とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:池松壮亮



池松壮亮 主演、塚本晋也 監督の映画「斬、」を映画館で観た。

江戸時代末期の小さな村を舞台に「人を斬ること」について葛藤する武士の姿が描かれる。


映画「斬、」



満足度 評価】:★★★★☆

「やられたらやり返せ」という考えから生まれる報復の連鎖。

「平和を守るために」という大義の元で行使された武力がもたらしたのは破滅と狂気だったという皮肉。

これまでの時代劇は人を斬ることを軽く考えすぎていたのではと感じてしまう作品。


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『斬、』予告編 動画




更新履歴・公開、販売情報

・2018年12月8日 映画館にて鑑賞。

・2018年12月20日 感想を掲載。

・2020年1月19日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

詳しい作品情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓
映画『斬、』オフィシャルサイト




キャスト&スタッフ


出演者

池松壮亮
…(「万引き家族」、「紙の月」、「ぼくたちの家族」など)


…(「悪と仮面のルール」など)

〇前田隆成


監督・製作・脚本・撮影


塚本晋也
…(<出演作>「沈黙-サイレンス-」、「シン・ゴジラ」など)



2018年製作 日本映画




あらすじ


江戸時代末期の小さな村。

そこで暮らす浪人の都築杢之進(池松壮亮)は、改革が進む江戸を目指しながら、隣人の農家の娘・ゆう(蒼井優)や、その弟の市助(前田隆成)と共に平和な日々を暮らしていた。

ある日、その村に武士の澤村次郎左衛門(塚本晋也)が訪れ、杢之進と市助に「一緒に江戸へ行って改革の手助けをしてくれないか」と声をかける。

その話を快く受けいていた杢之進だったが、ちょうどその時、ならず者たちがその村に居座っていて…。



映画「斬、」


感想(ネタばれあり)


きっかけは、ちょっとした小競り合い


きっかけは、小さな小競り合いだった。

農家の息子・市助が、ならず者たちにバカにされたため、奴らに向かって行ったら顔が赤く腫れるほど殴り返されたという事件が起きる。



そのことに怒ったのは、姉のゆうだった。

ゆうは杢之進に「弟をこんな目に遭わされて黙ってられない。なんとかしてくれ」と言ってけしかける。

しかし、杢之進は「あの人たちの根は悪くない。こっちから手を出したんだし、放っておきましょう」と言って、彼女をいさめる。



杢之進は、平和的解決を望んだのだ。

そこで逆上したら、ますます話は大きくなってしまうと思ったからだ。



しかし、たまたまその時、そこに滞在していた武士の次郎左衛門が「2~3人斬ってきました。これで奴らも手出しはしないでしょう」と言ったのだ。

それこそが、最も杢之進が恐れていたことだった。

その次郎左衛門による報復攻撃が、さらなる報復を呼び、ゆうの一家はゆうを除く全員が殺されてしまうのだ。



ここで描かれているのは「戦争の始まり」だ。

我が国の国民がテロの犠牲になったから、テロリストを支援している国に報復をする。

それは、いかにも「正義のため」に聞こえるが、果たして、暴力に対して暴力で返すことが本当の正義なのか



この映画では、その「正義」という大義の元で行使された暴力が本当に平和を招くのかどうかが描かれている。



映画「斬、」



暴力に暴力で返した結果に起きた報復の連鎖


武士の次郎左衛門が暴力による報復を行った結果、何が起きたのかというと、暴力の連鎖だ。

家族を殺されたゆうは「家族を殺された復讐に、あいつらを殺してください」と言って杢之進をけしかける。



しかし、杢之進は、これまで真面目に稽古を重ね、技術的には申し分のない武士なのだが、それまで人を斬ったことがなかったのだ。

彼は「人を斬ることができない」という致命的な欠点のある武士なのだ。

そのため、大切な家族を殺され「彼らを殺した人間に裁きをくださなければ」という思いはあるものの、それを実行することができない



そうして悩んで葛藤している間に事態はますます悪化してしまう。

愛するゆうが、彼の目の前でレイプされてしまうのだ。

それでも、杢之進は彼女をレイプしている男を斬ることができないのだ。



これはまさに戦場の残酷さを表している



軍人でも、ゲリラでもない無実の人々が、たとえば「人種が違うから」とか「信仰している宗教が違うから」という理由で殺されてしまう。

その上、そこで暮らす女性たちはレイプされ、その村に地獄のような光景が広がる。



杢之進が人を斬ることができず、葛藤している間に、次郎左衛門はならず者たちを一人残らず斬ってしまう。

そうして、次郎左衛門は精神的に杢之進を追い詰めていくのだ。



映画「斬、」



報復の連鎖が生み出したのは、破滅と狂気だった


では、次郎左衛門がならず者たちを一掃した結果、その村に平和が戻ってきたのだろうか

そうではない。

その村に残ったのは、レイプされ、何もかもどうでもよくなってしまったゆうと、人を斬ることができない自分に愕然とし、やがて狂気に満たされた杢之進だけなのだ。



あとは血に染まった家と、村中にころがっている死体だけだ。

これが「報復」がもたらした「平和」の姿なのだ。



それは「テロ支援国家」とされたアフガニスタンやイラクに対して、アメリカが報復攻撃をした後、それらの国々に平和が訪れたのかといえば、そうではなく、むしろ、秩序が乱され、混乱の時代がやってきたことに似ている。



アメリカから往復攻撃を受け、多国籍軍を敵とみなして戦い、そうすることで人を殺すことに慣れてしまった人々は、何のためらいもなく人を殺すようになり、新たなテロリストとなって、その怒りをアメリカへと向ける。

それが、「報復の連鎖」が生み出した結果なのだ。



映画「斬、」



正義のための暴力など、どこにもない


そして、この映画は「人を斬ることができない武士は、本当に意気地なしなのか」と観客に問いかけている。



ならず者が村にやってきたとき、杢之進が真っ先にしたことは、「彼らと対話をすること」だった。

そうして「彼らは見た目は怖いけど、そっとしておけば何も悪いことはしない」と、お互いに共存するための話をつけていたのだ。

それは友好条約のようなものだ。



ところが、その友好条約を次郎左衛門が「正義のために」破ってしまったために、村は破滅と狂気の世界へと向かってしまったのだ。

そのどこに正義があるのか。



それは、家柄や、武士としての見栄を守るためのエゴからくる愚かな行為でしかない。



これまで、私たちは時代劇で「お侍さんが、ならず者から弱い村人を守ってくれる時代劇」を当たり前のように観ていた

しかし、本当にその思考は正しいのかと、この映画は問いかけているのだ。



そろそろ思考を変えて「暴力は何も生み出さない」ことが本当の正義だと訴える時代がやってきたのだ。

これは、塚本晋也監督による反戦映画なのだ。



全てを観終わった後、ズシリと私に重くのしかかってきた。

これまでの常識は、これからの時代の非常識になる

どんなことがあっても、暴力で報復しても平和な世の中はやってこない。

その思いに、私もすごく共感した作品だった。




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~



Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



Amazonプライムで観る:「斬、」

斬、

新品価格
¥400から
(2020/1/19 18:07時点)



DVDで見る:「斬、」

【Amazon.co.jp限定】斬、(非売品プレス付き) [Blu-ray]

新品価格
¥4,434から
(2020/1/19 18:08時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブログネタ
日本映画3 に参加中!
宮沢りえ主演の映画「紙の月」をWOWOWで観た。

初めはちょっとしたはずみで横領してしまったお金が、どんどん増え続けてしまった女性銀行員の話。

怖い!お金横領スパイラル…。

その、ちょっとしたはずみから始まる横領スパイラルの仕組みを、すごく丁寧に描いているところが面白かった。

これは、誰もが心の奥底に持っている「リア充という名前の底なし沼」への誘いである。


紙の月



目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「紙の月」予告編 動画




更新履歴・公開、販売情報

・2018年5月14日 WOWOWで観た感想を掲載。

・2019年11月28日 「午後のロードショー」での放送に合わせて加筆・修正。




キャスト&スタッフ


出演者

〇宮沢りえ

池松壮亮
…(「斬、」「ぼくたちの家族」など)

〇大島優子

〇田辺誠一

〇近藤芳正

〇石橋蓮司

〇小林聡美

監督

〇吉田大八

2014年製作 日本映画




あらすじ


梅澤梨花(宮沢りえ)は、銀行員。

ご近所のお宅を回って、定期預金口座開設のお願いをしたり、お客様の入出金のお手伝いをしたり。

夫(田辺誠一)がいるが、子供はいない。

生活に不満はないが、たまたま知り合った大学生の光太(池松壮亮)と不倫の関係に陥ってしまう。

そして、お金に困る彼をを助けるつもりで、お客様のお金に手をつけてしまう・・・。




感想(ネタバレあり)


怖いのは、心の隙間を埋めた瞬間の快感


怖い映画だった!

日頃の満たされない生活から生まれる小さな心の隙間を見ているのが怖かった!



その隙間は誰もが持っているもので、そこから「あぁつまらないな」とか、「退屈だな」とか、「なんか楽しいことないかな・・」という言葉が生まれてくる。

そんな時は、テレビを見たり、人と会ったり、趣味に時間を割いたりして、小さな幸せで穴埋めをして満足感を味わう。



しかし、いつもとはちょっと違う方法でその隙間が埋まった時

例えば、ギャンブルで稼いだお金や、この映画の梨花のように会社のお金の横領したり、手を付けないようにしているお金で、今までとは違う自分になれた時

人は、その時の快感に浸り、もっともっとと、その満足感を充たそうとしてしまう



そして、その「快感」が全ての原動力になる

この映画の梨花が、すっぽりとこの横領スパイラルにハマってしまったのは、そのいつもと違う自分を発見してしまったのがきっかけだ。



最初は、彼の学費のため。

それが、次はプレゼント代になり、デート代になる。



でも、その心の隙間はいくら埋めても埋まらない底なし沼

いくらお金で埋めようとしても、アリ地獄のように底はどんどん深くなっていくだけだった



紙の月2



リア充になるつもりが、やり方を間違えて負のスパイラルへ


私は、梨花がどんどんとその底なし沼にズブズブとハマっていくのを見て、地獄へ落ちれば良いと思った

なんで人は、そんな小さな心の隙間を埋めようとするんだろう。

そもそも、それは「人への妬み・羨ましさ」から生まれてくる。



誰もが持っている心の隙間だけど、その隙間を、仕事へのやりがいやプライベートの充実で、日頃からうまく充たしている人がいる

人はそれを「リア充」と呼ぶ



日常生活に満足できず、隙間が深い人は、リア充生活をしている人の芝生が青いどころか、光り輝いて見える

だから、せっせと隙間を埋めて「リア充」を手に入れようとするが、やり方を間違える。

この映画の梨花のように。



残念ながら、その隙間は、若い男子でも、溢れるようなお金でも、別荘でも、高級車でも埋まらない

まずは、仕事や、プライベートも含めた自分の生活に満足しない限り、いつまで経ってもそこは深くなっていくだけなのだ。



そのことに気付かない限り、いつか満足して辞められると思い、貢ぎ始めた人は、常に貢ぎ続け、ギャンブルにハマっていく人は、いつまでもやめられない。

永遠に続く悲しみのスパイラル。



紙の月5



「リア充」ハンターは、お局の隅さん


この映画「紙の月」で非常に面白かったのは、小林聡美演じる銀行の同僚にしてお局の隅さんだ。

どうも面白いことに、「非リア充」の人たちは同じアンテナを持っていて、お互いに波長が合う瞬間がある



隅さんは、誰よりも真っ先に梨花のおかしさに気付く。

それは、「非リア充」ならではの触覚だと思った。



そりゃそうだ。

ついこの間まで、いつも沈んだ顔で出勤していた人が急に肌の色つやが良くなっている。

女なら誰だって「あの人、なんかあるな」って思うはずだ。



そこから、猛烈な梨花への追及が始まるワケだけど、隅さんは、隅さんで「梨花の秘密を暴く」ことで、心の隙間を埋め始める

それが隅さんの心の隙間を埋める「仕事のやりがい」になる。

だから隅さんは、梨花を追及して自分を満足させ、本店への異動もなくなり、支店に居残ることになるが、梨花の気持ちは誰よりもよく分かっている人だった。



紙の月4



梨花から隅さんへ地獄への誘い


そんな、隅さんと梨花のやり取りの中、私がこの映画で一番印象に残っているのは、ラスト、窓ガラスを割って逃げ出そうとする梨花が、それを止めようとする隅さんに「一緒に行きますか??」と誘うシーン。

これは、「非リア充」アンテナが共鳴した瞬間だった。

あぁぁぁ。これで二人がつながったと思った。



隅さんに散々追及された梨花だったが、隅さんも心の底では梨花の気持ちを理解していることに、梨花は最初から気付いていた

隅さんは、梨花を追い込んだことによる「満足感」が、共に地獄へ落ちることを踏みとどまらせる



そして、梨花はいつまでも、自分がやってきたことを正当化するまで走り続ける

そこに答えは無いのに…。



隅さんは、梨花を追求した満足感が消えた頃、再び心がさまよい始める

そして、「私も飛び込んでみようかな」と、時々考える。

しかし、残念ながら、そこに答えはないのだ…。



紙の月3



「充たされない思い」から始まるサスペンスとは、女性作家の原作ならでは


これは本当に面白い映画だった。

女性ならではの「充たされない思い」が、こんな風にサスペンスになるなんて、さすが、女性が書いた原作だなぁと感心した。



そして、宮沢りえと、小林聡美がすごく良い。

特に、二人が対立するラストは、名シーンだと思ったし、一番初めに梨花がお客様からの伝票を隠している時に、暗闇から「何しているの」って問いかける隅さんが怖すぎた(((( ;゚д゚)))



それにしても、あの「リア充反対運動」をしている隅さんがいる銀行は、いつまでも安泰だね。

しかし、若手の男性を窓口になんて置いたらダメだよ。

きっと、隅さんのアンテナが故障するから(笑)



まぁまぁ、そんなことを言いながら、私もいつか「非リア充」スパイラルに落ち込まないように、気をつけないといけないなと思った。





Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~




↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



Amazonプライムで観る:「紙の月」

紙の月



DVDで観る:「紙の月」

紙の月 DVD スタンダード・エディション

新品価格
¥3,580から
(2019/11/28 11:25時点)



原作本「紙の月」

紙の月 (ハルキ文庫)

新品価格
¥649から
(2019/11/28 11:25時点)








このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


妻夫木聡主演の映画「ぼくたちの家族」をWOWOWで観た。

ある日、母が脳腫瘍だと分かり、「余命一週間」と宣告された家族たちの心の動きを描く。



満足度 評価】★★★★☆

「いつか自分にもこんな日が来る」と思いながら観た映画だった。その時、私は何を考え、どう動くのだろうか…。

いつか来るその日について、すごく考えさせられた。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「ぼくたちの家族」予告編 動画




更新履歴・公開、販売情報

・2016年7月4日 WOWOWで観た感想を掲載。

・2019年6月10日 「映画天国」での放送に合わせて加筆・修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。

「ぼくたちの家族」は、現在、U-NEXT で配信中


Amazon Primeで観る:「ぼくたちの家族」

ぼくたちの家族

新品価格
¥300から
(2019/6/10 15:56時点)



DVDで観る:「ぼくたちの家族 特別版」

ぼくたちの家族 通常版 [DVD]

新品価格
¥3,082から
(2019/6/10 15:57時点)



原作本「ぼくたちの家族」

ぼくたちの家族 (幻冬舎文庫)

新品価格
¥617から
(2016/7/4 00:19時点)




キャスト&スタッフ


出演者

池松壮亮
…(「斬、」、「万引き家族」、「紙の月」など)

〇長塚京三


…(「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」、「蜩ノ記」など)

監督

〇石井裕也


2013年製作 日本映画




あらすじ


主婦、若菜玲子(原田美枝子)は、会社を営む夫、克明(長塚京三)と二人暮らし。

玲子は最近、物忘れがひどくなり、言動がおかしくなっていたことから、結婚して家を出た長男の浩介(妻夫木聡)と3人で病院へ行き、検査を受けることに。

すると玲子の脳には、かなり大きな腫瘍があることが分かり、医者に「余命は一週間」と告げられる。

浩介は弟の俊平(池松壮亮)に連絡をし、父と3人で今後について話し合おうとするが、父は取り乱し、弟は的外れなことを言うばかりで、ちっとも進展せず…。


映画「ぼくたちの家族」



感想(ネタバレあり)


ある日突然降ってきた不幸に戸惑う家族


「お母さんの余命はあと一週間です」

と言われた時、「いつか、自分にもこういう時が来るんだな」と思うと怖かった



この映画で描かれる若菜家の場合。

突然、母に舞い降りた不幸に対する家族それぞれの反応にリアリティがあって興味深い。



なにやら取り乱してオロオロし、何もできない父。

感情を表に出さず、事務的に処理しようとする長男。

突然の出来事に対処できず、それまで通り母と接しようとする次男。



それまでの3年間、長男は結婚、次男は大学進学で、家族は離れて暮らしていた。

そのため、心も離れていたのか、急な出来事にそれぞれがバラバラで、ギクシャクした時間が過ぎていた

そのギクシャク感が分かるなぁと思った



私もきっと、急に話し合えと言われたら、何を言ったらいいか分からないし、最初のうちは平行線になるだろうなぁと思う。

家族だから言いにくいこともあるよね。



映画「ぼくたちの家族」池松壮亮

頼りない男子3人組にも変化が…


そんな男3人組だったが、時間を共有するうちに、次第に協力し合うようになる。

結局最後まで、お父さんは何もできない人だったけど。

それでも再会した時よりは、何でも語り合えるような間柄になっていた。



長男は病院を探し、次男は兄が探した病院を周りセカンドオピニオンを聞く。

本当に、もうこれ以上母にできることはないのかと。



あの一番頼りなかった次男が病院を周り、頭を下げている

そう。人は、「何かをしなきゃいけいない時」になると、火事場の馬鹿力を発揮する。



次男は、心を入れ替え、大学を中退し、父の下で働くことを決意したという。

彼らの中で、やはり一番若い彼が、もっとも成長していた。

日増しに頼りになっていく彼らの姿を観ているのが、とても嬉しかった


映画「ぼくたちの家族」池松壮亮

出演者インタビュー動画


家族を演じるのは、長男:妻夫木聡、次男:池松壮亮、母:原田美枝子、父:長塚京三

彼らのインタビュー動画があったので、ご参考に。




そうだよね。

根本の部分では、みんな同じことを感じているんだろうけど、それを、それぞれの家族に当てはめると、違う形に見えているのかもしれない。



若菜家の場合と、私の家族の場合では、同じことが起きても、それぞれのリアクションが違う。

でも、根っこの部分は一緒。

「お母さん、いなくなっちゃう。明日からどうしよう。」


映画「ぼくたちの家族」原田美枝子、長塚京三、池松壮亮、妻夫木聡

その時、私は何をしているだろうか


長男と次男が病院周りをした結果、助けてくれるという先生が現れる。

私はその場面から涙が止まらなかった。



そしてその時に思った。

私は彼らと同じように、そこら中の病院を回ることなどできるのだろうか。

きっと、先生に「もう処置できることはない」と言われたら、そこで諦めてしまうのではないだろうか。



もしも、1%でも希望があるのなら、その1%の希望にかけるのが家族の役目なんじゃないだろうか。

いろいろと考えさせられてしまった。



いつ起きるか分からないけど、自分にもいつかその時がやってくるのなら、その時に、自分が何をすべきかと考えるだけでも、この映画を観る価値があると思う。

そして、家族が健康でいる今に、感謝する映画でもある。



最後に。

どうしても泣きたくなった時、「こんな時は笑おうよ」って言いながら、無理矢理笑うシーンが好きだった

私もよくやるから(笑)







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「ぼくたちの家族」は、現在、U-NEXT で配信中


Amazon Primeで観る:「ぼくたちの家族」

ぼくたちの家族

新品価格
¥300から
(2019/6/10 15:56時点)



DVDで観る:「ぼくたちの家族 特別版」

ぼくたちの家族 通常版 [DVD]

新品価格
¥3,082から
(2019/6/10 15:57時点)



原作本「ぼくたちの家族」

ぼくたちの家族 (幻冬舎文庫)

新品価格
¥617から
(2016/7/4 00:19時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック