とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:妻夫木聡



岡田准一主演の日本映画「来る」を映画館で観た。

第22回 日本ホラー小説大賞を受賞した「ぼぎわんが、来る」を映画化したホラー映画。


満足度 評価】:★★★★☆

「ヘレディタリー」の後に観てしまうと、どうしてもアメリカとの差を感じてしまう作品。

つまらなくはなかったけど、話は散らかってるし、ディテールも詰めも甘い。

怖くはないけど、やたらと血が吹き出るホラーだった。

俳優の個性は楽しめた。


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『来る』予告編 動画




更新履歴・公開、販売情報

・2018年12月10日 映画館にて鑑賞。

・2018年12月19日 感想を掲載。

・2019年10月13日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD販売中。詳しい作品情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓
映画『来る』公式サイト

DVDで観る:「来る」

来る DVD通常版

新品価格
¥3,419から
(2019/10/13 18:48時点)



原作本「ぼぎわんが、来る」

ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫)

新品価格
¥734から
(2018/12/19 16:19時点)



サウンドトラック「来る」

来る

新品価格
¥2,700から
(2018/12/19 16:20時点)






キャスト&スタッフ


出演者



〇小松菜奈
…(「沈黙-サイレンス-」、「バクマン。」など)

〇松たか子



〇柴田理恵

〇伊集院光

〇太賀

〇志田愛珠

〇蜷川みほ

〇石田えり


監督

〇中島哲也


2018年製作 日本映画



映画「来る」



あらすじ


田原秀樹(妻夫木聡)は、恋人の香奈(黒木華)と結婚してから2年が経った頃、自身の周りで怪奇現象ばかりが起きることに頭を悩ませていた。

そのため、友人の文化人類学者の津田大吾(青木崇高)に相談したところ、津田からオカルト記事が専門のジャーナリスト野崎(岡田准一)を紹介される。

野崎は、そんな田原の自宅にキャバ嬢の比嘉真琴(小松菜奈)を連れてくる。

真琴は、霊媒師のようなこともできるのだという。

しかし、真琴が田原の家に入ったところ「真琴の手には負えないモノがいる」と言い、真琴は姉で霊媒師の琴子(松たか子)に助けを求めるのだが…。



映画「来る」



感想(ネタばれあり)


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に書いたものをご紹介します。


来る (2018)


★★★ [60点]「これはホラーではない?」


んーー。

決してつまらなくはなかったけど。

んーー。

これはなんとも…。



ある一家に、恐怖の出来事ばかりが降りかかり…というホラー映画。



個人的に、降霊ものとか、除霊ものとか、欧米でいえば「エクソシスト」系の悪魔祓いものとかが割と好きで。

だから、この映画も途中までは、かなり乗り気で観てた。

けど、なんだろう…。

話は散らかりすぎだし、ディテールも詰めも甘い



あんまり、他のものと比べるのは好きではないけど、「ヘレディタリー 継承」を観た後にこれを観ると、アメリカと日本のレベルの差が歴然で

画面いっぱいに血がバンバン吹き出しても怖くない私としては、ホラー映画を観たはずなのに、全く怖い思いをしないまま映画が終了してしまった映画だった。



でも、その中でも個性的なキャラたちは好きだった。

柴田理恵と松たか子の霊媒師とか、薄っぺらな妻夫木くんとか。

でも、薄っぺらいなら、薄っぺらいなりに、なぜ薄っぺらいのかを、もっと突き詰めてくれたら
もっと怖かったんじゃないかと思う。




Posted by pharmacy_toe on 2018/12/14 with ぴあ映画生活




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~




ゆるめの映画ネタはこちら→「とにかく映画が好きなんです」【別館】

映画のコラムやイベントに参加した話、音楽やご飯ネタなども掲載しています。

この【本館】よりも、もっとユルッとした裏アカです。

こちらも、ぜひ。
 ↓





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





DVDで観る:「来る」

来る DVD通常版

新品価格
¥3,419から
(2019/10/13 18:48時点)



原作本「ぼぎわんが、来る」

ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫)

新品価格
¥734から
(2018/12/19 16:19時点)



サウンドトラック「来る」

来る

新品価格
¥2,700から
(2018/12/19 16:20時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


妻夫木聡主演の映画「ぼくたちの家族」をWOWOWで観た。

ある日、母が脳腫瘍だと分かり、「余命一週間」と宣告された家族たちの心の動きを描く。



満足度 評価】★★★★☆

「いつか自分にもこんな日が来る」と思いながら観た映画だった。その時、私は何を考え、どう動くのだろうか…。

いつか来るその日について、すごく考えさせられた。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「ぼくたちの家族」予告編 動画




更新履歴・公開、販売情報

・2016年7月4日 WOWOWで観た感想を掲載。

・2019年6月10日 「映画天国」での放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。

「ぼくたちの家族」は、現在、U-NEXT で配信中


Amazon Primeで観る:「ぼくたちの家族」

ぼくたちの家族

新品価格
¥300から
(2019/6/10 15:56時点)



DVDで観る:「ぼくたちの家族 特別版」

ぼくたちの家族 通常版 [DVD]

新品価格
¥3,082から
(2019/6/10 15:57時点)



原作本「ぼくたちの家族」

ぼくたちの家族 (幻冬舎文庫)

新品価格
¥617から
(2016/7/4 00:19時点)




キャスト&スタッフ


出演者

池松壮亮
…(「斬、」、「万引き家族」、「紙の月」など)

〇長塚京三


…(「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」、「蜩ノ記」など)

監督

〇石井裕也


2013年製作 日本映画




あらすじ


主婦、若菜玲子(原田美枝子)は、会社を営む夫、克明(長塚京三)と二人暮らし。

玲子は最近、物忘れがひどくなり、言動がおかしくなっていたことから、結婚して家を出た長男の浩介(妻夫木聡)と3人で病院へ行き、検査を受けることに。

すると玲子の脳には、かなり大きな腫瘍があることが分かり、医者に「余命は一週間」と告げられる。

浩介は弟の俊平(池松壮亮)に連絡をし、父と3人で今後について話し合おうとするが、父は取り乱し、弟は的外れなことを言うばかりで、ちっとも進展せず…。


映画「ぼくたちの家族」



感想(ネタバレあり)


ある日突然降ってきた不幸に戸惑う家族


「お母さんの余命はあと一週間です」

と言われた時、「いつか、自分にもこういう時が来るんだな」と思うと怖かった



この映画で描かれる若菜家の場合。

突然、母に舞い降りた不幸に対する家族それぞれの反応にリアリティがあって興味深い。



なにやら取り乱してオロオロし、何もできない父。

感情を表に出さず、事務的に処理しようとする長男。

突然の出来事に対処できず、それまで通り母と接しようとする次男。



それまでの3年間、長男は結婚、次男は大学進学で、家族は離れて暮らしていた。

そのため、心も離れていたのか、急な出来事にそれぞれがバラバラで、ギクシャクした時間が過ぎていた

そのギクシャク感が分かるなぁと思った



私もきっと、急に話し合えと言われたら、何を言ったらいいか分からないし、最初のうちは平行線になるだろうなぁと思う。

家族だから言いにくいこともあるよね。



映画「ぼくたちの家族」池松壮亮

頼りない男子3人組にも変化が…


そんな男3人組だったが、時間を共有するうちに、次第に協力し合うようになる。

結局最後まで、お父さんは何もできない人だったけど。

それでも再会した時よりは、何でも語り合えるような間柄になっていた。



長男は病院を探し、次男は兄が探した病院を周りセカンドオピニオンを聞く。

本当に、もうこれ以上母にできることはないのかと。



あの一番頼りなかった次男が病院を周り、頭を下げている

そう。人は、「何かをしなきゃいけいない時」になると、火事場の馬鹿力を発揮する。



次男は、心を入れ替え、大学を中退し、父の下で働くことを決意したという。

彼らの中で、やはり一番若い彼が、もっとも成長していた。

日増しに頼りになっていく彼らの姿を観ているのが、とても嬉しかった


映画「ぼくたちの家族」池松壮亮

出演者インタビュー動画


家族を演じるのは、長男:妻夫木聡、次男:池松壮亮、母:原田美枝子、父:長塚京三

彼らのインタビュー動画があったので、ご参考に。




そうだよね。

根本の部分では、みんな同じことを感じているんだろうけど、それを、それぞれの家族に当てはめると、違う形に見えているのかもしれない。



若菜家の場合と、私の家族の場合では、同じことが起きても、それぞれのリアクションが違う。

でも、根っこの部分は一緒。

「お母さん、いなくなっちゃう。明日からどうしよう。」


映画「ぼくたちの家族」原田美枝子、長塚京三、池松壮亮、妻夫木聡

その時、私は何をしているだろうか


長男と次男が病院周りをした結果、助けてくれるという先生が現れる。

私はその場面から涙が止まらなかった。



そしてその時に思った。

私は彼らと同じように、そこら中の病院を回ることなどできるのだろうか。

きっと、先生に「もう処置できることはない」と言われたら、そこで諦めてしまうのではないだろうか。



もしも、1%でも希望があるのなら、その1%の希望にかけるのが家族の役目なんじゃないだろうか。

いろいろと考えさせられてしまった。



いつ起きるか分からないけど、自分にもいつかその時がやってくるのなら、その時に、自分が何をすべきかと考えるだけでも、この映画を観る価値があると思う。

そして、家族が健康でいる今に、感謝する映画でもある。



最後に。

どうしても泣きたくなった時、「こんな時は笑おうよ」って言いながら、無理矢理笑うシーンが好きだった

私もよくやるから(笑)







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「ぼくたちの家族」は、現在、U-NEXT で配信中


Amazon Primeで観る:「ぼくたちの家族」

ぼくたちの家族

新品価格
¥300から
(2019/6/10 15:56時点)



DVDで観る:「ぼくたちの家族 特別版」

ぼくたちの家族 通常版 [DVD]

新品価格
¥3,082から
(2019/6/10 15:57時点)



原作本「ぼくたちの家族」

ぼくたちの家族 (幻冬舎文庫)

新品価格
¥617から
(2016/7/4 00:19時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


松田龍平主演の映画「泣き虫しょったんの奇跡」を試写会で観た。

サラリーマンからプロ棋士になった瀬川晶司棋士の実話の映画化。



満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

夢への道が断たれても、好きなことへの情熱は捨ててはいけないと教えてくれる作品。

かつて夢を見て、不本意な日々を送っている人は特に、共感するはず。

これが瀬川晶司棋士の実話だからグッとくる。夢を諦めてはいけない

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『泣き虫しょったんの奇跡』予告編 動画




更新履歴・公開、販売情報

・2018年8月28日 試写会にて鑑賞。

・2018年9月17日 感想を掲載。

現在、全国順次公開中。詳しい上映劇場情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓
「泣き虫しょったんの奇跡」公式サイト

原作本:「泣き虫しょったんの奇跡」完全版<サラリーマンから将棋のプロへ>

泣き虫しょったんの奇跡 完全版<サラリーマンから将棋のプロへ> (講談社文庫)

新品価格
¥691から
(2018/9/17 17:13時点)



オリジナルサウンドトラック:「泣き虫しょったんの奇跡」

泣き虫しょったんの奇跡 Original Soundtracks by Toshiyuki Terui

新品価格
¥2,700から
(2018/9/17 17:15時点)



【映画パンフレット】「泣き虫しょったんの奇跡」

【映画パンフレット】泣き虫しょったんの奇跡

新品価格
¥1,180から
(2018/9/17 17:17時点)




キャスト&スタッフ


出演者

〇松田龍平

〇野田洋次郎

〇永山絢斗



〇駒木根隆介


〇早乙女太一

…(「来る」、「ミュージアム」、「怒り」、「ぼくたちの家族」、「ザ・マジックアワー」など)

〇松たか子
…(「来る」など)

〇美保純

…(「沈黙-サイレンス-」など)

…(「紙屋悦子の青春」、「映画 深夜食堂」など)



監督・脚本

〇豊田利晃


2018年製作 日本映画




泣き虫しょったんの奇跡




あらすじ


小学生の頃から将棋好きで、父親(國村隼)に連れられて将棋道場に通っていた瀬川晶司(愛称:しょったん)(松田龍平)は、中学3年生の時にプロ棋士の登竜門である奨励会入会試験を受け合格する。

それ以来、プロを目指して将棋を指す日々を送るが、「26歳になるまでに四段に昇級しなければ退会」という年齢制限を迎えてしまい、プロになる資格を失ってしまう。

奨励会を退会し、サラリーマンとなった瀬川は、幼い頃の将棋相手である幼なじみの鈴木悠野(野田洋次郎)がアマチュア棋士として将棋を指していることを知り…。



泣き虫しょったんの奇跡2



感想



泣き虫しょったんの奇跡 (2018)


★★★☆ [70点]「あきらめない気持ちに共感!」


おもしろかったな。

「あきらめない気持ち」の大切さを感じた作品。



プロ棋士になる道を断たれ、一旦はサラリーマンになり、そこから再度プロ棋士になることを目指した瀬川晶司(愛称:しょったん)棋士の実話。

小学生の頃から将棋が好きだったしょったんはプロ棋士を目指して奨励会に入るが、年齢制限までに勝ち上がることができず、サラリーマンの道へ…。

しかし、将棋が好きで指し続けた結果…



「あきらめること」って、すごく心の葛藤が伴うものだけど、とても簡単なこと

その瞬間から努力をやめて、遊びまくれば良い。

きっと、それまでがんばったという輝かしい過去を振り返りながら、それなりに生きていくことはできるし、努力もいらないから楽だ。



しかし、本当に、そんな人生で良いのだろうか

私が、この映画のしょったんを観てて強く思ったのは、「何があってもあきらめてはいけない」ということだった。



年齢制限を過ぎても、サラリーマンになっても、しょったんが将棋を刺し続け、その姿に周りの人たちの心が動かされたように、「好き」な気持ちを表現し続ければ、きっと誰かの心を動かすことになる



とても印象的で心に残ったのは、幼なじみの悠野の「しょったんの欠点は、勝ちを知らないことだ。もう勝つことを恐れなくて良いんだよ」という言葉だった。



なぜだかわからないけれど、私たちは、あと少しで頂点だ!と思った時に、自分でも気付かないブレーキを踏んでしまうことがある

目の前にある扉を開いたり、壁を超えるのが怖いのかもしれない。

その向こうにある世界を知らないから、未知への恐れから本能的にブレーキをかけてしまうのかもしれない。

そして、つかみかけた頂点を逃してしまうのだ。

しょったんのことを近くで見ていた悠野は、そんなブレーキは踏まなくて良い、アクセル全開でいけと言ったのだ。



その悠野の言葉があって、しょったんもふっきれたものがあったのでは、と思う。

そして、そんなしょったんの姿は、夢に向かってがんばっているサラリーマンたちの励みになるに違いない

一旦道を断たれても、サラリーマンになっても、夢をあきらめる必要はないのだ。



今は、藤井聡太棋士の人気で、空前の将棋ブームだけど、そんな今だからこそ、この映画を観ることで、将棋の世界の厳しさや、藤井棋士や名人たちの超人的な強さを知ることができる。

夢をあきらめたくない人に観て欲しい作品だ。

弟子・藤井聡太の学び方

新品価格
¥1,512から
(2018/9/17 19:14時点)



Posted by pharmacy_toe on 2018/08/30 with ぴあ映画生活





Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~








↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





原作本:「泣き虫しょったんの奇跡」完全版<サラリーマンから将棋のプロへ>

泣き虫しょったんの奇跡 完全版<サラリーマンから将棋のプロへ> (講談社文庫)

新品価格
¥691から
(2018/9/17 17:13時点)



オリジナルサウンドトラック:「泣き虫しょったんの奇跡」

泣き虫しょったんの奇跡 Original Soundtracks by Toshiyuki Terui

新品価格
¥2,700から
(2018/9/17 17:15時点)



【映画パンフレット】「泣き虫しょったんの奇跡」

【映画パンフレット】泣き虫しょったんの奇跡

新品価格
¥1,180から
(2018/9/17 17:17時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


小栗旬主演の映画「ミュージアム」を映画館で観た。

雨の日に犯行を繰り返す連続殺人犯と、犯人を追う刑事。そして、捜査を進めるうちに刑事の妻が犯人の狙うターゲットの1人だと分かるのだが…。


映画「ミュージアム」

満足度 評価】:★★☆☆☆

デヴィッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット主演の映画「セブン」にあまりにも類似点が多すぎてドン引きし、呆れ、退屈に感じてしまった。

中には、「セブン」だけじゃなく、「ボーン・コレクター」に類似した部分も登場し、失笑。

最初はオマージュなのかなぁぐらいに思っていたが、ここまでそっくりだとパクリの領域。

その中で、唯一の救いは妻夫木聡の振り切った演技ぐらいか。とても残念な映画だった。

「ミュージアム」予告編 動画





キャスト&スタッフ


出演者

…(「響-HIBIKI-」、「君の膵臓をたべたい」など)


…(「きみはいい子」など)

…(「愛を積む人」など)

監督

〇大友啓史


2016年製作 日本映画





あらすじ


刑事の沢村久志(小栗旬)は、ある連続殺人犯を追っていた。

犯人は、必ず雨の日に犯行し、その死体には「〇〇の刑」と書かれたメモと、凶器を必ず残していた。

沢村は、あまりにも証拠を多く残す犯人を不思議に思っていたが、ある事実が発覚。

被害者たちは、ある裁判の裁判員と裁判官であることが分かり、そして、沢村の妻もその裁判員の1人だった…。

さらに、沢村の妻は沢村と仲違いを起こし、数日前に家を出て行ったきり、連絡が取れなくなっていた…。



映画「ミュージアム」


感想(ネタバレあり)


「セブン」との類似点 その1。大雨のち快晴


この映画は、ひどい大雨の中、犯行現場を捜査している刑事たちの姿からスタートする。

その瞬間、私は「これは『セブン』へのオマージュなのかな」と思った。

そしたら、その犯行現場は鎖につながれた女性が狂犬に喰われて殺されるという事件だった。

その現場を観て、「いや、これは『ボーン・コレクター』へのオマージュかな?」と思い、失笑した。

ボーン・コレクター」では、廃墟の中、椅子につながれた男性がドブネズミに喰われて死亡するという犯行現場が登場する。

そこまでで終わればまだ良かった。

大雨は最後まで続き、ラスト、犯人が逮捕されるところで外には青空が広がる。

なんと、そこまで「セブン」とまるで一緒だとは思わなかった。

最後に、青空のした跪いて青空を仰ぐ犯人の姿を観て、ちょっと呆れてしまった。

そんな細かいシチュエーションまで一緒だとは…。



映画「ミュージアム」小栗旬


「セブン」との類似点 その2。カエル男の犯行現場


他にも、「セブン」との類似点がある。

犯人であるカエル男の特徴が、「セブン」の犯人の特徴と酷似している。

この映画「ミュージアム」の犯人であるカエル男の犯行の特徴である「〇〇の刑」

これは、まさに「セブン」でいう7つの大罪、暴食、強欲、怠惰…などと酷似している。

犯人は、殺害に及んだ後、なぜ、「その人間がなぜ殺されたのかという理由」を残していた。

そして、犯人は、その殺害現場の写真を残していた。

カエル男も、それが「アート」だと称して殺害現場の写真を必ず撮っていた。

さらには死体を段ボールに入れて宅配便で送付するところまで一緒の上、

「セブン」もカエル男も、最後に狙うのは刑事の妻だった。

これをパクリと言わず、なんと言う。



映画「ミュージアム」小栗旬


「セブン」との類似点 その3。主人公刑事夫妻は不仲


これでは終わらない。まだ先がある。

主人公、沢村刑事は妻と不仲である。

「セブン」の主人公ブラッド・ピットもまた、妻と不仲であり、そのことをブラッド・ピットの同僚であるモーガン・フリーマンに相談している。

沢村刑事の妻も、夫との不仲を親友(田畑智子)に相談している。

その妻はカエル男に狙われた上、首だけの死体と見せかけた姿(本当はデスマスク)を沢村刑事に強制的に見せている。

「セブン」でもまた、首だけの死体を段ボールに詰め、宅配便にしてブラッド・ピットに送りつけるという場面が登場する。

そこで怒りに狂ったブラッド・ピットが最後に犯人を殺し、七つの大罪は完結する。

この映画「ミュージアム」でも、カエル男はそのことで怒り狂った沢村刑事が妻を殺すというシナリオを想定する。

もう、さすがにここまできたら呆れてしまい、後半部分は退屈で仕方なかった。



映画「ミュージアム」小栗旬と尾野真千子


国際映画祭に出品することとは、海外に出しても恥ずかしくない作品であるということ


その中で、唯一の救いと言えば、妻夫木聡の振り切った演技を観られたことぐらいか。

表情はもちろん、時には声質を変え、いくら殺そうとしても死にそうにない薄気味悪さはとても良かったと思う。

しかし、この映画、日本で行われた「東京国際映画祭」の正式出品作品だよね??

ってことは、日本代表選手なんだよね??

ってことは、この映画をたくさんの外国人の人に見て欲しいと思っているんだよね??

特別招待枠とはいえ、そういうつもりで出品したんだよね??

だったら、そこにデヴィッド・フィンチャーブラッド・ピットケヴィン・スペイシーを呼んで観てもらって、感想を聞いたら良い。

この映画は原作があるらしく、私は読んでいないので、原作がそもそも「セブン」のパクリなのかよく分からないけど、こういう映画を観ると、本当に日本映画は海外の作品と競争していくつもりがないんだろうなと感じてしまう。

「セブン」は同じフィールドに立っている作品ではなく、雲の上の存在で、どうせ最近の若い人は観ていないから良いだろう。

そんな気持ちで製作された作品だとしか思えない。

美味しい所だけをつまんで、シチュエーションをちょっと変えればオリジナルになると思ったら大間違いだ。

世界には、デヴィッド・フィンチャーの「セブン」の世界に憧れている映画監督は山ほどいる。

彼らは、デヴィッド・フィンチャーのようにオリジナリティ溢れる作品作りを目指すも、そのあまりにも高くて厚い壁を超えられないのが現状だ。

しかし、こんなにディテールまでそっくりまねた作品作りをしている作家は観たことがない。

いや、いるかもしれないが、その映画が国際競争に勝って、日本で上映されるなんてことはない。

それ以前にボコボコに叩かれてしまうからだ。

是非、もっとプライドを持った作品作りをして欲しいと願う。

つくづく、とても残念だ。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





Amazonプライムで観る:「ミュージアム」

ミュージアム

新品価格
¥2,000から
(2019/11/25 16:00時点)



DVDで観る:「ミュージアム」

ミュージアム [Blu-ray]

新品価格
¥3,078から
(2019/11/25 16:01時点)



原作本「ミュージアム」 コミック 1-3巻セット (ヤングマガジンKC)

ミュージアム コミック 1-3巻セット (ヤングマガジンKC)

新品価格
¥4,260から
(2016/11/17 11:45時点)



未見の方は是非!「セブン」 [DVD]

セブン [DVD]

新品価格
¥777から
(2016/11/17 12:33時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


渡辺謙主演の映画「怒り」を映画館で観た。

八王子で起きた一家惨殺事件から1年。千葉、東京、沖縄に現れる素性の知れない人たち。

彼らの中に未だ逃げ続ける犯人がいるのか…。彼らと、彼らを愛してしまった人たちとの生活を追う…。


満足度 評価】:★★★☆☆(3.5)

私がこの映画を観終わって、一言で表すなら、それは「怒り」ではなくて「信じる」だった。

そこが、私にとっては少し残念な点だった。


出演渡辺謙、森山未來、綾野剛、松山ケンイチ、妻夫木聡宮崎あおい池脇千鶴広瀬すずピエール瀧、佐久本宝

監督:李相日

「怒り」予告編 動画





ネット配信で観る:「怒り」

怒り

新品価格
¥2,500から
(2018/7/24 01:14時点)



DVDで観る:「怒り」

怒り Blu-ray 豪華版

新品価格
¥5,672から
(2018/7/24 01:15時点)



原作本「怒り」(上)

怒り(上) (中公文庫)

新品価格
¥648から
(2016/10/6 16:17時点)



原作本「怒り」(下)

怒り(下) (中公文庫)

新品価格
¥648から
(2016/10/6 16:18時点)



あらすじ


八王子で起きた一家惨殺事件。犯人が見つからないまま1年が過ぎようとしていた。

ちょうどその頃、千葉の鮮魚市場で働き始めた田代(松山ケンイチ)は、どこから来たのか、経歴も分からない。

やがて、田代の上司である槇(渡辺謙)の娘愛子(宮崎あおい)と付き合い始める。

しかし、槇は、愛子が素性の知れない男と付き合うことが心配になり…。


また、同じころ東京では、会社員の藤田優馬(妻夫木聡)は新宿二丁目の風俗店で知り合った大西直人(綾野剛)と同棲を始める。

名前は分かっているのもも、どこから来たのか、どこに住んでいるのかも言わない直人を怪しむ優馬だったが、日を重ねるごとに二人の関係は親密になり…。


そして、沖縄。

離島で母と2人暮らしの泉(広瀬すず)は、同級生の辰哉(佐久本宝)と無人島に遊びに行くと、廃墟で謎の男(森山未來)が暮らしていることを知る。

彼の名前は田中と言い、人見知りをしない泉はすぐに仲良くなるのだが…。

怒り

感想(ネタバレあり)


もしも、自分の周りに殺人犯がいたら


八王子で一家惨殺事件が起きてから一年。

犯人は顔を変え、人々の生活に交じり、どこかで普通に生活している。

そこから浮かび上がる、犯人のモンタージュ写真に良く似た3人の男。

千葉の男は上司の娘と同棲し、東京の男は風俗店で知り合った恋人と同棲し、沖縄では無人島で生活をしていた。

彼らは、それぞれに恋人や友人を作り、普通に日常生活を送っていた。

そんな彼らの中に犯人がいるのか…。

もしも、そのうちの誰かが犯人だと分かった場合、周りの人々はどう反応するのか。

未解決事件の犯人の生活をあぶりだすサスペンスタッチの人間ドラマだった。

怒り2

「信じる」ということ


私たちは、誰かと友人関係や恋人関係になる時、お互いに履歴書を提出する訳ではない。

それに、親しくなるまでは、それまでどこに住み、どんな生活を送ってきたのかなどイチイチ聞いたりしない。

それでも、親しい友人や恋人になったりできるのは、お互いの「信頼関係」があるからに他ならない。

互いに信じれば信じる程、心も体も互いの距離は近くなる。

しかし、ちょっとでも相手を疑うようなことがあれば、それを言葉にしなくても、少しずつ二人の間の心も体も距離が離れていってしまう。

そして、互いの「信じる気持ち」が裏切られた時、「信じる」思いは、一転、「怒り」へと変わってしまう。

だから、もしも、相手が手放したくない人ならば、どんなことがあっても「信じる」ことを続けないといけない。

この映画を観ていて思ったのは、その「信じる」ということだった。

口では簡単に「信じているよ」と言っても、ホントに些細なことでその信頼は簡単に吹き飛んでしまう。

その「信じる」ことの難しさ、重さを改めて考えさせられた作品だった。


怒り4

千葉・東京・沖縄…。それぞれの「信じる」と「疑い」


千葉では、父親が娘の恋人を疑っていた。

その疑いが娘に伝染し、娘は恋人を裏切り「殺人犯なのでは?」と疑ってしまう。

自分では「絶対に違う」と分かっていても、外野から言われると、「そうなのかもしれない」と思ってしまう心の弱さ。

その思いを察知したように恋人はその町からいなくなってしまう。


東京では、たまたまテレビを観た男は、恋人が殺人犯なのではと疑う。

警察からかかってきた電話を勘違いし、殺人犯だと確信してしまう。

そして、疑い始めた時から、恋人は行方をくらましてしまう。

本当は、恋人は彼を悲しませたくなかっただけなのだが、彼が疑い始めた直後にいなくなったのは、偶然だったのか。

もっと信頼し合えていたら、もう少し長く側にいられたのではないか。


沖縄では、まだ幼い高校生たちが辛い現実と向き合おうとして必死に生きていた。

そして、大人の友人である田中を信頼し、相談するが、その高校生の純粋で必死な思いを見事に踏みにじられてしまう。

そして、そのピュアな思いも、一瞬にして「怒り」へと変化していく…。


怒り3

「怒り」の出所はどこに…


しかし、この映画のタイトルは「信じる」ではなく、「怒り」だ。

私が本当に知りたかったのは、なぜ、彼は八王子で惨殺した時に「怒り」と大きな文字で書いたのか。

どんな些細なことでも、書きださないと気が済まない犯人の癖にしても、あの「怒り」という文字には、相当な思いが込められていたように思う。

でも、そのことに関しては、あっさりと「『殺してやる』という衝動」で片付けられてしまった。

私には、その「怒り」に関する描写が少し物足りなかった。

わざわざ沖縄へ行き、反米デモがあり、暴行を繰り返す米兵への不信感が募る中、様々な怒りが渦巻く「沖縄」をなぜ選んだのか。

その思いが、ここには反映されていないように思った。


怒り5

ピュアな沖縄を思いっきり汚す者たち


とはいえ、今でもどこかでひっそりと暮らす未解決事件の真犯人たちを思うとゾッとするし、こういう人たちが隣で平気な顔をして暮らしているかもしれないなと考えてしまう。

電車で隣合わせになるかもしれないし、どこかで会話をすることがあるかもしれない。

その部分の描写は興味深かったし、いろいろと考えながら観ていた。

しかしなぁ沖縄の海が異常にキレイだったんだよなぁ。

あのどこまで透き通る美しさと、泉と辰哉のピュアさ、そしてそれを思いっきり汚すレイプ犯と殺人犯。

その対比がとても印象的で、心に残る場面だった。

人を信頼するのというは、とても簡単なようで難しい。

その重さを知る映画だった。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「怒り」

怒り

新品価格
¥2,500から
(2018/7/24 01:14時点)



DVDで観る:「怒り」

怒り Blu-ray 豪華版

新品価格
¥5,672から
(2018/7/24 01:15時点)



原作本「怒り」(上)

怒り(上) (中公文庫)

新品価格
¥648から
(2016/10/6 16:17時点)



原作本「怒り」(下)

怒り(下) (中公文庫)

新品価格
¥648から
(2016/10/6 16:18時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


佐藤浩市主演、三谷幸喜脚本、演出の映画「ザ・マジックアワー」をWOWOWで観た。

マフィアのボスの愛人との仲ばバレてしまい、ボスから幻の殺し屋「デラ富樫」を探してこないと殺すと言われたショーレストランの支配人が、ボスをだますために、一大芝居をうつというお話。

満足度 評価】:★★★★☆

笑ったなぁ。爆笑に次ぐ爆笑の映画だった。

そして、その笑いの中に、映画に対する愛情がいっぱい詰まっていて、心が温まる映画だった。


出演佐藤浩市妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向文世、寺島進、戸田恵子、伊吹吾郎

監督三谷幸喜 2008年製作 日本映画

「ザ・マジックアワー」TVCM 動画





「ザ・マジックアワー」 スタンダード・エディションDVD

ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]

新品価格
¥1,713から
(2016/9/2 20:08時点)



「ザ・マジックアワー」 オリジナルサウンドトラック

ザ・マジックアワー オリジナルサウンドトラック

新品価格
¥4,000から
(2016/9/2 20:08時点)



あらすじ


小さな田舎町。ショーレストラン「赤い靴」の支配人、備後登(妻夫木聡)はボスの愛人マリ(深津絵里)との仲がマフィアのボス(西田敏行)にバレてしまう。

備後はボスから、「幻の暗殺者「デラ富樫」を連れて来ないと殺す」と言われてしまう。

デラ富樫とは友人だと嘘をついた備後は、デラ富樫の顔も分からない。

しかし、命の期限が迫っている。

そこで、売れない俳優の村田(佐藤浩市)に、「デラ富樫」という役名で村田が主役の映画を撮ると言ってだまし、町まで連れてくるのだが…。

ザ・マジックアワー


感想(ネタバレあり) 登場人物たちがおかしくて愛おしい


面白かったなぁ。笑ったわぁ。

今、ここにある現実は、映画なのか、それともリアルなのか。

そのギリギリの境目でウロウロしている人たちの姿をとても滑稽に描いている。

全ての登場人物たちの言動が面白すぎて爆笑だった。

「あなたが主役だ」と言われ、その気になってしまう売れない俳優の村田。

村田がデラ富樫だと言われてすぐに信じてしまうボス。

村田を怪しむボスの部下の黒川(寺島進)。

なんとかバレないように丸く収めようと思っているけど、先の展開を何も考えていない備後。

それぞれが真剣になればなる程、なんだかおかしく、それでいて愛おしい。


ザ・マジックアワー2

映画で描かれるリアルと、映画のようなリアル


そして、この映画には、三谷幸喜監督の映画への愛情がたっぷり詰まっている。

私たちは日頃、映画を観ていて、「これは現実ではないのか」と錯覚してしまうことがある。

リアリティを感じれば感じる程、私たちはそれを「良い映画」だと思う。

この映画では、俳優の村田が現実世界で起きていることを「これは映画だ」と錯覚してしまう。

映画の現場では、セットから背景、照明まで、全てにおいて現実をそのまま忠実に表現するため、村田がそう錯覚してしまうのも無理はない。

それは、小道具、大道具、照明、音響を始めとした、日の目を見ない裏方のスタッフたちの仕事があってこそ。

この映画では、そんな彼らを舞台裏からスポットライトの下に引きずり出し、光をあて、「この仕事ができるのはあなたしかいないんですよ」と語りかける。

裏方の人たちの努力があってこそ、映画の世界を現実と錯覚し、現実に起きていることを、映画のワンシーンだと錯覚する。

映画の中で登場人物たちが、「まるで映画のワンシーンみたいだったね!!」というセリフを口にする。

そう思えることこそが映画の素晴らしさであり、三谷幸喜の映画へのオマージュだったように思う。

私たちはいつも、「映画のワンシーンのような現実」を生きているのだ。


ザ・マジックアワー3

映画の素晴らしさは演技の善し悪しではなく、その心意気


そして、この映画の中で、私が最も心に残るセリフがある。

「映画は演技の善し悪しで決まるものではない。大切なのは作る側の心意気なんだよ」

それは、最後の大一番に向けて、売れない俳優村田が演技経験がなく不安そうにしている素人たちに言った一言だ。

それを制作する側が言ってしまうと、ちょっと言い訳にしか聞こえないが…。

でも、私にはその気持ちがすごく分かると思った。

私は昔から映画をたくさん観ていたが、若い頃は「下手な俳優は映画に出るな」と思っていた時期があった。

でも、最近は、そう思わなくなった。

俳優の演技がうまくても面白くない映画はあるし、逆に演技が下手でも面白い映画はたくさんある。

制作者側の思いがギッシリと詰まった映画は、人の心を打つし、そうじゃない映画は観ている人の心までは届かない。

監督、役者、スタッフがみんなで「良い映画を撮ろう」と思って作られた作品は、きっと誰かの心を打つ。

村田のセリフには、そんな思いが込められているんだろうと思った。

それは同時に、この映画には「たくさんのスタッフの思い」が込められているんですと言っているような気がした。



ザ・マジックアワー4

全ての景色が最も美しく見える瞬間「マジックアワー」


タイトルにある「マジックアワー」とは、映画で太陽が沈む寸前、全ての景色が美しく撮れる時間を指している言葉なんだとか。

この映画は、俳優たち、スタッフたち、全ての人々にとって「もっとも美しい瞬間」を写した映画だ。

マフィアのボスは全てを捨てて踊り子に恋をし、村田は主演俳優として有終の美を飾る。

そして、その脇役俳優のために小道具、大道具のスタッフ達が結集し、備後は映画監督として最高の仕事をする。

人生も映画と同じで、一生に一度は、最も美しい時である「マジックアワー」を迎える時がある。

私たちは、その時のために、日々を一生懸命に生きているのかもしれない。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「ザ・マジックアワー」 スタンダード・エディションDVD

ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]

新品価格
¥1,713から
(2016/9/2 20:08時点)



「ザ・マジックアワー」 オリジナルサウンドトラック

ザ・マジックアワー オリジナルサウンドトラック

新品価格
¥4,000から
(2016/9/2 20:08時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック