とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:白竜



北野武監督の映画「HANA-BI」をWOWOWで観た。

ある事件で相棒が下半身不随になったり、亡くなったりしたことをきっかけに辞職。余命わずかの妻を連れて旅に出た男の話。

満足度 評価】:★★★★☆

久しぶりに観た。重かったなぁ。重いけど好きなんだなぁ。この映画。

北野武は長生きしたくないのかな…。そんなことを考えた映画だった。


「HANA-BI」予告編 動画





「HANA-BI」 DVD

HANA-BI [DVD]

新品価格
¥3,694から
(2016/9/12 16:22時点)



「HANA-BI」サウンドトラック

HANA-BI(サントラ)

新品価格
¥4,629から
(2016/9/12 16:23時点)



キャスト&スタッフ


出演者


…(「鈴木家の嘘」など)


〇寺島進

…(「その男、凶暴につき」など)

〇芦川誠


監督


1997年製作 日本映画




あらすじ


ある凶悪犯の貼り込みをしていた際に、相棒の堀部(大杉漣)は下半身不随、同僚の田中(芦川誠)は撃たれて死亡、中村(寺島進)も負傷する事件が起きてしまう。

西(ビートたけし)は犯人を射殺するが、その後辞職してしまう。

その後、西は暴力団から借金をし、盗難車をパトカーに改造し、銀行強盗をし、強奪した金で妻(岸本加代子)と旅に出る。

実は、西の妻は重病人で余命わずか。

彼らにとっては、これが最後の夫婦旅行だった…。



HANA-BI



感想(ネタバレあり)


自由に感じ取っていいよというスタンスの映画


好きだなぁ。この映画。

何が好きかって、セリフがあまりないところが良い。

余計な説明をせず、「この画面を観て、自由に感じてください」っていう感じのスタンスが良い。

絵画とかのアート作品を観ている感覚に近いかな。

この映画のそういうところが好き。


主人公の西は、元刑事。

凶悪犯を追っている事件で、同僚たちが死亡、下半身不随、負傷となるなか、自分だけが元気に生き残った時、彼は辞職し、残りの人生を考え始める。

というのも、西の妻は重病人。

余命わずかな上、子供を先に亡くしていた。

そして、彼は妻の担当医から旅行に行くことを勧められる。



HANA-BI2



金がない → 暴力団から借金 → その金で銀行強盗


ここからが北野流と言うのか、非常にユニークと言うのか…。

旅行に行くためにお金が必要になった西は、暴力団に借金をし、その金を元手に銀行強盗をする。

スケールの大きさが普通の感覚の人と違うよね。

サラ金に金を借りようとか、ちょっと人をだまして金とっちゃおうとか、そういうセコイレベルではない。

さらに、そのお金を自分だけで使ったりしないところがまた粋なんだ。

下半身不随になった元相棒には絵画セットを、亡くなった同僚の奥さんにはまとまったお金を送っている。

そこからは、「自分だけがのうのうと生きていて申し訳ない」という声が聴こえてくる。

それもまた、これ見よがしにやるのではなく、密やかに、あしながおじさんのように郵送しているあたりが、照れ屋の北野武の色が出ていたように思う。



HANA-BI3



西が最後に観たかったのは「妻の笑顔」


そして西は、残りのお金を使って、妻との最後の旅行に出かける。

西が最後にしたかったのは、豪華絢爛な旅ではなく、「妻の笑顔」を観ることだったように思う。

子供を亡くし、以来、入院していた妻は、それまでどれだけ彼に笑顔を見せていたのだろうか。

トランプのカードを当てるゲーム、2人で一緒に撮った写真、深い雪の中に落ちちゃったこと。

彼らにとっては、場所ではなく、一緒に楽しい時間を過ごすことが、何よりも大切なことだと分かる。

しかも、そんなことは、2人でイチイチ口にしなくても理解し合えているところがまた良い。

彼が次に何をしようとしているのか、何をしたいと思っているのか。

何も言わなくたって分かっている。

その全てが、最後に唯一妻がつぶやくセリフ「ごめんね。ありがとう」に集約されている。



HANA-BI4



人生で最も輝ける時を終えたら…


2発の銃弾音を聴いて観終わった時、必死に真面目に細々と生きる人生より、ドドーンと打ち上がっては、一瞬にして消えてしまう花火のように、「一瞬の華」を求めて生きた男の人生だと感じた。

それは、西にとって長い間観ることがなかった妻の笑顔がその華であり、美しい華を眺めた後は、同僚たちが見守る中で自ら人生を終えていく。

銀行強盗をしてまで集めた金の使い道。

妻を長生きさせるための治療費ではない。

どうせ長生きできないのなら、一花咲かせて良い思いをしてから死のう。

そう思ったんだろうか。

花の美しさが一瞬で終わってしまうように、枯れた花に水をあげても生き返らないように、人生の輝けるときは一瞬。

その一瞬のために、私たちは毎日必死に生きているんだとしたら、キレイに咲かせて散ろう。

あとは死ぬのを待つ人生なんかいらない。

北野武は、そんな風に人生の終わり方を考えたのかなと思った。




ゆるめの映画ネタはこちら→「とにかく映画が好きなんです」【別館】

映画のコラムやイベントに参加した話、音楽やご飯ネタなども掲載しています。

この【本館】よりも、もっとユルッとした裏アカです。

こちらも、ぜひ。
 ↓





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「HANA-BI」 DVD

HANA-BI [DVD]

新品価格
¥3,694から
(2016/9/12 16:22時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


北野武監督、主演の映画「その男、凶暴につき」をWOWOWで観た。

暴力団に一人で立ち向かう警察官を描く。

満足度 評価】:★★★★☆

ビートたけしの薄気味悪さ、次に何が起こるか分からないストーリー展開の緊迫感に目が離せない作品だった。

大好き。

出演ビートたけし、白竜、川上麻衣子、岸部一徳、佐野史郎

監督北野武 1989年製作 日本映画

「その男、凶暴につき」予告編 動画





「その男、凶暴につき」 DVD

その男、凶暴につき [DVD]

新品価格
¥3,694から
(2016/6/27 13:10時点)



あらすじ


我妻(ビートたけし)は、精神科に入院していた妹(川上麻衣子)と二人暮らしの警察官。

犯罪者を検挙するためには手段を選ばず、時には暴力を振るってでも罪を吐かせてしまう。

我妻が所属する警察署へ新任の署長としてやってきた吉成(佐野史郎)は、出世街道を歩むことに必死であり、問題児の我妻は目の上のたんこぶだった。

そしてある時、我妻の管轄で覚せい剤の売人が殺される事件が発生する…。

その男凶暴につき


感想(ネタバレあり) 我妻とは一体何者なのか


主人公の我妻は警察官。

しかし、この警察官、清廉潔白ではない

賄賂はもらうし、多少の悪には目をつぶり、カッとなったら暴力が止まらない

ボコボコ殴って、ガンガン蹴りを入れる。

それが、大人だろうと、未成年だろうと関係ない

しかし、そんな我妻の裏には、精神状態が崩壊してしまった妹を保護するという優しいお兄さんの顔がある。

この我妻という男、一体何者なのか。

まさに人間そのものであり、この映画の面白さの全てだった。

その男凶暴につき2

人は人を殺すときに笑顔になるものなのか


この映画の中で最も印象に残るのは、その我妻の笑顔だった。

笑顔というのは、本来楽しい時に出るもの。

心から楽しいと思える時、人は笑顔になる。

しかし、この我妻は「暴力を加えている時」に笑顔になる

容疑者を車で追い、今にも轢きそうになっている時や、別の容疑者と差し向かいで情報を吐かせようとしている時、不敵な笑顔を浮かべる。

なぜ笑顔?

目の前にいる人間が死にそうになっているのに。

人を殺してしまうという恐れはないのか

これは、登山者にとってのクライマーズハイのような高揚感から来るものなのだろうか。

その薄気味悪さを観ているこちらは、我妻に対するさらなる恐怖を感じ、彼が警察官であることを忘れてしまう。

その男凶暴につき3

理性のブレーキがかからない人間とは…


また、彼の暴力もハンパない。

こちらが「もう、やめて!」と思うぐらい相手を痛めつける。

ビンタを打ち過ぎて、顔から血が溢れ出る。

「人間はどこまで凶暴になれるのか」

そんな姿を見せつけられているような恐ろしさだった。

普通の人は、「これ以上やったら死んでしまう」という理性のストッパーを持っている

しかし、この我妻にはそのストッパーがない

また、相手も簡単にくたばらない。

人間は、そう簡単に人は殺せないし、簡単に死なない。

その極限の姿がそこにはある。

その男凶暴につき5

倫理観や理性をなくした人間のリアリティ


そんな「凶暴な男」我妻を描いたこの映画。

彼が、「人間の理解の範囲を超えた」ところにいるために、次の行動が読めず、先の展開が分からない。

「えっ!?」と思い、心に残っているシーンがある。

清弘(白竜)に対し、許容範囲を超える尋問をしたために、クビになってしまった我妻。

仕事のなくなった彼が映画館の前を歩いている時、清弘に襲われ取っ組み合いのケンカに。

そこへ偶然通りかかった女子2人。

清弘が発砲した銃の流れ弾がその女子に偶然、命中して亡くなってしまう。

人が1人亡くなっているのに、我妻も清弘も、そんなことお構いなしでそこからいなくなってしまう。

もしも、これがアメリカ映画だったら、主人公の警官は、すぐさま救急車を呼び、その女子を助け、間一髪のところで命が助かるだろう。

それがアメリカの必要不可欠な倫理観だからだ。

しかし、この映画には倫理観も理性もない

実際、人を殺そうと思っている人間に倫理観も理性もないだろう。

そのリアリティが、この映画の怖さであり面白さだと思った

その男凶暴につき4

死に対する恐れを超える


常識的な人が「人を殺すという」想像ができないは、本来持っている「理性」が、人間の凶暴性にストップをかけているから。

その理性が「人間」と「野生動物」の大きな違いだ。

ならば、「人殺し」は理性を超えたところに存在しており、その「人殺し」を捕まえるのなら、こちら側も「理性」を超えてしまえばいいというのが我妻

そんな風に描かれているように見えた。

死に対する恐れを超えた存在

それならば彼らを題材にしている北野武本人も、理性を超える瞬間がある人なのかもしれない。



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「その男、凶暴につき」 DVD

その男、凶暴につき [DVD]

新品価格
¥3,694から
(2016/6/27 13:10時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック