とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:時代劇



池松壮亮 主演、塚本晋也 監督の映画「斬、」を映画館で観た。

江戸時代末期の小さな村を舞台に「人を斬ること」について葛藤する武士の姿が描かれる。


映画「斬、」



満足度 評価】:★★★★☆

「やられたらやり返せ」という考えから生まれる報復の連鎖。

「平和を守るために」という大義の元で行使された武力がもたらしたのは破滅と狂気だったという皮肉。

これまでの時代劇は人を斬ることを軽く考えすぎていたのではと感じてしまう作品。


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『斬、』予告編 動画




更新履歴・公開、販売情報

・2018年12月8日 映画館にて鑑賞。

・2018年12月20日 感想を掲載。

・2020年1月19日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

詳しい作品情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓
映画『斬、』オフィシャルサイト




キャスト&スタッフ


出演者

池松壮亮
…(「万引き家族」、「紙の月」、「ぼくたちの家族」など)


…(「悪と仮面のルール」など)

〇前田隆成


監督・製作・脚本・撮影


塚本晋也
…(<出演作>「沈黙-サイレンス-」、「シン・ゴジラ」など)



2018年製作 日本映画




あらすじ


江戸時代末期の小さな村。

そこで暮らす浪人の都築杢之進(池松壮亮)は、改革が進む江戸を目指しながら、隣人の農家の娘・ゆう(蒼井優)や、その弟の市助(前田隆成)と共に平和な日々を暮らしていた。

ある日、その村に武士の澤村次郎左衛門(塚本晋也)が訪れ、杢之進と市助に「一緒に江戸へ行って改革の手助けをしてくれないか」と声をかける。

その話を快く受けいていた杢之進だったが、ちょうどその時、ならず者たちがその村に居座っていて…。



映画「斬、」


感想(ネタばれあり)


きっかけは、ちょっとした小競り合い


きっかけは、小さな小競り合いだった。

農家の息子・市助が、ならず者たちにバカにされたため、奴らに向かって行ったら顔が赤く腫れるほど殴り返されたという事件が起きる。



そのことに怒ったのは、姉のゆうだった。

ゆうは杢之進に「弟をこんな目に遭わされて黙ってられない。なんとかしてくれ」と言ってけしかける。

しかし、杢之進は「あの人たちの根は悪くない。こっちから手を出したんだし、放っておきましょう」と言って、彼女をいさめる。



杢之進は、平和的解決を望んだのだ。

そこで逆上したら、ますます話は大きくなってしまうと思ったからだ。



しかし、たまたまその時、そこに滞在していた武士の次郎左衛門が「2~3人斬ってきました。これで奴らも手出しはしないでしょう」と言ったのだ。

それこそが、最も杢之進が恐れていたことだった。

その次郎左衛門による報復攻撃が、さらなる報復を呼び、ゆうの一家はゆうを除く全員が殺されてしまうのだ。



ここで描かれているのは「戦争の始まり」だ。

我が国の国民がテロの犠牲になったから、テロリストを支援している国に報復をする。

それは、いかにも「正義のため」に聞こえるが、果たして、暴力に対して暴力で返すことが本当の正義なのか



この映画では、その「正義」という大義の元で行使された暴力が本当に平和を招くのかどうかが描かれている。



映画「斬、」



暴力に暴力で返した結果に起きた報復の連鎖


武士の次郎左衛門が暴力による報復を行った結果、何が起きたのかというと、暴力の連鎖だ。

家族を殺されたゆうは「家族を殺された復讐に、あいつらを殺してください」と言って杢之進をけしかける。



しかし、杢之進は、これまで真面目に稽古を重ね、技術的には申し分のない武士なのだが、それまで人を斬ったことがなかったのだ。

彼は「人を斬ることができない」という致命的な欠点のある武士なのだ。

そのため、大切な家族を殺され「彼らを殺した人間に裁きをくださなければ」という思いはあるものの、それを実行することができない



そうして悩んで葛藤している間に事態はますます悪化してしまう。

愛するゆうが、彼の目の前でレイプされてしまうのだ。

それでも、杢之進は彼女をレイプしている男を斬ることができないのだ。



これはまさに戦場の残酷さを表している



軍人でも、ゲリラでもない無実の人々が、たとえば「人種が違うから」とか「信仰している宗教が違うから」という理由で殺されてしまう。

その上、そこで暮らす女性たちはレイプされ、その村に地獄のような光景が広がる。



杢之進が人を斬ることができず、葛藤している間に、次郎左衛門はならず者たちを一人残らず斬ってしまう。

そうして、次郎左衛門は精神的に杢之進を追い詰めていくのだ。



映画「斬、」



報復の連鎖が生み出したのは、破滅と狂気だった


では、次郎左衛門がならず者たちを一掃した結果、その村に平和が戻ってきたのだろうか

そうではない。

その村に残ったのは、レイプされ、何もかもどうでもよくなってしまったゆうと、人を斬ることができない自分に愕然とし、やがて狂気に満たされた杢之進だけなのだ。



あとは血に染まった家と、村中にころがっている死体だけだ。

これが「報復」がもたらした「平和」の姿なのだ。



それは「テロ支援国家」とされたアフガニスタンやイラクに対して、アメリカが報復攻撃をした後、それらの国々に平和が訪れたのかといえば、そうではなく、むしろ、秩序が乱され、混乱の時代がやってきたことに似ている。



アメリカから往復攻撃を受け、多国籍軍を敵とみなして戦い、そうすることで人を殺すことに慣れてしまった人々は、何のためらいもなく人を殺すようになり、新たなテロリストとなって、その怒りをアメリカへと向ける。

それが、「報復の連鎖」が生み出した結果なのだ。



映画「斬、」



正義のための暴力など、どこにもない


そして、この映画は「人を斬ることができない武士は、本当に意気地なしなのか」と観客に問いかけている。



ならず者が村にやってきたとき、杢之進が真っ先にしたことは、「彼らと対話をすること」だった。

そうして「彼らは見た目は怖いけど、そっとしておけば何も悪いことはしない」と、お互いに共存するための話をつけていたのだ。

それは友好条約のようなものだ。



ところが、その友好条約を次郎左衛門が「正義のために」破ってしまったために、村は破滅と狂気の世界へと向かってしまったのだ。

そのどこに正義があるのか。



それは、家柄や、武士としての見栄を守るためのエゴからくる愚かな行為でしかない。



これまで、私たちは時代劇で「お侍さんが、ならず者から弱い村人を守ってくれる時代劇」を当たり前のように観ていた

しかし、本当にその思考は正しいのかと、この映画は問いかけているのだ。



そろそろ思考を変えて「暴力は何も生み出さない」ことが本当の正義だと訴える時代がやってきたのだ。

これは、塚本晋也監督による反戦映画なのだ。



全てを観終わった後、ズシリと私に重くのしかかってきた。

これまでの常識は、これからの時代の非常識になる

どんなことがあっても、暴力で報復しても平和な世の中はやってこない。

その思いに、私もすごく共感した作品だった。




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~



Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~








↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



Amazonプライムで観る:「斬、」

斬、

新品価格
¥400から
(2020/1/19 18:07時点)



DVDで見る:「斬、」

【Amazon.co.jp限定】斬、(非売品プレス付き) [Blu-ray]

新品価格
¥4,434から
(2020/1/19 18:08時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


役所広司岡田准一主演の映画「蜩ノ記」をWOWOWで観た。

ある罪に問われ、10年の幽閉の後、切腹を言い渡された武士と、彼を監視するために使わされた若い武士の心の交流を描く。

満足度 評価】:★★★☆☆

主人公である戸田の潔い人生の美しさは分からなくもないけど、私にはどうにもその選択が素晴らしいと思えず、受け入れることができなかった。

そのため、ちょっと退屈した映画だった。


出演役所広司岡田准一、堀北真希、原田美枝子、寺島しのぶ、青木崇高、井川比佐志、串田和美

監督:小泉尭史 2013年製作 日本映画

「蜩ノ記」予告編 動画





「蜩ノ記(ひぐらしのき)」 DVD(特典DVD付き2枚組)

蜩ノ記(ひぐらしのき) DVD(特典DVD付き2枚組)

新品価格
¥3,691から
(2016/8/29 16:31時点)



原作本「蜩ノ記」

蜩ノ記 (祥伝社文庫)



あらすじ


武士の戸田(役所広司)は、江戸で側室(寺島しのぶ)と密通し、彼らの関係をを知ってしまった武士たちを切りつけ殺したという罪に問われ、10年間の幽閉の後、切腹を言い渡された

その10年の間に彼に与えられた使命は、藩の歴史を書物として残すことだった。

また、城内で友人との口げんかが取っ組み合いに発展し、相手を切りつけてしまった檀野(岡田准一)は、その罰として戸田の監視役を言い渡される。

戸田が幽閉を言いつけられてから7年。

檀野が戸田の監視についた時、戸田の切腹まで残された年月はあと3年だった。


蜩ノ記

感想(ネタバレあり) 前半はサスペンスのような気持ちで…


たとえそれが不条理なことであっても、自分の身の周りに起きていることの全てを受け入れ、文句の一つも言わず潔く美しく生きていくこと。

それが、この映画を観て感じたことだった。

主人公の武士、戸田は身に覚えのない罪に問われ、10年の幽閉の後、切腹をすると言い渡される。

それから7年。

城内で友人を切りつけてしまった武士の檀野は、その罰として戸田の監視役に任命される。

檀野は戸田について「側室と密通していた戸田」であり、「藩の歴史書を編纂中」という情報しか与えられていなかった。

初めのうちは、私も檀野と同じように、その戸田っていうのは、いったいどんな人なんだ??

いろいろ推察しつつ、少々サスペンス的な感じを持ちながら、この映画を観ていた。

蜩ノ記4

不条理な事実も潔く全てを受け入れる生き方…


そして、映画の中盤でその全貌が明らかになる。

戸田は側室と密通どころか、彼女の命を守ったのだが、それが跡目争いの大きな渦に巻きこまれる原因となり、戸田は政治的な圧力で犯罪者に仕立て上げられてしまった。

実は、その側室は戸田家の家臣の娘であり、戸田にとっては幼なじみでもあった。

そのために、戸田は側室の命を守るためにも、何も言わずに、残り10年の命を受け入れることとなった。

んーーー。これが、私にはどうにも受け入れられることができなかったことだった。

私なら、もっともっと泥臭く、全てを失っても自由を獲得したいと思う。

そんな時代じゃないと言われればそれまでだけど、他人のために自分の命を捧げることが美しい生き方だとは私には思えない。

蜩ノ記2

残された命を一日も無駄にしないように


夏の終わりに鳴く蜩(ヒグラシ)。

「夏が終わり秋が来るのを惜しむかのように鳴く」

その蜩に思いを寄せるかのように、戸田が書き続けていた日記が蜩ノ記だ。

残された命を一日でも無駄にしないように、季節の移り変わりから、日々起きた些細なことまで記していた。

そして、そんな戸田から「武士としての生き方」を学んだ檀野は

「侍として正直な一生を生きて行きたい」と言う。

「正直な」と思うなら、尚更、戸田の無実を証明できなかったのか…と思ってしまう。

その、どうにもならない理不尽な結末が、この映画を退屈だと思ってしまった原因だった。


蜩ノ記3

私は、這いつくばってでも「生」に執着して生きていきたい


江戸時代、農作物の不作が続く中、武士は農民から搾取し、商人は、なんとか殿様に取り入ろうと裏から手を回す。

戸田は、そんな時代を変えたいと思った人物だった。

その意志は、檀野や息子の郁太郎に受け継がせることができたと思ったのだろうか。

潔く、この世を去っていった。

んーーー。それでも、私は地べたを這いつくばってでも生きていきたい人間で、

戸田も、もっとこの不条理な世の中を嘆いたり、「生」に対する執着心があっても良かったと思う。

そしたら、もっと戸田を理解できたし、好感が持てたように思う。

でもな、そんな生き方はこの「侍の美学」からはずれてしまうから、ダメなのかな…。

んーーー。私には、どうにも受け入れられない美学だった。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「蜩ノ記(ひぐらしのき)」 DVD(特典DVD付き2枚組)

蜩ノ記(ひぐらしのき) DVD(特典DVD付き2枚組)

新品価格
¥3,691から
(2016/8/29 16:31時点)



原作本「蜩ノ記」

蜩ノ記 (祥伝社文庫)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
韓国映画 に参加中!
ハン・ソッキュ、コ・ス、パク・シネ共演の韓国映画「尚衣院-サンイウォン-」の予告編を観た。

韓国王室の衣装の制作をする部署、尚衣院(サンイウォン)を舞台に新旧デザイナーが対立するというお話。

予告編を再生した瞬間に、金の糸で刺しゅうする手のドアップが出てくるんだけど、その瞬間に「見たい!!」と思った。

なんだか、ただ静かに刺しゅうをしているだけのシーンが美しくてドキドキしてしまった。

「尚衣院-サンイウォン-」予告編 動画

(原題:상의원/The Royal Tailor.)



ネット配信で観る:「尚衣院 ーサンイウォンー」(字幕版)

尚衣院 -サンイウォン-(字幕版)

新品価格
¥400から
(2018/10/15 22:02時点)



DVDで観る:「尚衣院ーサンイウォンー」

尚衣院-サンイウォン- デラックス版 [DVD]

新品価格
¥3,836から
(2018/10/15 22:02時点)


お久しぶりのハン・ソッキュが若手と対立するベテラン職人を演じる


予告編で観たところで分かったのは、尚衣院でベテラン職人のハン・ソッキュと、天才肌新人のコ・スが、パク・シネ演じる王妃の衣装を作ることになって、対立するらしいこと。

どうも、コ・スとパク・シネの間には、許されない恋が芽生えてそうなこと。

観た感じでは、それだけが分かった。

まぁ、まぁ、なんと言っても、私にはお久しぶりのハン・ソッキュ先生。

「シュリ」「8月のクリスマス」以来、どうにも、作品に恵まれていない感があるので、ここらでベテランの腕を見せて欲しいところ。

観たことない人は是非!「シュリ」DVD

シュリ [DVD]

新品価格
¥5,400から
(2015/10/30 00:44時点)



こちらもおススメ「八月のクリスマス」

八月のクリスマス [DVD]

新品価格
¥5,980から
(2015/10/30 00:47時点)



なんと言っても、同じ頃に出てきたソン・ガンホは、韓国では誰もが認める大俳優になってしまっているんだから。

そろろそ良いところが見たいよねぇ。

サンイウォン

コ・スとパク・シネの切ない恋に期待


しかし!恐らく、多くの人は、コ・ス(「ファイアーブラスト」)とパク・シネ(「七番房の奇跡」)の許されない恋が観たくて、この映画を観るに違いない・・・(笑)

衣装デザイナーさんていうのは、対象の人の身体を隅から隅まで知らなければいけない職業だから、密着度もハンパないと思われ・・・、ドキドキするに違いない・・・。

そして、そして、予告編を観た限りでは、コ・スがめっちゃ笑顔だった。

あんな天真爛漫なコ・スは初めてかもっていうぐらいの笑顔だった。

きっと、今までのコ・スとは違った新しいコ・スを観られるんじゃないかと。

それに、コ・スが時代劇っていうのも、珍しいよね。

そして、相手がパク・シネちゃんですよ。

七番房の奇跡」では、かなり号泣させてもらいました。

現在、WOWOWで放送中の韓国ドラマ「ピノキオ」でも、毎週号泣してるし、今回も、泣かせる切ない演技するんじゃないかと・・・。

サンイウォン2

尚衣院(サンイウォン)という部署とは・・・


そして、映画では、韓国王朝で、衣装の制作・管理をつかさどるという尚衣院(サンイウォン)を舞台にするのも珍しいよね。

私は、この部署のこと、この映画で初めて知ったわ。

冒頭にも書いたけど、この映画を観たい!と思ったきっかけは、刺しゅうをする職人の手のアップだったので、この尚衣院(サンイウォン)の人たちが、どんなお仕事をしているのかも、すごく楽しみ。







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村









↓ 古本、CD、DVD、ゲーム買取のもったいない本舗




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック