とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:歴史



イ・ビョンホン主演の韓国映画「天命の城」を映画館で観た。

1636年。清に攻め入られた朝鮮王朝が47日間、南漢山城に立てこもったという「丙子の役」を元に映画化したアクション時代劇。


満足度 評価】:★★★★☆

国が危機的状況にある時、国民を率いるリーダーのあるべき姿とは。

民が飢え、凍えていることも知らず、自分は敵から攻め入られることに怯え、山の上の要塞に閉じこもる王を持った民の不幸。

坂本龍一の美しい音楽が民の悲しみを引き立てる。



目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「天命の城」予告編 動画

(原題:남한산성)




更新履歴・販売情報


・2018年6月27日 映画館にて鑑賞。

・2018年8月8日 感想を掲載。

・2019年5月17日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

現在、ネット配信、DVD、共に販売中。作品の詳細は下記公式サイトをご参照ください。
 ↓



ネット配信で観る:「天命の城」(字幕版)

天命の城(字幕版)

新品価格
¥399から
(2019/5/17 00:49時点)



DVDで観る:「天命の城」

天命の城 [Blu-ray]

新品価格
¥3,898から
(2019/5/17 00:51時点)



坂本龍一「天命の城」オリジナル・サウンドトラック

「天命の城」オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥1,800から
(2018/8/8 15:59時点)




キャスト&スタッフ


出演者







監督

ファン・ドンヒョク
…(「怪しい彼女」など)



映画「天命の城」



あらすじ


1636年の冬。清に攻め入られ、降伏を求められた朝鮮王朝は山の上にある城 南漢山城に立てこもる。

朝鮮王朝としては、既に同盟関係にあった明に義理立てをし、清と和睦することを避けていたのだが、あまりの寒さに国民は飢えと寒さに苦しめられ、このままでは清に征服されてしまう。

そこで王(パク・ヘイル)は、2人の忠臣チェ・ミョンギル(イ・ビョンホン)と、キム・サンホン(キム・ユンソク)に意見を求めるが、ミョンギルは清との平和的解決を提案し、サンホンは最後まで戦い抜くことを提案し、2人の意見は真っ二つに分かれ、王は「どうすべきか…」と悩み、時間がだけが過ぎていってしまう…。



映画「天命の城」イ・ビョンホン



感想


この映画の感想は、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものを紹介します。


天命の城 (2017)


★★★★ [80点]「危機的状況で王が守るべきものとは」


面白かった!

役者の演技にグイグイと引き込まれて見入ってしまった。



1636年。朝鮮王朝は、清に攻め入られたため、47日間、南漢山城に立てこもったという「丙子の役」を元に映画化。

李王朝の王様を
パク・ヘイルが、彼に進言する部下をイ・ビョンホンと、キム・ユンソクが演じている。

ここで描かれるのは、国が危機的状況にある時、君主はどのように振る舞うべきかという「リーダーのあり方」について



真冬の凍えるような寒さの中、兵糧攻めにあった王と家臣たちは、何か行動を起こさないと全滅してしまうという状況に追い込まれてしまう。

そこで、王は2人の信頼する部下に「どう行動すればいいか」を訪ねる。



すると、イ・ビョンホンは「多少の犠牲を払っても、民の命を守るべき」と答え、キム・ユンソクは「清の要求に応えるのは、屈服すること。絶対にしてはなりません」という。

そもそも王は、息子と自分が助かることを優先し民のことを後回しにしたため、自分の進むべき道が見えず、家臣にその方向を決めさせることになる。



この話は、現代にも通じる話だと思った。

民の命よりも自分の命を心配するようなリーダーがいて、そのリーダーに支える政権が国民よりも国の名誉や威厳を尊重する国では、国民はただただ不幸になるだけである。

民が凍えているのも知らず、馬が飢えれば、それが真冬であるにもかかわらず「草を与えれば良い」と言ってしまい、自分は山頂の要塞に閉じこもっているだけの王には、そもそも王になる資格などないのだ。



むしろ、敵が攻め入ってきたら自ら盾になって国民の命を守ってこそ、国王のあるべき姿のはずなのに…。



音楽は坂本龍一。

レヴェナント:蘇りし者」を思い起こさせる心に寄り添う音楽が印象的だった。

これは、音楽に泣かされる映画だと思った。


Posted by pharmacy_toe on 2018/06/29 with ぴあ映画生活






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





ネット配信で観る:「天命の城」(字幕版)

天命の城(字幕版)

新品価格
¥399から
(2019/5/17 00:49時点)



DVDで観る:「天命の城」

天命の城 [Blu-ray]

新品価格
¥3,898から
(2019/5/17 00:51時点)



坂本龍一「天命の城」オリジナル・サウンドトラック

「天命の城」オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥1,800から
(2018/8/8 15:59時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
今日観た映画 に参加中!
オーランド・ブルーム主演の映画「キングダム・オブ・ヘブン」をWOWOWで観た。

聖地エルサレムを巡るキリスト教十字軍とイスラム教徒との宗教戦争を描く。

パリで同時多発テロが起きた翌日に、なんとなくHDDに撮れていた映画を見始めたら、キリスト教とイスラム教の聖戦だったことに何か運命のようなものを感じて、これは観なければいけないという気分で最後まで観続けた。

人は、千年も前から同じことを繰り返し、未だに和平なんか夢のまた夢で、新たな戦争が起きようとしていることを思うと、なんだか愕然としてしまった。

「キングダム・オブ・ヘブン」予告編 動画

(原題:KINGDOM OF HEAVEN)




ネット配信で観る:「キングダム・オブ・ヘブン」(字幕版)

キングダム・オブ・ヘブン (字幕版)

新品価格
¥199から
(2018/8/6 15:03時点)



DVDで観る:「キングダム・オブ・ヘブン」

キングダム・オブ・ヘブン(ディレクターズ・カット) [Blu-ray]

新品価格
¥1,000から
(2015/11/15 17:05時点)



「キングダム・オブ・ヘブン」公式ガイド

キングダム・オブ・ヘブン 公式完全ガイド

中古価格
¥180から
(2015/11/15 17:06時点)



「キングダム・オブ・ヘブン」サウンドトラック

「キングダム・オブ・ヘブン」オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥75,654から
(2015/11/15 17:08時点)



キャスト&スタッフ


出演者

オーランド・ブルーム
…(「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」、「ケープタウン」、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ、「ホビット」シリーズなど)








監督



2005年製作 アメリカ映画


あらすじ


十字軍の騎士ゴッドフリー(リーアム・ニーソン)は、生まれてから会ったことがない息子バリアン(オーランド・ブルーム)に会い、「キリスト教とイスラム教が共存する天国の王国」を目指し、共にエルサレムへ向かう。

しかし、道の途中で同じキリスト教の対立勢力に襲われ、ゴッドフリーは命を落としてしまう。

しかし、ゴッドフリーの希望である「天国の王国」を目指し、バリアンはエルサレムへと向かう・・・。



キングダム・オブ・ヘブン



感想(ネタバレあり)


夢の聖地を作る戦いではなく、単に富と領土を奪い合う戦いへと変貌していく・・・


あぁぁぁぁぁぁぁ。残念なことに、人間は1,000年前から何も変わっていないことが分かってしまった。

本来、宗教とは弱気を助け、悪しきを挫くものであったはずなのに、その頃から、戦争の言い訳として使われるようになってしまった。

彼らの起こす戦争は、聖地のためでなく、人々を守るものでもなく、富と領土を守るためのものだった。

その空しさに気付いたバリアンは、多くの民を救うために、エルサレムを解放する。

彼のその判断は、多くの民から感謝されることになる。



キングダム・オブ・ヘブン2



多くの血を流してまで守らなければならないものなど無い


私も、この映画の終わり方に大賛成だと思った。

多くの血を流してまで、守らなければならない聖地っていうのは、一体なんなんだろう。

元々、そこを統治していたエルサレム王(仮面の男)(エドワード・ノートン)が目指していたのは、キリスト教とイスラム教の共存だった。

もしも、共存できず、多くの血を流すことになるのであれば、そこまでしてそこにいる必要は無い。

世界中、どこにいても祈りを捧げることはできるのだから。

それよりも、バリアンは善行をなす(この場合は、無実の人を助けること)ことが、最善だと考えた。

人の命をかけてまで、守り抜かなければならない信仰心なんて、そこには神はいないと私は思う。



キングダム・オブ・ヘブン3



イスラム教 = 悪 としない描き方に好感


それに、私は、この映画がイスラム教徒を悪として描かなかったことが、気持ち良く見られた要因の一つだったと思った。

エルサレム王に仕えたバリアンが、とても優秀な騎士だったように、イスラム教徒の中にも、紳士だった騎士もいて、頭の良いリーダーもいて、敵に慈悲をかけることもできる。

それは、今の時代にも言えることで、全てのイスラム教=悪と考えるのは、ますます関係を悪化させるだけだと考える。

時には互いのリーダーが、この映画のラストのように白旗を振って相手の要求は何かを聞くことが、最善の道につながることもあるのではないか。

もちろん、相手はテロリストではなく、もっと上にいる指導者レベルの話で。

結局、この映画が描かれた約1,000年前の状況と、今の状況では、大して進歩していないんだから。



キングダム・オブ・ヘブン4



名だたる俳優たちの中、主役を演じたのは大作初主演のオーランド・ブルーム


騎士バリアンを演じるのは、オーランド・ブルーム

父、ゴッドフリーの血をひき、最後までエルサレムで弱き民を守り続けた騎士を演じた。

なんだか、オーランド・ブルームが出てくると、弓をひくイメージがチラついちゃうのは、なんだか気の毒だけど(笑)、今回はとても男らしい棋士を堂々と演じていて良かった。

彼以外にも、有名な俳優がたくさん出ていて気の休まる時がなかった映画だったんだけど、私は、その中でも、リーアム・ニーソンが出番が少ないながらも、一番印象的だったなぁ~。

バリアンの父でありながら、彼が大人になるまで名乗らなかったことを詫び、攻撃に遭えば、命尽きるまで部下と息子を守り続けた、懐の深い騎士ゴッドフリーが素敵だった。



キングダム・オブ・ヘブン5



一日も早い和平実現を


私には、これといって信仰している宗教もないし、困った時の神頼みしかしないような不心得者なので、この映画の心情的な部分を理解できていないところも多々あるかもしれない。

私もこの地球に住む人間の一人であり、無実の人の命を奪うような、無差別テロは一日も早く無くなって欲しいと心から願っている。

少なくとも、神のために無実の人も殺していいと言っている宗教なんてあるはずがない。

この映画の中で騎士ゴッドフリーと、エルサレム王が心から望んでいた、キリスト教徒とイスラム教徒が共存する「キングダム・オブ・ヘブン(天国の王国)」が、一日も早く聖地にできることを心から願う。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「キングダム・オブ・ヘブン」DVD

キングダム・オブ・ヘブン(ディレクターズ・カット) [Blu-ray]

新品価格
¥1,000から
(2015/11/15 17:05時点)



「キングダム・オブ・ヘブン」公式ガイド

キングダム・オブ・ヘブン 公式完全ガイド

中古価格
¥180から
(2015/11/15 17:06時点)



「キングダム・オブ・ヘブン」サウンドトラック

「キングダム・オブ・ヘブン」オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥75,654から
(2015/11/15 17:08時点)














買取ならもったいない本舗



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
韓国映画 に参加中!
ヒョンビン主演、韓国映画「王の涙 イ・サンの決断」をWOWOWで観た。

朝鮮李王朝第22代国王、イ・サンの暗殺計画が行われた24時間を描く。



満足度 評価】:★★★★☆

米櫃に入れられて殺された思悼世子(さどせじゃ)と、その息子イ・サンの話は、韓国の歴史ドラマの中でよく出てくる話であり、今回映画化されたイ・サンもテレビドラマで見て知っていたので、その「韓国人なら誰もが知っている人」をどう描くのかに興味があって観てみた。

面白かったなぁ。

特に、イ・サンの周りに取り巻く人たちの描き方がとても面白く、美しい映像もこの映画の見どころの一つだと思う。

「王の涙 イ・サンの決断」予告編 動画

(原題:역린(逆鱗))




「王の涙 イ・サンの決断」DVD

王の涙 -イ・サンの決断- [DVD]

新品価格
¥927から
(2017/5/16 10:40時点)





キャスト&スタッフ


出演者

ヒョンビン
…(「スウィンダラーズ」、「コンフィデンシャル/共助」など)

チョン・ジェヨン

チョ・ジョンソク
…(「造られた殺人」、
観相師」など

ハン・ジミン
…(
それだけが、僕の世界」、「朝鮮名探偵 トリカブトの秘密」など)

パク・ソンウン
…(
復讐のトリック」、「スウィンダラーズ」、愛を歌う花」、「無頼漢 渇いた罪」、「皇帝のために」、「ゴシップサイト 危険な噂」、「鬼はさまよう」など)

監督

〇イ・ジェギュ

2014年制作 韓国映画




あらすじ


イ・サン(
ヒョンビン)は、前国王である祖父を亡くして間もなく、李王朝第22代国王に即位したばかり。

それは、現王室最大の敵対勢力である老論(のろん)派にとっては、阻止せねばならないことであり、その老論派を裏で率いる大妃(
ハン・ジミン)は、イ・サン暗殺の指揮をとる。

しかし、そのことにいち早く気付いたイ・サンは、その芽を一つずつ摘み取ろうとするのだが・・・。


韓国映画「王の涙 -イ・サンの決断-」



感想(ネタバレあり)


王の周りで世話をする人たちの悲しいお話


今回のこのイ・サンの物語の中で、私が最も心を惹かれたのは、幼い頃に捨てられ、そこから暗殺者として教育され、宮中に送り込まれた 77番、220番、224番のなんとも悲しい物語。

最もイ・サンに近く、誰よりも王のことを知っていた77番、尚冊(サンチェク)のカプス(
チョン・ジェヨン

幼い頃から、イ・サンと共に兄弟のように育ったカプスも、途中までは心の裏側は暗殺者だった。途中までは。

それが、いつの日からか、心からイ・サンに忠誠心を抱くようになる。

私が、この映画の中で最も印象に残っているのは、イ・サンがその尚冊の生い立ちを知ってしまった時。

本当だったら、その場で殺されてもおかしくない状況で、イ・サンは尚冊の追放を命じる。

泣いたわ~。この映画の中で、このシーンが一番泣いた。

これは、尚冊にも、イ・サンにも、とてもつらい瞬間だった。

イ・サンは涙を流し、尚冊は呆然と立ち去るしか無かった。

本当は、もう尚冊は改心しているのだから許してあげて欲しいと願いながら見たシーンだった。


韓国映画「王の涙 -イ・サンの決断-」ヒョンビン


恋する暗殺者は運命的に兄と再会する


220番・ウルス(
チョ・ジョンソク観相師」)は、暗殺の実行犯。

守りたいと思っていた女を目の前で王に奪われ、逆上。

ためらっていた暗殺も、率先して実行する立場に変わる。

しかし、77番とは、兄弟のように育った間柄で、お互いに常に命を案じる仲だった。

そして、220番ウルスと77番カプスは運命的に再会する。

220番は暗殺者として、77番は王を守る立場として。

「王はダメだ」と言いながら、自分の身を楯にしてウルスを守り死んでいくカプスの姿が悲しかった。

韓国映画「王の涙 -イ・サンの決断-」ヒョンビン



恋する洗濯女は密かに告発をする・・


224番、女官のウォレは、王の洗濯係。

目の前で、幼い女官に暗殺命令がくだるのを見て、幼い頃の自分を思い出し、それまでの生い立ちを王に直訴する。

この人は謎の人だったなぁ。

きっと、彼女と同じような人生を歩む子供たちを一人でも減らしたい。

そんな思いだったんだろう・・。

結局、彼女のおかげで暗殺者集団も、計画も明るみになったんだと、最後に知る。

220番に運命的に惹かれていったのは、同じ生い立ちを抱えていたからだったんだね。

彼らの恋の話も切なかった。


韓国映画「王の涙 -イ・サンの決断-」ヒョンビン、ハン・ジミン



周りの人たちの行動でイ・サンの人柄を思い知る


結局、77番も、220番も、老論派に育てられるも、王の側で働くことで、王を信頼し、王を守る方へと方向転換する。

それは、イ・サンという人の人柄の良さが分かるエピソードだ。

この周りにいた「幼い暗殺者」のエピソードは、他のイ・サンを描いたドラマなどには無い、映画オリジナルの登場人物で、彼らの人間性が魅力的だったからこそ、この映画「王の涙」は面白かったんだと思う。


韓国映画「王の涙 -イ・サンの決断-」ヒョンビン、チョン・ジェヨン



ヒョンビンの弓とチョン・ジェヨンの背中の焼き印


主役、イ・サンを演じるのは
ヒョンビン

ヒョンビンのドラマは観たことがあっても、映画で観るのは初めてかなぁ。

正直、イ・サンのイメージではなかったので、少し心配していたんだけど、思った以上にイ・サンになりきっていて良かった。

特に、弓を射るシーンが良かったなぁ。

それに、尚冊との別れのシーンは
ヒョンビンに泣かされたよ。

しかし!今回の映画で、最も素晴らしい功労者はその尚冊を演じた
チョン・ジェヨン(「さまよう刃」)だった。

自分は暗殺者であるという烙印を背中に焼き付けたまま、時にはイ・サンの相談に乗り、イ・サンのストレスも受け止めていた尚冊。

その動を秘める静の演技が見事だった。

最後、恩返しだったんだろう、なんとしてでもイ・サンに老論派を叩く書を届けたいと宮中に向かう姿がとても切なくて今でも私の記憶から離れてくれない。



韓国映画「王の涙 -イ・サンの決断-」ヒョンビン、チョン・ジェヨン



長編映画デビュー作のイ・ジェギュ監督


監督は、この映画が長編映画デビュー作となった
イ・ジェギュ

どうも、調べたところでは、この映画がプレビューされた時は、評論家の意見が批判的なものばかりだったそう。

しかし、公開してみれば大ヒットとなったので良かったというインタビュー記事を読んだ。

なんで、批判ばっかりだったんだろうね。

テレビドラマでは「ベートーベン・ウィルス」の演出を担当している
イ・ジェギュ

「ベートーベン・ウィルス」も好きなドラマだったから、ぜひ、批評家の批判を気にせず、映画を撮り続けて欲しい。



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



「王の涙 イ・サンの決断」DVD

王の涙 -イ・サンの決断- [DVD]

新品価格
¥927から
(2017/5/16 10:40時点)









↓ 「王の涙 イ・サンの決断」も放送しているWOWOW_新規申込




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック