すか、賛成するかの選択を迫られる



このLBJは、田舎から出てきたおっさん丸出しの古いタイプの政治家で、言うことも下ネタ満載だけれど、どこか憎めないタイプ。

彼は彼なりに、考え方は正反対だけれど、国民から絶大な支持を集めるケネディについて、彼が愛される理由を考え、自分も愛される人間になろうと努力していた

そんな彼の裏側の姿がここでは描かれているから、憎めないんだろうと思った。



「もしも、JFKが生きていたら、もっと違う世の中になっていた」というのは、よく語られることだけど、「もし、この時ジョンソンが違う選択をしていたら」というのは、あまり聞いたことがない。

今、多様性が叫ばれる時代だからこそ、この時のジョンソンの選択について、再考察するべきなのでは…と考えさせられる作品になっている



勉強不足な私としては、ケネディの次はニクソンだとばかり思っていて、このジョンソン大統領の印象がなく、それだけでも、とても勉強になった映画だった。



加えて、そのジョンソンを通して、JFKの偉大さを改めて感じる映画だった

政治とは、権力闘争で勝ち抜くためのものなのか、それとも、国民のためのものなのかを考えさせられる作品だった。


Posted by pharmacy_toe on 2018/09/29 with ぴあ映画生活


見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「LBJ ケネディの意志を継いだ男」は、現在U-NEXT で配信中


本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。





Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





Amazon Primeで観る:「LBJ ケネディの意志を継いだ男」(字幕版)

LBJ ケネディの意志を継いだ男 (字幕版)

新品価格
¥299から
(2019/9/1 23:30時点)



DVDで観る:「LBJ ケネディの意志を継いだ男」

LBJ ケネディの意志を継いだ男 [Blu-ray]

新品価格
¥4,377から
(2019/9/1 23:32時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ウディ・ハレルソンジェームズ・マースデン主演の映画「記者たち~衝撃と畏怖の真実」を映画館で観た。

ブッシュ政権当時、イラクに侵攻し戦争を始めたことについて疑問を抱き、真実を伝えるために奔走した二人の新聞記者の実話を映画化。


映画「記者たち~衝撃と畏怖の真実~」


満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

もしも政府が嘘をついていて、報道側もその嘘を信じていたら、私たちは何を信じればいいのか。

これはバイスとセットで観るべき作品。

ブッシュ政権当時の酷さを再確認し、報道側も混乱していたことが分かる作品。


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想
  6. 関連記事


『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』予告編 動画

(原題: Shock and Awe)



更新履歴・公開、販売情報

・2019年4月1日 映画館にて鑑賞。

・2019年4月30日 感想を掲載。

詳しい作品情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓
映画「記者たち~衝撃と畏怖の真実~」公式サイト




キャスト&スタッフ


出演者

ウディ・ハレルソン

ジェームズ・マースデン


〇ジェシカ・ビール

ミラ・ジョヴォヴィッチ
…(「バイオハザード:ザ・ファイナル」、「サバイバー」、「パーフェクト・ゲッタウェイ」など)

ロブ・ライナー
…(<監督作>「LBJ ケネディの意志を継いだ男」、「最高の人生のつくり方」など)


監督

ロブ・ライナー
…(<監督作>「LBJ ケネディの意志を継いだ男」、「最高の人生のつくり方」など)


2017年製作 アメリカ映画




あらすじ


2002年。ブッシュ政権は、イラクが大量破壊兵器を保持していることを理由にイラクへの侵攻を宣言。

それは、やがてイラク戦争へと発展するのだが、小さな新聞社 ナイト・リッダー社の記者 ジョナサン・ランデー(ウディ・ハレルソン)とウォーレン・ストロベル(ジェームズ・マースデン)は、大手新聞各社がその戦争に賛同する中、イラクの大量破壊兵器保持に対して疑問を持ち始める。

そして、アメリカ国防総省の関係者たちに取材をしていくと、そこから他の新聞社が気付いていない真実にたどり着き…。



映画「記者たち~衝撃と畏怖の真実~」ジェームズ・マースデン、ウディ・ハレルソン



感想(ネタばれあり)


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。


記者たち~衝撃と畏怖の真実~ (2017)


★★★☆ [70点]「私たちは何を信じるべきなのか」


もしも、政府が嘘をついていて、報道側もその政府の嘘を鵜呑みにしていたら、私たちは、何を信じればいいのか

それは、911のテロとの戦い後にアメリカで実際に起きた話で、この映画では、その時、唯一真実を報道した小さな新聞社を舞台に描かれている。



「その時、政府では何が起きていて、なぜ、米軍がイラク侵攻をすることになったのか」については、映画「バイス」で描かれているので、この映画は「バイス」とセットで観るべき作品だった。

バイス」を先に観てしまった側からすると、これは「バイス」程の衝撃はないものの、当時のブッシュ政権の酷さを再認識したし、マスコミ側も混乱していたんだなということがよくわかる。

きっと、新聞社もチェイニーや、ラムズフェルドが、そこまで酷いことをするとは思っていなかったんだろう。



ここで気をつけなくてはいけないのは、政府がすることに対して、政府側の人間だけでなく、必ず、政府と利害関係のない人々の意見も聞くべきということ。

この映画の記者たちが真相を知ることができたのは、小さな新聞社ゆえに、政府の大物にインタビューできず、政府から離れた立場の人々にインタビューせざるを得なかったからだ。



それが、結果として、真実に繋がった

そこからして、どんな時も、冷静な立場からの意見がなければいけないなと思った


Posted by pharmacy_toe on 2019/04/12 with ぴあ映画生活





関連記事


イラク戦争の裏で起きていた真実

「バイス」政治を笑え!権力を愛した政治家!ブッシュ政権の副大統領ディック・チェイニーの実話を映画化。社会派コメディ。クリスチャン・ベール主演、アダム・マッケイ監督【感想】




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



Amazonプライムで観る:「記者たち 衝撃と畏怖の真実」(字幕版)

記者たち 衝撃と畏怖の真実(字幕版)

新品価格
¥500から
(2019/12/3 16:33時点)



DVDで観る:「記者たち 衝撃と畏怖の真実」

記者たち 衝撃と畏怖の真実 [Blu-ray]

新品価格
¥4,031から
(2019/12/3 16:34時点)



【映画パンフレット】「記者たち~衝撃と畏怖の真実~」

【映画パンフレット】 記者たち 衝撃と畏怖の真実 SHOCK AND AWE 【映画パンフレット】 記者たち 衝撃と畏怖の真実 SHOCK AND AWE 監督 ロブ・ライナー 出演 ウディ・ハレルソン、ジェームズ・マースデン、トミー・リー・ジョーンズ、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ジェシカ・ビール、ロブ・ライナー

新品価格
¥2,300から
(2019/4/30 17:23時点)



オリジナルサウンドトラック「SHOCK & AWE」

SHOCK & AWE

新品価格
¥1,299から
(2019/4/30 17:25時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


人は、人と出会って変わることができるか・・・

wowowジャパンプレミアで放映していたのをたまたま録画してみた。

満足度 評価】:★★★★☆

ロブ・ライナー監督作品なのに、マイケル・ダグラスダイアン・キートン主演映画で、

テーマは日本でも話題の「熟年の恋愛」なのに、残念ながら日本未公開

でも、素敵な映画だった~

こういう地味な映画をやる映画館が無くなってしまったんだなぁって。寂しいよねぇ

「最高の人生のつくり方」予告編 動画


(原題: And So It Goes)



ネット配信で観る:Amazonプライム「最高の人生のつくり方」(字幕版)

最高の人生のつくり方(字幕版)

新品価格
¥300から
(2017/7/25 11:30時点)



DVDで観る:「最高の人生のつくり方」

最高の人生のつくり方 [DVD]

新品価格
¥3,300から
(2015/11/18 17:05時点)



キャスト&スタッフ


出演者

マイケル・ダグラス
…(「アントマン&ワスプ」、「アントマン」、「追撃者」、「ウォール街」、「危険な情事」など)

ダイアン・キートン
…(「ロンドン、人生はじめます」、「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」など)

監督・出演

ロブ・ライナー


2014年製作 アメリカ映画


あらすじ


マイケル・ダグラスは、いけ好かない傲慢ジジイ。

ダイアン・キートンは、何かあるとすぐ泣いちゃうお節介おばちゃん

この二人が隣同士で、そこへマイケル・ダグラスの孫がやってきた時からの化学反応を描いてる


感想(ネタバレあり)


描きたかったのは熟年愛ではなく人間愛


この映画が良いところは、

無理に年寄りを描こうとせず、無理に恋愛映画にしようとしていないくて

寂しい独身の男女が知り合ったら、どうなるかってことを、すごくまっすぐに正面から描いているところ

人生の最高の描き方

すこしぐらい傲慢なところも、すこしぐらいお節介なところも、好きになってしまえば愛おしい

そんなことを、すごーーく丁寧に描いてる

特に、マイケル・ダグラスの心の動きを中心に描いているから、

この子供みたいなおじいちゃん → 人を思いやるおじいちゃんに変わっていく変化の過程がすごく素敵

で、最後にジーーーンときちゃって、泣いちゃった

wowowでは、まだ来月も放映するらしいので、

ぜひ、大人の人間模様をじっくりと観て欲しい一本

↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ネット配信で観る:Amazonプライム「最高の人生のつくり方」(字幕版)

最高の人生のつくり方(字幕版)

新品価格
¥300から
(2017/7/25 11:30時点)



DVDで観る:「最高の人生のつくり方」

最高の人生のつくり方 [DVD]

新品価格
¥3,300から
(2015/11/18 17:05時点)














このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック