とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:原田眞人



木村拓哉、二宮和也主演の映画「検察側の罪人」を試写会でで観た。

ある殺人事件をめぐる二人の検察官の対立を描く。


満足度 評価】:★★★★★

見応えありの傑作!

「上司が絶対」とか「忖度」という悪しき慣習が、殺人事件を捜査する検察の現場に持ち込まれたら。

ベテランと若手、2人の検事の心理的駆け引きに緊迫感があって目が離せない。

サスペンスや法廷モノ好きな人におススメ。



目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「検察側の罪人」予告編 動画





更新履歴・公開情報


・2018年7月30日 試写会にて鑑賞

・2018年8月10日 感想を掲載

・2018年8月24日 全国ロードショー

・2019年6月22日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。


現在、DVDを販売中。詳しい作品情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓


DVDで観る:「検察側の罪人」

検察側の罪人 DVD 通常版

新品価格
¥3,195から
(2019/6/22 00:02時点)



予習復習に!原作本「検察側の罪人」上

検察側の罪人 上 (文春文庫)

新品価格
¥702から
(2018/8/10 17:20時点)



予習復習に!原作本「検察側の罪人」下

検察側の罪人 下 (文春文庫)

新品価格
¥680から
(2018/8/10 17:21時点)



サウンドトラック「検察側の罪人」

検察側の罪人

新品価格
¥2,700から
(2018/8/10 17:26時点)





キャスト&スタッフ


出演者

〇木村拓哉

…(「硫黄島からの手紙」など)

〇吉高由里子

…(「アウトレイジ 最終章」など)

〇平岳大

〇大倉孝二

〇八嶋智人

…(「モリのいる場所」など)

〇酒匂芳



監督



2018年製作 日本映画



映画「検察側の罪人」



あらすじ



都内で起きた殺人事件の担当になったベテラン検事の最上(木村拓哉)は、補佐役として若手検事の沖野(二宮和也)を指名し、橘(吉高由里子)が沖野付きの事務官となって、容疑者の聴取を始める。

すると、その容疑者の中にかつて時効が成立した殺人事件の容疑者だった松倉(酒匂芳)が浮上し、最上は松倉の聴取を執拗に行う。

明らかに「クロである」という雰囲気を漂わせた松倉に対し、沖野も証拠となる証言を引き出そうとするが、最上の捜査方法に疑問を抱き始め…。



映画「検察側の罪人」



感想(ネタバレあり)


カリスマ的ベテラン検事と将来を期待される若手検事


「地検」とか、「検察」と言われると、ちょっと敷居が高い気がしてしまう。

なにせ、彼らはいつも世の中で起きているできごとと法律を照らし合わせ、世にはびこる悪を裁くために働いているような人たちだ。

きっと、私のような凡人とは頭の出来が違うんだろうなと思ってしまう。



この映画は、私たちが目にすることのない、そんな「地検の裏側」を描いている。

当たり前だけど、検事も普通の人たちで、部署の中には一般の会社と同じように上司と部下の上下関係があるし、社内恋愛だってある

むしろ、そうやって、彼らの日常を一般人の日常に近づけることで、地検の中で起きている問題を身近な問題にし、観客に向かって「あなたならどうするのか」と考えさせる

そこに、この映画の面白さがあるのだ。



主人公は、2人の検事。

1人はカリスマ的ベテラン検事の最上(木村拓哉)。

そして、もう一人は将来が期待される若手検事の沖野(二宮和也)。

沖野にとって最上は「あこがれの先輩」であり、「神的な存在」である



沖野は、一見、やる気がなさそうで、果たして検事としての仕事ぶりはどうなのかと疑問視されるタイプなのだが、最上は周りの反対を押し切って「きっと成果を出すに違いない」と沖野を難しい事件の担当に指名する。

実際、沖野は見た目以上に仕事ができるタイプの人間なのだ。

最上は、そんな沖野の良さを誰よりも見抜いていた。



しかし、果たしてその判断が最上にとって良かったのか、悪かったのか。

沖野を引き抜いたことで、最上は最後の最後まで頭を悩まされることになる。



映画「検察側の罪人」


ベテランと若手の間を引き裂くのは「法律」と「忖度」


この映画に緊迫感を与え、とても面白いサスペンスにしているのは、その2人の検事の心理的駆け引きである。



地検にとって、何よりも重要なことは「法律にのっとった正義」である。

しかし、困ったことに、この世には「法律で裁けない悪」というものが存在する。

最上と沖野はその「法律で裁けない悪」に直面してしまい、葛藤するのだ。



そのじりじりとしたジレンマが、観ているこちらもなんとも悩ましく、私だったどうするだろうか…と考えながら先に進んでいく。



その中で、最上も沖野も「それぞれの思う正解」を導き出すのだが、それが互いに真逆の方向を向いていた。

そこで2人を分けたのは「法律」だ。

法律がどうあろうと、容疑者の松倉を「クロ」にしたい最上と、法律を守って正しく裁きたい沖野



これまでカリスマ的手腕で悪を裁いてきた最上が、「法律がどうあろうと」松倉をクロにしたいと思い、そんな最上には、「どうしても譲れない理由」があったのだ。

しかし、若手のホープである沖野は、そんな「最上の理由」を理解したうえで、それでも最上のやり方が間違っていると思い、最上と対立する立場に身を置くことになる。



ところが、沖野は憧れの先輩である最上を前にすると、意見を主張することができず、最上の暴走を止めることができない

沖野の前に、日本に古くからある「上司の意見は絶対」とか「忖度」という悪しき慣習が立ちふさがり、上に意見を通すことができないのだ。



映画「検察側の罪人」


第二次世界大戦の「インパール作戦」の血が、ここによみがえる


それは、きっと社会人なら誰でも身に覚えがあることだろうと思う。



例えば、日頃から目をかけてもらい、かわいがってくれ、その人本人の人柄もとても尊敬できるカリスマ的な憧れの先輩がいるとする。

ある日、その人がいきなり理不尽なことを言い出したら、どうするだろうか。

今まで、そんなことはなかったのに…。



そしたら、「それは間違っているなぁ」と思いつつも、「なんか辛いことでもあったかな」と自分を納得させつつ、面倒になることを避けるために「見て見ぬふり」をしながら、スルーしてしまう。

きっと、多くの人にそんな経験があるはずだ。



しかし、ここは地方検察庁であり、「法を守らなければならない場所」なのだ。

相手のことを「忖度」していたら、裁かれるべき人間が野放しになってしまう。



その日本人の「上司を敬う」気持ちが、物事を悪い方向へ導く事例として登場するのが、「インパール作戦」である

インパール作戦とは、1944年の第二次世界大戦でインド北東部の都市インパール攻略を目指した日本軍の作戦だ。

軍内部で反対的な意見があったものの、その時の中将の強硬な主張によって実施され多くの被害者を出したとされる。

それ以来、「インパール作戦」とは「無謀な作戦の代名詞」として引用されているのだ。

(詳しい内容は、Wikipedia「インパール作戦」へ)



最上の祖父は、そのインパール作戦の数少ない生き残りであり、松重豊演じる武器商人の祖父は、そのインパール作戦の犠牲者である。

無謀な作戦の生還者は、孫の代になっても無謀な作戦を強行させようとし、犠牲者の孫は「喜んであなたの犬になります」と言って、その作戦を強行突破する

こういうのを血は争えないというのだろうか



日本の社会の体質というのは「第二次世界大戦」の頃からちっとも変っていないのだ。

「忖度」や「上司の命令が絶対」という体質は、部下を間違った方向に誘導し、死ななくていい人間を殺してしまう



映画「検察側の罪人」


希望を探してみるけれど…


さらに問題なのは、最上の心情が理解できるところだ。

そもそも「日本に時効がなければ…」と思ったら、やるせない気持ちになってしまう。

そこでも、なかなか法律が変わらないという日本の現状が裏目に出ている。



だがそれでも、検事という仕事は「感情」ではなく、「法律」で善悪を決める人々なのだ。

検事が法律を守らなければ、日本は無法地帯になってしまう

この「忖度」は、一般の会社で起きていることなら人の命が関わるようなことはないだろうが、それが「地検」で起きると、「法律で裁くべき善と悪」が揺らいでいくのだ。



もしも、そこで沖野のような若手の意見が通り、「日本も変わりつつある」と思えれば希望ある。

しかし、沖野が外に出てしまったことで、ますます地検の内部は不透明になり、その背景では政治家と大企業の癒着や、右傾化する社会を描き、ますます「上に意見を言いにくい社会」になっていることを描いている。

最上の友人で政治家の秘書官をしている丹野(平岳大)がその日本の背景で起きていることを象徴している。



そこで、「果たして、この世に『ものが言える社会』はやってくるのか」と考えてしまう

そう思うと、暗澹たる気持ちになってしまう

私も、ニノと一緒に雄叫びを上げたい気分になった…




Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~



Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~









↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





予習復習に!原作本「検察側の罪人」上

検察側の罪人 上 (文春文庫)

新品価格
¥702から
(2018/8/10 17:20時点)



予習復習に!原作本「検察側の罪人」下

検察側の罪人 下 (文春文庫)

新品価格
¥680から
(2018/8/10 17:21時点)



サウンドトラック「検察側の罪人」

検察側の罪人

新品価格
¥2,700から
(2018/8/10 17:26時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


大泉洋主演の映画「駆込み女と駆出し男」をWOWOWで観た。

女性が自ら離縁することができなかった時代に駆込めば離縁することができた寺「駆込み寺」を舞台に、離縁したい女性たちと、離縁を手助けする人々の人間模様を描く。

満足度 評価】:★★★★☆

泣いたーー。苦労して、苦労して、辛い思いをしてきた女性が幸せになった姿に涙が溢れた。

人の優しさ、温かさに自然と涙が出てくる。そんな映画だった。

どんなに毎日が辛くても、希望を捨てずに行動すれば、きっと良いことがある。そう思えた。


出演:大泉洋、戸田恵梨香、満島ひかり、内山理名、樹木希林、堤真一、武田真治、山崎努

監督原田眞人 2015年製作 日本映画



「駆込み女と駆出し男」予告編 動画





「駆込み女と駆出し男」 DVD

駆込み女と駆出し男 [DVD]

新品価格
¥3,063から
(2016/9/10 20:16時点)



あらすじ


江戸時代、自ら縁を切ることができない女性たちが駆込むことで縁を切ることが認められていた「駆込み寺」には毎日、いろいろと訳ありな女性たちが駆込んでいた。

鍛冶屋で毎日顔に火傷のあとができる程に鉄の窯を守り続けた挙句、夫に浮気されたじょご(戸田恵梨香)。

豪商の愛人であるお吟(満島ひかり)、暴力男に武家を乗っ取られ、自身も暴行されたゆう(内山理名)。

そして東慶寺に隣接する柏屋では、女主人の源兵衛(樹木希林)と、その甥、信次郎(大泉洋)が彼女たちの離縁を調停し、再出発の手伝いをしていた。

駆込み女と駆出し男


感想(ネタバレあり) 女性たちが辛い人生から逃げ出すための救済の寺「駆込み寺」


昔、「駆込み寺」があったという話は聞いていたけど、そこがどんなところなのか詳しいことは全く知らなかった。

確かに、昔の女性たちは自分から「離縁したい」と言いだすことができなかっただろうし、酷いことをする男たちもたくさんいただろうと思う。

江戸時代は「辛い毎日から逃げ出したい」「どうしても離縁したい」という女性たちを救うためのシステムとして、この「駆込み寺」が機能していた。

そこへ駆込む女性たちの人生も様々だ。

家のために必死になって毎日仕事をしていたにも関わらず、夫に浮気されてしまう女。

まるで獣のような暴力男を夫に持つ女。などなど…。

彼女たちの辛い人生を観たり聞いたりしていると、こちらも心が痛くなる。

そんな生活から抜け出すために、「駆込み」を決意し、家から鎌倉にある東慶寺まで歩き、「駆込み」をする。

そして、それから2年間。

お寺の修行に耐えられた者だけに、離縁の許可が与えられ、そこから彼女たちの新しい人生が始まる。

駆込み女と駆出し男2

離婚調停と再出発の手伝いをする「柏屋」


その「駆込み寺」に隣接する宿屋「柏屋」では、彼女たちの離婚調停と再出発のお手伝いをしている。

女主人の源兵衛をはじめ、そこで働く人たちが優しく、温かく彼女たちを包み込んでくれる場所だ。

「離縁したい」という彼女たちの理由を聞き、夫たちについて聞きこみをし、「離縁」が妥当かどうかの判断をする。

「柏屋」のご主人の源兵衛さんは、じっくりと彼女たちの話を聞き、同情すべきところは同情し、かといって甘えは許さない。

「2年間の修行に耐えられるか」「新しい人生」を踏み出すことができるのか。

冷静に、その見極めをしている。

どんなことがあっても動じず、常にどっしりと構えた源兵衛さんが、私は大好きだった。

できることなら、彼女に弟子入りしたいぐらい。

とても素敵なご主人だった。


駆込み女と駆出し男3


傷ついた女性たちの心に寄り添う「癒し」担当の信次郎

そして、この映画に優しい癒しを与えていたのは、大泉洋が演じる信次郎だった。

とても真面目な男で、でもちょっと抜けたところのある信次郎は、「医者見習い」であり「作家を目指している」というちょっと夢見がちな男。

江戸に住めなくなった信次郎は、「柏屋」の主人の甥であったために、そこに身を寄せていた。

彼が柏屋にとってとても良かったのは、駆込み女たちが出会ってきたような男たちとは180度違う優男で、時には人を笑わせ、心を和ませる。

駆込み女たちの辛い話などを聞かされた後に、この信次郎がでてくると、まるで砂漠のオアシスのように感じることさえあった。

完全に、彼は東慶寺の癒しだった。

柏屋では、使い勝手の良いペットのようなものだっただろうか(笑)

駆込み女たちの出生を知った上で、彼女たちの心に寄り添うような優しさが温かくて好きだった。

駆込み女と駆出し男4

「新しい一歩」を踏み出す決意をすれば、幸せな人生が開ける


だからこそ、ラストでじょごと信次郎が幸せになった姿に涙が止まらなかった。

「あぁーー。良かった。2人とも幸せになって良かった」と思った。

ちょっと、信次郎がじょごの尻にしかれている雰囲気が特に好きだった。

じょごにとって、信次郎は医者ではなく、作家でいて欲しかったんだなぁ。

その気持ちも分かるなぁ。

好きな人には、いつまでも夢を追い続けて欲しいもんね。

最後に、そんなじょごや、暴力夫と離縁できたゆうの幸せな姿を見て、

「毎日、辛いことがあっても、希望を捨てずに行動すれば、きっと幸せな人生が開ける」

そう思えた。

映画が終わった後にテロップが流れる。

当時、駆込み寺が救った女性たちは2000人を超えるという。

きっと、今でも駆込み寺が必要な女性たちは大勢いると思う。

そこに、源兵衛さんや信次郎のような温かい人たちがいたらなお良い。

辛い状況から逃げ出せない女性たちが1人でも減る世の中でありますように。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「駆込み女と駆出し男」 DVD

駆込み女と駆出し男 [DVD]

新品価格
¥3,063から
(2016/9/10 20:16時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


役所広司主演の映画「わが母の記」をWOWOWで観た。

井上靖の自伝的小説「わが母の記」を役所広司樹木希林で映画化。

痴呆症で少しずつ記憶をなくしていく母と、幼い頃から「母に捨てられた」という想いが捨てきれない息子が心を通わせていくことで、その真実を知る物語。

満足度 評価】:★★★★☆

とても日本人らしい「家族だから言えない」という奥ゆかしさを感じる映画だった。

言葉にできない想いの深さに涙が溢れる。


「わが母の記」予告編 動画





ネット配信で観る:「わが母の記」

わが母の記

新品価格
¥300から
(2018/9/23 00:54時点)



DVDで観る:「わが母の記」

わが母の記 [Blu-ray]

新品価格
¥2,700から
(2018/9/23 00:55時点)



原作本「わが母の記」

わが母の記 (講談社文庫)

新品価格
¥514から
(2016/6/28 23:52時点)



キャスト&スタッフ


出演者

役所広司
…(「孤狼の血」、「オー・ルーシー!」、「三度目の殺人」、「蜩ノ記」、「わが母の記」など)


…(「怒り」など)

…(「オー・ルーシー!」など)


監督



2011年製作 日本映画



あらすじ


1964年。小説家の伊上洪作(役所広司)は、父を亡くしたことをきっかけに数年ぶりに母(樹木希林)に再会する。

というのも、幼い頃によそへ預けられた伊上は、その頃から「母に捨てられた」という想いを捨てきれぬまま過ごしていた。

しかし、父の死後、母は少しずつ記憶を無くし始めたことを機に、時々家で預かるようになり、母との時間が増えるようになるのだが…。



わが母の記



感想(ネタバレあり)


離れて暮らす息子を想う母、母の心を知らぬ息子


母の子を想う気持ちに泣かされた映画だった。

息子は幼い頃に母に捨てられたと思っていた。

しかし、記憶が薄れていく母との会話でそれは息子の一方的な勘違いだと分かる。

母は幼い頃に息子が書いた作文を、毎日大事そうに持ち歩き、次はいつ会えるのかと思いながら暮らしていた。

息子は母がその作文を読んでいる姿を見ながら、思わず泣いてしまう。

私も、このシーンに泣かされた。

目の前にいる人が息子だと分かっているのかいないのか、遠くを見つめながら作文を読む母の姿が切ない。

記憶をなくしても、息子への想いはなくさない。

それが母の愛。

私の心に残るその情景は、陽だまりような暖かい愛だった。



わが母の記2



日本人だからこそ、すれ違った想い


家族の形は千差万別。

何でも言い合える家族もあれば、今さら正面切って言えない家族もある。

特に日本人は感情表現が苦手な民族だから、この主人公の伊上の家庭のようにお互いに奥歯に物が挟まったような言い方をする家庭が多いように思う。

長い間接していない親子なら尚更だろう。

母も素直に、「あの時は事情があって…」と説明しておけば、後々面倒なことにはならなかった。

伊上も、「お母さんにもきっと事情あったのでしょう」と聞けば、母はすんなり答えてくれたかもしれない。

なぜか。

照れくさい思いもあれば、言わなくても分かってもらえるとお互いに甘えてしまう部分もあるのだと思う。

言わなくても分かってもらえることなんてないのにね。

でも、そう簡単に愛情表現できないからこそ、伊上は小説家になったのだろうし、母は物語の主人公になったのだろうと思う。

そんな母の元に生まれてくるのが、伊上の運命だったんだろうな。



わが母の記3



息子・役所広司、母・樹木希林


主人公の小説家・伊上を演じるのは、役所広司

実の母に愛情を注がれなかったという思いからか、自分の娘たちにはできる限りの愛情を注ぎ、不自由なく育てる伊上。

しかし、実は十分に愛情を受けていたことを知った時の嗚咽を振り払うような日本男児の「泣き」がとても印象的だった。



わが母の記4



伊上の母を演じるのは、樹木希林

母、八重は本当に痴呆症なのか、痴呆症の演技をしているだけなのか、その振る舞いがあまりにもリアルだった。

八重の姿を見ながら、晩年、痴呆症になってから暴れては家族を困らせ、徘徊しては警察にお世話になっていた我が家の祖父を思い出した。

それ程までに現実味のある演技に驚かされた。

本当に素晴らしい女優さんだと思う。



わが母の記5



日本が忙しさと共に失ってしまったもの


昭和の高度経済成長期。

ハワイへは船で行っていた頃。

家族の中心は母であり、母に何かあれば、家族が集まっていた時代。

母が痴呆になれば、家族で介護するのが当たり前だった。

当時はまだ今ほど裕福な時代ではなかったかもしれないけど、今より人の心にゆとりがあったんだなぁと思う。

人は、この時以降、忙しさと共に何かを失ってしまったのではないかと思う。

かといって、今の私に在宅介護ができるかと言われたら、できないけど。

心にゆとりと愛情を持って周りと接することを少し忘れてしまっているのではと思った。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「わが母の記」

わが母の記

新品価格
¥300から
(2018/9/23 00:54時点)



DVDで観る:「わが母の記」

わが母の記 [Blu-ray]

新品価格
¥2,700から
(2018/9/23 00:55時点)



原作本「わが母の記」

わが母の記 (講談社文庫)

新品価格
¥514から
(2016/6/28 23:52時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック