とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:悪魔



ローラ・リニー主演の映画「エミリー・ローズ」をWOWOWで観た。

悪魔に憑りつかれた大学生エミリー・ローズに悪魔祓いをした神父の実話を映画化。

満足度 評価】:★★★★☆

この映画が好きで、WOWOWでやっていたのを久しぶりに観た。

久しぶりに観てもやっぱり面白く、悪や悪魔についてじっくりと考えた作品だった。


「エミリー・ローズ」予告編 動画(日本語字幕なし)

(原題:THE EXORCISM OF EMILY ROSE)



DVDで観る:「エミリー・ローズ」 ノーカット版 DVD

エミリー・ローズ ノーカット版 [DVD]

新品価格
¥705から
(2016/9/11 00:42時点)



ネット配信で観る:Amazonプライム「エミリー・ローズ」 字幕版

エミリー・ローズ (字幕版)

新品価格
¥199から
(2017/7/4 11:20時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ローラ・リニー
…(「ハドソン川の奇跡」、「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」、「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」、「エミリー・ローズ」、「ボビー・フィッシャーを探して」、ドラマシリーズ「オザークへようこそ」など)

トム・ウィルキンソン
…(「否定と肯定」、「ゴーストライター」、「スノーデン」、「エミリー・ローズ」、「パーフェクト・プラン」、「フィクサー」、「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」、「グランド・ブダペスト・ホテル」など)

キャンベル・スコット
…(「リトル・ランナー」、「アメイジング・スパイダーマン」シリーズ)

〇ジェニファー・カーペンター

監督

スコット・デリクソン
…(「ドクター・ストレンジ」、「NY心霊捜査官」、「地球が静止する日」など)

2005年製作 アメリカ映画


あらすじ


弁護士のエリン・ブルナー(ローラ・リニー)は、「悪魔祓いをして少女エミリー・ローズ(ジェニファー・カーペンター)を死なせた神父は有罪か」という事件を担当することになった。

早速、依頼人であるムーア神父(トム・ウィルキンソン)に接見し、悪魔に憑りつかれたエミリーの話を聞くが俄に信じられない。

一方で、対する検事側では医者に証人尋問し、「エミリー・ローズは悪魔に憑りつかれたのではなく、神経系統の病気だ」という路線で優位な立場となっていた。

しかし、事件を担当してしばらくすると、エリンの周りでも不思議なことが起こり始め…。

エミリー・ローズ


感想(ネタバレあり)


実際にあった「悪魔祓い」を映画化


1970年代のドイツ。

悪魔に憑りつかれた女子大生に悪魔祓いをし、その後、彼女が亡くなってしまった事件が実際にあったという。

この映画は、その実話を元に作られている。

とはいえ、この映画は悪魔払いよりも、儀式を行った神父の裁判に焦点をあてたものである。

私は、この悪魔祓いとか、悪魔が出てくる映画にすごく興味があって、この映画を観るのも何度目か…。

しかも、この映画は「実話」というのが、さらに興味深い。

エミリー・ローズの話には、どう考えても理解できない。想像もつかないような出来事が続く。

でも、だからこそ、悪魔の仕業なのかと思わずにはいられない。

その、「悪魔はやっぱりいるのか…」と思えてしまうところが、この映画の面白さなんだと思う。

しかし、この映画の良いところは、その人々の興味をひく「悪魔祓い」を話のメインにするのではなく、あった出来事を1つずつ冷静に分析するために、「裁判」を通して物語を語っているところだ。

そのおかげで、この「悪魔祓い」に関して、多方面からの視点で考えることができた。

エミリー・ローズ2


誰よりも入りやすい体をしていたエミリー・ローズ


それでは、なぜ、エミリー・ローズは悪魔に憑りつかれてしまったのか。

この映画の中で、精神世界の専門家は「彼女は多感症だ」と言っていた。

その時、感受性が強いということなのかなと思った。

普通に日常生活を送っていても、他の人より多くの情報を受信してしまう人。

だから、普通の人よりも悪魔が入りやすい体質をしていたのか。

そして、さらにエミリー・ローズ本人は、マリア様に助けを求めた際に

「あなたの体に悪魔を憑依させることで、より多くの人たちに悪魔の存在を知らせることになる。

あなたはそういう運命なのです」と言われたと言っていた。

実際、彼女のその預言は的中し、東の果ての日本に住んでいる私たちも、彼女の存在を知ることとなった。

エミリー・ローズ3


ヨーロッパとアジアの共通点


なるほどなぁ。

アジアでいえば、巫女さんなどのような立場の人は、それこそ、誰よりも感受性の鋭い人たちだったはず。

エミリー・ローズは誰よりも入りやすい人で、人々に悪の存在を知らしめるために、神はその行いを黙認していた…。

そう思うと、なんだか、ゾゾゾゾと背筋が寒くなるお話なのだ…。

また、アジアとの共通点で考えると、エミリー・ローズや弁護士のエリン、神父たちを悪魔が訪ねてきた時間が午前3時ピッタリ。

それも、日本でいう丑三つ時の時間と一致している…。

これは偶然なのか、それとも、やはり、リアルにその時間に彼らは私たちを訪ねてくるのか…。

これもまた、ちょっとドキドキする瞬間だった。

エミリー・ローズ4


神父が釈放されても、気分は釈然としない…


結局、悪魔祓いを行った神父は、有罪判決を受けるが刑期満了で、その場で自由の身となっていた。

「悪魔との闘いを裁判所で審判することはできない」

と、控訴も行わなかったという。

その裏にあるのは、もっと大きな悪だ。ということなのか。

私は時々、人間の常識を遥かに超えた事件が起きた時(例えば連続殺人犯や、大量虐殺など)、それは、人間の姿を借りた悪魔の仕業なのでは…と考えることがある。

そう考えた方が心が楽になるからなのか、そう信じたいだけなのか…自分でも分からない。

しかし、エミリー・ローズが名乗った悪魔の1人は「ヒトラー」と名乗ったという。

それならば、彼らの存在がなくならないのであれば、常に悪魔は私たちの近くで悪事をはたらく機会を待っているということなのかもしれない。

と思うと、最後に神父が釈放されたとしても、気分はなんだか釈然としない…。

いつまでも、悪も、悪事も、悲しい出来事もなくならないものなのか…。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





DVDで観る:「エミリー・ローズ」 ノーカット版 DVD

エミリー・ローズ ノーカット版 [DVD]

新品価格
¥705から
(2016/9/11 00:42時点)



ネット配信で観る:Amazonプライム「エミリー・ローズ」 字幕版

エミリー・ローズ (字幕版)

新品価格
¥199から
(2017/7/4 11:20時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
フィンランド映画の「レア・エクスポーツ~囚われのサンタクロース」をWOWOWで見た。

「サンタクロース」は実は、恐ろしい生き物だった・・・??という、都市伝説的なSF映画。



満足度 評価】:★★★☆☆

ちょいちょいちりばめられたブラックユーモアと、「フィンランドってどんな国?」っていう好奇心を満たしてくれる映像が、ちょっと面白かった

「普段あまり出会えないような映画」を見たい人におススメの一本


「レア・エクスポーツ~囚われのサンタクロース」予告編 動画

(原題:RARE EXPORTS: A CHRISTMAS TALE)




「レア・エクスポーツ 囚われのサンタクロース」DVD

レア・エクスポーツ 囚われのサンタクロース [DVD]

新品価格
¥1,936から
(2015/7/30 16:36時点)






あらすじ


もうすぐクリスマスのフィンランドの田舎町。
トナカイ猟で生活している彼らの村に、外国から発掘チームがやってきて、毎日、発掘作業を行っていた
父と二人で暮らす少年ピエタリは、昔の本を読んで、「サンタクロースとは恐ろしい生き物」と信じており
その発掘作業も、サンタクロースを見つけて、掘り当てているんだと信じて疑わない
そして、村では、一年の生活の糧となるトナカイが大量に何者かに殺され、食われており、狼にやられたと思った村人たちは絶望的な気分になる。
しかし、それは、サンタクロースの仕業だった・・・??



レアエクスポーツ



感想(ネタバレあり)


サンタは実は悪魔だった!?都市伝説的な発想が面白い


サンタクロースと言えば、クリスマスのヒーローで、誰も悪く言う人はいない・・・と、思っていたけど、フィンランドでは、そうではないらしい・・・(笑)

『極悪サンタ』を氷で凍らせて、地下400mに埋めてしまった

まず、この発想が面白い。

その事実を知って、アメリカ人がサンタを発掘しにフィンランドの田舎にやってくるところから話は始まるけど、このアメリカ人、「発掘の手引き」なんてマニュアルまで作って(←これが非常に合理的でアメリカっぽい(笑))、発掘しに来て、何をしたかったんだろう・・・

もしや、サンタを大暴れさせて、ひと儲けしようと考えてたのかな。

世界中から、子供を無くしてしまいたかったのかな

そんなことを、いちいち考えるのが楽しい映画なのよね




ピエタリ親子の生活が気になる!


少年ピエタリと父ラウノの父子家庭にしても、気になることがいっぱい

ピエタリはいつも、毛皮の塊に名前を付けて、連れて歩いてる。これがすごい気になって

ピエタリは、その毛皮に向かって(名前をわすれちゃった)「待て!」とか言ってるの

それって、もしかして、昔飼っていた犬のはく製なのか??

切ないよなぁ・・・映画として、そこには一切触れず・・・(笑)

さらに、気になるのは、この一家の食事は、お父さんが焼いたクッキーのみ・・・

えぇーーークッキーだけってマジか!?(つд⊂)ゴシゴシ

この後、「サンタクロースを輸出する」という、金もうけの手段を見つけたから良かったものの、トナカイが獲れないと、この一家は飢え死にしてしまうところだったよ・・・

そんな感じで、細かいシーンの一つ一つに、ブラックユーモアがちりばめられてて、一個ずつ、ツッコミ入れながら見るのが、とても楽しい

レア・エクスポーツ




素っ裸でウロウロするじいさんが、実は妖精!?サンタはどこに??


ちょっと物足りないのは、肝心のサンタクロース(本物)

素っ裸でウロウロする妖精のじいさんたちのことではない(笑) ←その真相を知りたければ、この映画を見るしかない

ほんのちょっとしか出番が無くて、しかも氷で固められてて、よく分からなかったんだよねぇ~

あんな巨大な角が生えててさぁ。目がギロギロして怖かったし

是非とも、悪魔的サンタクロースの動いているその御姿を見たかった (´・ω・`)

ここでも、サンタの角を持って帰るラウノの「猟師的本能」が面白かった

やっぱり、狩りをしたら、記念品を持って帰らないと(笑)

しかし、妖精のじいさんたちは、サンタクロースがいないと何もできないっていうのは、困っちゃうよねぇ~(笑)

言われるがまま、なすがままなんだもん




景色は寒く、話はブラックだけど、メッセージは温かい


そんな感じで(?)、最初から最後までブラックユーモアが溢れるこの映画。

ただのコメディではない。

極悪サンタは、善人と悪人を仕分けて、悪人を消してしまう能力を持っている

しかし、この村の村人たちは、最後まで消されることはなく、結果、サンタによって村が潤うことになった

つまり、人間、真面目に生きてると、いつかはいいことあるよっていうメッセージが込められている

毎日、クッキーを食べて暮らしているフィンランドの田舎町の貧しさも衝撃的だけど、最後には、みんなが笑顔でゆとりある生活を送っているところを見ると、なんだかホッとして、心が温かくなった




ゆるめの映画ネタはこちら→「とにかく映画が好きなんです」【別館】

映画のコラムやイベントに参加した話、音楽やご飯ネタなども掲載しています。

この【本館】よりも、もっとユルッとした裏アカです。

こちらも、ぜひ。
 ↓





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

レア・エクスポーツ 囚われのサンタクロース [DVD]

新品価格
¥1,936から
(2015/7/30 16:36時点)

















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


WOWOWで見た予告編が面白そうだったから見てみた映画。

NYのブロンクスで、悪魔に取りつかれた男の話。実際にあった出来事が元になっているとのこと

アイ・フランケンシュタインの時にも感想で書いたけれども、悪魔と天使の話が昔からすごく好きで、この映画もそのタイプ

悪魔の恐ろしさを目の当たりにして、怖くて面白かった


「NY心霊捜査官」予告編 動画

(原題:Deliver Us from Evil




あらすじ


NYブロンクス地区の刑事 ラルフ・サーキ(エリック・バナ)は、動物園でライオンの檻に赤ちゃんを投げ捨てた母親と、夫からDVを受けている妻、地下室から変な物音が聞こえるという家という3つの事件を同時に捜査していた。

この一見、なんの関連も無いと思われた3つの事件を捜査していくうちに、3人の元海兵隊員が容疑者として浮かびあがってきた。

なぜ、彼らが容疑者として浮かび上がってきたのか、そしてその目的は・・・


感想(ネタバレあり) とにかく悪魔が出てくる話が好きで・・・


以前、アイ・フランケンシュタインを見た時の感想でも、書いたけれども、私は、悪魔と天使が対決する話が大好きで、悪魔が登場するこの話も、実際にあった出来事が元になっていると言われて、「ホントかなぁ~??」と疑いつつ、得体の知れないものに対する恐怖とか、怖いもの見たさから、結局、怖がりつつ、楽しみながら観ちゃった

NY心霊捜査官



母親が赤ん坊をライオンの檻に投げ捨てたり、悪魔に憑りつかれた男がライオンに話しかけたり、壁をひたすら爪でひっかいたり、普通の人には聞こえない音を出したりとか、奇妙なことの数々、これらが、異常で薄気味悪いんだけど、本当にこれって実話だったのかなぁ・・・

中でも、一番面白かったのは、警察の取り調べ室での「悪魔祓い」

悪魔に憑りつかれてしまった犯人が、サーキ捜査官と神父によって悪魔祓いされるシーンがすごく怖くて、でも、すごく興味がそそられて面白かった


監督が悪魔好き!?


話の展開が、とってもエクソシストに似てるなぁ~と思いながら見ていたら、なるほど、この映画の監督が、エクソシストの実話を映画化した「エミリーローズ」の監督スコット・デリクソンだった

そもそも、監督が悪魔の話が好きな人だったんだね。

それも、フィクションの中の悪魔ではなく、ノンフィクションとしての悪魔

いや~、もしかしたら、すごく近くに悪魔がいるかもしれないと思うとすごく怖いよね
悪魔ものが好きな人にはお勧めするけど、そうでない人には、おススメできない一本


↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

NY心霊捜査官 [DVD]

新品価格
¥927から
(2015/7/21 01:40時点)



NY心霊捜査官 [Blu-ray]

新品価格
¥1,432から
(2015/7/21 01:41時点)



◆原作本

エクソシスト・コップ―NY心霊事件ファイル

中古価格
¥4,039から
(2015/7/21 01:41時点)



↓ WOWOW_新規申込 はこちらから






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


天使と悪魔が互いの存亡をかけた戦争をするさ中、神に生き続けることを許され、天使に守られ、悪魔に追われる「フランケンシュタイン」のお話

こういうお話好きなんだなぁ~ 天使 vs 悪魔とか、魔界とかのダークファンタジー

WOWOWで放映されて、初めてこの作品を知って、速攻見た

楽しかったなぁ~

「アイ・フランケンシュタイン」予告編 動画

(原題: I, Frankenstein




あらすじ


200年前、人間によって作られた「フランケンシュタイン」が、悪魔に連れ去れる寸前に天使に助けられた後、誰もいない極北の地で生き延びていた

それから、200年が経った現代、フランケンシュタインは、人間の前に姿を現す

人間の世界では、200年前と同じく天使と悪魔が存亡をかけて戦争を行っていた

フランケンシュタインが姿を現したことを察知した悪魔は、フランケンシュタインを追うが、

またしても、天使たちに助けられ、フランケンシュタインはしばらく天使たちのアジトに身を隠すことに

なぜ、悪魔たちはフランケンシュタインを追うのか、その謎を天使が追い求める・・・


感想(ネタバレあり) とにかく 天使 vs悪魔が好きで


好きだなぁこういう話

フランケンシュタインっていう題材そのものも、すごく寂しくて悲しい感じがして好きな上に、

さらに、天使と悪魔が入ってきたっていう

ありがとうございます。私の好みの映画にしてくれて


まず、何より  天使 vs 悪魔って構図が大好き

昔、キアヌ・リーブスの映画で 「コンスタンティン」って映画があったんだけど


コンスタンティン [DVD]

新品価格
¥1,399から
(2015/7/8 00:29時点)



これも 天使 vs 悪魔の戦いで好きな映画なんだよね

この時のキアヌは、天使に雇われた悪魔退治の人間だったんだけど、今回のフランケンシュタインは、この天使 vs 悪魔の戦争に革命をもたらすかもしれない人造人間で、やや天使寄りではあっても、完全に天使の味方ではない


フランケンシュタインに魂が宿る理由


では、なぜ、天使の味方にはなれないのか

天使と言ったら、光り輝いて、なんでも許してくれそうなイメージだけど

この映画に出てくる天使たちは、すごく人間臭い

この天使たちは、フランケンシュタインを胡散臭い邪悪なものだと思い続け、隙あらば殺してしまいたいと思ってる

天使がだよ

フランケンシュタイン本人も天使たちに、いつ殺されるかわかないと感じてる

そうなると、フランケンシュタインにとっては、天使も悪魔も同じようなもので

そこで、フランケンシュタインにとって、一番信頼できる相手として浮上するのが、人間なんですね~

本当だったら、自分を作って捨てた人間が一番憎いはず

ところが、フランケンシュタインの生い立ちや、考えを一番理解しようとしたのが人間だった

その人間との心の触れ合いで、信頼と正義が生まれ、フランケンシュタインに魂が生まれる

この少しずつ、感情に目覚めていくフランケンシュタインがドキドキさせて素敵なんだなぁ

天使が天使のようでなく、かと言って、悪にもなれず、人間に感情を学ぶという ベタではあるけど、この話の展開が好き

アイフランケンシュタイン

かっこよくてキレのいいフランケンシュタインを作り出した アーロン・エッカート


監督はスチュアート・ビーティ

今まで、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの脚本を担当

今まで監督した作品で、この作品が初めての日本公開

これからの監督さんなんだねぇ。今後が楽しみ

フランケンシュタインを演じるのは、アーロン・エッカート

フランケンシュタインのイメージが全くない俳優さんだったので、ちょと心配だったんだけど

この新生フランケンシュタインにはピッタリだったなぁ

かっこよくて、キレのいいアクションするフランケンシュタインって今までいなかったよね。

アーロン・エッカートの他の出演作には「ビニー/信じる男」など


この映画の好き嫌いは、すごく趣味によると思うんだけど、先程のコンスタンティンとか、アンダーワールドとか、ダーク系の作品が好きな人には、とてもおススメ

今までとは違う、かっこいいフランケンシュタインに出会える


↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

アイ・フランケンシュタイン [DVD]

新品価格
¥2,660から
(2015/7/10 00:49時点)






↓ WOWOW_新規申込 はこちら






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック