とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:蒼井優



池松壮亮 主演、塚本晋也 監督の映画「斬、」を映画館で観た。

江戸時代末期の小さな村を舞台に「人を斬ること」について葛藤する武士の姿が描かれる。


映画「斬、」



満足度 評価】:★★★★☆

「やられたらやり返せ」という考えから生まれる報復の連鎖。

「平和を守るために」という大義の元で行使された武力がもたらしたのは破滅と狂気だったという皮肉。

これまでの時代劇は人を斬ることを軽く考えすぎていたのではと感じてしまう作品。


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『斬、』予告編 動画




更新履歴・公開、販売情報

・2018年12月8日 映画館にて鑑賞。

・2018年12月20日 感想を掲載。

・2020年1月19日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

詳しい作品情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓
映画『斬、』オフィシャルサイト




キャスト&スタッフ


出演者

池松壮亮
…(「万引き家族」、「紙の月」、「ぼくたちの家族」など)


…(「悪と仮面のルール」など)

〇前田隆成


監督・製作・脚本・撮影


塚本晋也
…(<出演作>「沈黙-サイレンス-」、「シン・ゴジラ」など)



2018年製作 日本映画




あらすじ


江戸時代末期の小さな村。

そこで暮らす浪人の都築杢之進(池松壮亮)は、改革が進む江戸を目指しながら、隣人の農家の娘・ゆう(蒼井優)や、その弟の市助(前田隆成)と共に平和な日々を暮らしていた。

ある日、その村に武士の澤村次郎左衛門(塚本晋也)が訪れ、杢之進と市助に「一緒に江戸へ行って改革の手助けをしてくれないか」と声をかける。

その話を快く受けいていた杢之進だったが、ちょうどその時、ならず者たちがその村に居座っていて…。



映画「斬、」


感想(ネタばれあり)


きっかけは、ちょっとした小競り合い


きっかけは、小さな小競り合いだった。

農家の息子・市助が、ならず者たちにバカにされたため、奴らに向かって行ったら顔が赤く腫れるほど殴り返されたという事件が起きる。



そのことに怒ったのは、姉のゆうだった。

ゆうは杢之進に「弟をこんな目に遭わされて黙ってられない。なんとかしてくれ」と言ってけしかける。

しかし、杢之進は「あの人たちの根は悪くない。こっちから手を出したんだし、放っておきましょう」と言って、彼女をいさめる。



杢之進は、平和的解決を望んだのだ。

そこで逆上したら、ますます話は大きくなってしまうと思ったからだ。



しかし、たまたまその時、そこに滞在していた武士の次郎左衛門が「2~3人斬ってきました。これで奴らも手出しはしないでしょう」と言ったのだ。

それこそが、最も杢之進が恐れていたことだった。

その次郎左衛門による報復攻撃が、さらなる報復を呼び、ゆうの一家はゆうを除く全員が殺されてしまうのだ。



ここで描かれているのは「戦争の始まり」だ。

我が国の国民がテロの犠牲になったから、テロリストを支援している国に報復をする。

それは、いかにも「正義のため」に聞こえるが、果たして、暴力に対して暴力で返すことが本当の正義なのか



この映画では、その「正義」という大義の元で行使された暴力が本当に平和を招くのかどうかが描かれている。



映画「斬、」



暴力に暴力で返した結果に起きた報復の連鎖


武士の次郎左衛門が暴力による報復を行った結果、何が起きたのかというと、暴力の連鎖だ。

家族を殺されたゆうは「家族を殺された復讐に、あいつらを殺してください」と言って杢之進をけしかける。



しかし、杢之進は、これまで真面目に稽古を重ね、技術的には申し分のない武士なのだが、それまで人を斬ったことがなかったのだ。

彼は「人を斬ることができない」という致命的な欠点のある武士なのだ。

そのため、大切な家族を殺され「彼らを殺した人間に裁きをくださなければ」という思いはあるものの、それを実行することができない



そうして悩んで葛藤している間に事態はますます悪化してしまう。

愛するゆうが、彼の目の前でレイプされてしまうのだ。

それでも、杢之進は彼女をレイプしている男を斬ることができないのだ。



これはまさに戦場の残酷さを表している



軍人でも、ゲリラでもない無実の人々が、たとえば「人種が違うから」とか「信仰している宗教が違うから」という理由で殺されてしまう。

その上、そこで暮らす女性たちはレイプされ、その村に地獄のような光景が広がる。



杢之進が人を斬ることができず、葛藤している間に、次郎左衛門はならず者たちを一人残らず斬ってしまう。

そうして、次郎左衛門は精神的に杢之進を追い詰めていくのだ。



映画「斬、」



報復の連鎖が生み出したのは、破滅と狂気だった


では、次郎左衛門がならず者たちを一掃した結果、その村に平和が戻ってきたのだろうか

そうではない。

その村に残ったのは、レイプされ、何もかもどうでもよくなってしまったゆうと、人を斬ることができない自分に愕然とし、やがて狂気に満たされた杢之進だけなのだ。



あとは血に染まった家と、村中にころがっている死体だけだ。

これが「報復」がもたらした「平和」の姿なのだ。



それは「テロ支援国家」とされたアフガニスタンやイラクに対して、アメリカが報復攻撃をした後、それらの国々に平和が訪れたのかといえば、そうではなく、むしろ、秩序が乱され、混乱の時代がやってきたことに似ている。



アメリカから往復攻撃を受け、多国籍軍を敵とみなして戦い、そうすることで人を殺すことに慣れてしまった人々は、何のためらいもなく人を殺すようになり、新たなテロリストとなって、その怒りをアメリカへと向ける。

それが、「報復の連鎖」が生み出した結果なのだ。



映画「斬、」



正義のための暴力など、どこにもない


そして、この映画は「人を斬ることができない武士は、本当に意気地なしなのか」と観客に問いかけている。



ならず者が村にやってきたとき、杢之進が真っ先にしたことは、「彼らと対話をすること」だった。

そうして「彼らは見た目は怖いけど、そっとしておけば何も悪いことはしない」と、お互いに共存するための話をつけていたのだ。

それは友好条約のようなものだ。



ところが、その友好条約を次郎左衛門が「正義のために」破ってしまったために、村は破滅と狂気の世界へと向かってしまったのだ。

そのどこに正義があるのか。



それは、家柄や、武士としての見栄を守るためのエゴからくる愚かな行為でしかない。



これまで、私たちは時代劇で「お侍さんが、ならず者から弱い村人を守ってくれる時代劇」を当たり前のように観ていた

しかし、本当にその思考は正しいのかと、この映画は問いかけているのだ。



そろそろ思考を変えて「暴力は何も生み出さない」ことが本当の正義だと訴える時代がやってきたのだ。

これは、塚本晋也監督による反戦映画なのだ。



全てを観終わった後、ズシリと私に重くのしかかってきた。

これまでの常識は、これからの時代の非常識になる

どんなことがあっても、暴力で報復しても平和な世の中はやってこない。

その思いに、私もすごく共感した作品だった。




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~



Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~








↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



Amazonプライムで観る:「斬、」

斬、

新品価格
¥400から
(2020/1/19 18:07時点)



DVDで見る:「斬、」

【Amazon.co.jp限定】斬、(非売品プレス付き) [Blu-ray]

新品価格
¥4,434から
(2020/1/19 18:08時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


蒼井優 主演の映画「長いお別れ」を映画館で観た。

ある日、お父さんが認知症になってしまった家族の姿を描く。


満足度 評価】:★★★★☆

いつか私もこうなると思いながら観た。

家族が認知症になるって大変なことなのに、どんな時も決して悲観的にならず、前向きだったから救われた。

家族がいればなんとかなる。

そう思える映画だった。家族への視線が温かいところが良い。

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『長いお別れ』予告編 動画




更新履歴・公開、販売情報

・2019年6月8日 映画館にて鑑賞。

・2019年7月10日 感想を掲載。

現在、全国順次公開中。詳しい劇場情報につきましては、下記公式サイトをご確認ください。
 ↓
映画「長いお別れ」公式サイト


原作本:「長いお別れ」

長いお別れ (文春文庫)

新品価格
¥713から
(2019/7/10 19:49時点)





キャスト&スタッフ


出演者


〇竹内結子

〇松原智恵子

…(「検察側の罪人」、「モリのいる場所」など)


…(「響-HIBIKI-」など)

〇中村倫也

〇杉田雷麟

〇蒲田優惟人


監督

〇中野量太


2019年製作 日本映画



映画「長いお別れ」



あらすじ

お父さん(山崎努)の誕生日に、アメリカから帰国した長女(竹内結子)と次女(蒼井優)が再会し、久しぶりに家族が集まる。

その時、母は娘たちに対して父が認知症になったことを告げる。

娘たちはそのことに驚きながらも、少しずつ父の認知症と向き合っていく。



映画「長いお別れ」蒼井優、竹内結子



感想(ネタばれあり)


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。


長いお別れ (2019)


★★★★ [80点]「人生に行き詰まった時、受け皿になるのが家族」


認知症というテーマを扱いながら、心がほのぼのと温かくなる映画だった。



仕事を引退して、お母さんと二人暮らしのお父さんが、ある日、認知症になってしまう。

これは、そのお父さんの介護をめぐる家族の物語だ。



私は、両親の近くで暮らす独身の次女・茉美(
蒼井優)の視点で、この映画を観た。

きっと、私もいつか茉美のような立場になる時がやってくると思ったからだ。



では、家族が認知症になってしまった時の介護には、どんなイメージがあるだろうか

きっと多くの人が、キツイ、臭い、危険という3Kを思い浮かべるのではと思う。

私も、その覚悟をしなきゃいけないと、日々思い始めている。



しかし、この映画は、そんな時でも悲観的にならず、時にはコミカルに、そして前向きに描かれていたので、その姿にとても救われた



基本は、お母さんがお父さんの世話をする老々介護。

でも、お母さんが一人で解決できない時は、近くに暮らす娘がかけつけ、場合によっては、ロスに暮らす長女もかけつける。

お母さんがダメなら次女が、次女も長女もダメならヘルパーさんや、デイケアを頼れば良い。

場合によっては、施設を頼ることも選択肢の一つだ。



もちろん、各家庭の経済事情もあるだろうが、大切なことは、全てを一人で背負い込もうとしないことだ。

お母さん一人だけが頑張らない

大変な時は「大変だから助けて欲しい」と言うこと

そのために家族はいるのだ。



その家族への視線がとても温かく、優しいところが良かった



人生、思い通りにいかないこともある。

歳をとったら認知症になる

そうやって、人生に行き詰まった時、受け皿になるために家族はいるんだ。



甘えたい時は、甘えても良い

その温かくて優しい思いに救われた映画だった。

最後に「長いお別れ」の意味がわかって、すごくジーンとした。



そうか

そう思えば、悲しくないかな


Posted by pharmacy_toe on 2019/06/17 with ぴあ映画生活




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~




ゆるめの映画ネタはこちら→「とにかく映画が好きなんです」【別館】

映画のコラムやイベントに参加した話、音楽やご飯ネタなども掲載しています。

この【本館】よりも、もっとユルッとした裏アカです。

こちらも、ぜひ。
 ↓





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





原作本:「長いお別れ」

長いお別れ (文春文庫)

新品価格
¥713から
(2019/7/10 19:49時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


蒼井優主演の映画「彼女がその名を知らない鳥たち」を映画館で観た。

元OLで現在無職の十和子と、その同棲相手、不倫相手、元カレをめぐるサスペンス映画。



満足度 評価】:★★★★☆

観ている人の恋愛観を試すような映画だった。

「人を愛しすぎてブレーキがきかない」人と、相手に何も求めない「無償の愛」が出会ったとき、そこから奇跡が生まれる物語だった。

主人公の十和子は酷い女だけど、私の心の奥底のどこかにも十和子が潜んでいると思った。

女を怒らせたら怖いのだ。


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


「彼女がその名を知らない鳥たち」予告編 動画




更新履歴・公開、販売情報

・2017年12月5日 映画館で観た感想を掲載。

・2018年11月4日 WOWOWでの放送に合わせて加筆修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。



映画「彼女その名を知らない鳥たち」はU-NEXT で配信中!


Amazonプライムで観る:「彼女がその名を知らない鳥たち」

彼女がその名を知らない鳥たち

新品価格
¥400から
(2018/11/4 16:38時点)



DVDで観る:「彼女がその名を知らない鳥たち」

彼女がその名を知らない鳥たち 特別版 [Blu-ray]

新品価格
¥5,265から
(2018/11/4 16:39時点)



【映画パンフレット】彼女がその名を知らない鳥たち

【チラシ付き、映画パンフレット】 彼女がその名を知らない鳥たち

新品価格
¥1,700から
(2017/12/5 16:10時点)



映画「彼女がその名を知らない鳥たち」オリジナル・サウンドトラック

映画「彼女がその名を知らない鳥たち」オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,500から
(2017/12/5 16:10時点)





キャスト&スタッフ


出演者

…(「斬、」など)

〇阿部サダヲ

松坂桃李
…(「孤狼の血」、「図書館戦争 THE LAST MISSION」など)

竹野内豊
…(「孤狼の血」、「シン・ゴジラ」など)

〇村川絵梨

〇赤堀雅秋

〇赤澤ムック

〇中嶋しゅう


監督

白石和彌
…(「孤狼の血」、「凶悪」など)

原作

〇沼田まほかる


2017年製作 日本映画



映画「彼女がその名を知らない鳥たち」



あらすじ


元OLで現在無職の十和子(蒼井優)は、建築作業員の陣治(阿部サダヲ)と同棲している。

陣治は稼いできた給料のほとんどを十和子に貢ぐが、十和子はその金で自由に生活している上に、掃除や洗濯もせず、陣治に対して恋愛感情がない。

さらに、十和子は8年前に分かれた元カレ・黒崎(竹野内豊)のことが忘れられず、その上、妻子ある男・水島(松坂桃李)と付き合い始める。

そして、いつか水島が離婚して十和子と一緒に海外へ行くのだと信じている。

そんな十和子に対し、陣治は「水島は酷い男だ」と言って、十和子と水島の後をつけまわす。

すると、水島が盗難に遭う事件が起きて…。



映画「彼女がその名を知らない鳥たち」蒼井優と松坂桃李



感想(ネタバレあり)


何もしないヒモ女に貢ぎ続ける男と、ヒモ女を利用する不倫男


蒼井優が演じる主人公の十和子は、なかなか酷い女だ。

日常生活では、無職で掃除や洗濯や料理もせず、一日、家でゴロゴロしながら過ごし、「お宅で買った腕時計が動かないから弁償しろ」と電話で時計販売店に延々とクレームをし、借りてきたDVDは「再生できなかった。私の貴重な時間を返してよ」とショップ店員にクレームを言って暇をつぶしている。

男関係では、8年前に別れた男・黒崎(竹野内豊)のことを忘れられずに引きずり続け、いまだにその当時に撮った動画を観て、思い出に浸ったりしている。



正直言って、女としてというより、人間としての魅力をどこにも感じられない

しかし、そんな十和子をこよなく愛し続けるのが、阿部サダヲ演じる陣治である。

建築作業員の陣治は、十和子のためにマンションを買い、二人で同棲をし、夕飯を作り、生活するためのお小遣いを渡している。



ところが、十和子の方はそんな陣治に愛情を感じるどころか、「品性下劣で不潔」だと言って切り捨てた上に、陣治と同棲しているのにも関わらず、妻子ある男・水島(松坂桃李)と不倫関係にある。

水島は、黒崎のことを思い起こさせる雰囲気があって、十和子には「離婚して二人で海外の辺境に行って愛し合おう」なんて甘い言葉で引き留める。



十和子と水島の不倫関係を知った陣治は十和子のことが心配になり、十和子が水島と会っている時は二人を尾行するなどしていた。

そして陣治は「あの男は妻子持ちで、どうせ十和子のことなんかすぐに捨てるんだから、会うのはやめろ」と十和子に忠告する。



十和子は陣治にとって、ヒモ男ならぬヒモ女だ。

ヒモ男が外でどんなに酷いことをしようとも、女はその男を愛し続け、ひたすら金を貢ぎ続けるように、陣治は、十和子がどんなに外で酷いことをしようとも、ひたすら愛し続け、金を貢ぎ続ける

ヒモ男を好きになった女性が「貧乏くじを引いた」と言われるように、ヒモ女を好きになってしまった陣治は貧乏くじを引いてしまったとしか言いようがない。



そんな三角関係に悩まされながらも、金遣いの荒い尻軽女に振り回される男の話で終わったなら、この映画はとても平和で幸せな映画だっただろう。

ところが、そうはいかない。

ある時、十和子と陣治の間に事件が起きる。

十和子が8年前に分かれた男・黒崎の失踪が発覚

失踪したのは5年前、ちょうど十和子が陣治と出会ったばかりの時だった。



映画「彼女がその名を知らない鳥たち」蒼井優


愛した男に見た夢が完ぺきに崩れ落ちた瞬間、その心がえぐられる



十和子は『愛した男に期待しすぎる』女である。

8年前に付き合っていた黒崎は派手な金遣いをする男で、十和子は黒崎にとってただの「性欲解消のための都合のいい女」だった。

黒崎は、十和子とは別に、結婚相手として「金づるになる女性」を用意していた。

ところが、十和子は愛していた黒崎を信じ切り、彼と結婚し、高級マンションに住んで休日にはクルージングに行くような、そんな二人の甘い生活を夢見ていた



しかしある時、黒崎が他の女と結婚するからと言って、十和子に別れ話を切り出す。

その瞬間、十和子が思い描いていた夢(高級マンションやクルージング)が見事に音を立てて崩れ落ち、十和子の心を鋭い刃がえぐる。

いやだと言って十和子がしがみつけば、「顔が変形するのでは」と思うぐらい、十和子のことを蹴る、殴るの暴行を加える。



黒崎という男は、どこから見ても酷い最低のDV男だった。

お金が困った時には、資金提供者に十和子の身体を差し出したこともある。

それでも十和子が黒崎にしがみついたのは、十和子が黒崎自身よりも「黒崎に期待してた夢の世界」に固執していたように思う。



黒崎と結婚して、仕事もやめて、高級マンションで暮らし、休日はクルージング。

そんな夢のようなセレブの生活。

しかし、現実は鋭い刃となって十和子の心臓を突き刺す。

別れ際に、殴られたり蹴られたりしたことよりも、十和子には黒崎に捨てられことの方が痛かった



十和子が黒崎に捨てられた直後、十和子は陣治と出会い、陣治は十和子のためにマンションを買い、十和子は仕事を辞め、二人で暮らすようになる。



映画「彼女がその名を知らない鳥たち」蒼井優と竹野内豊


「理想の女性像」に対するステレオタイプを覆す陣治の「愛のカタチ」


十和子とは真逆に、陣治は「愛した相手に何も期待しない男」である。

愛した女性が望むことをなんでも叶えてあげるのが愛情」だと思っている。

十和子がマンションに住みたいならマンションを買うし、仕事を辞めたいなら生活費は陣治が稼ぐし、他の男とセックスしたいなら、それすらも黙認してしまう。

ヒモ女にひたすら貢ぐ男である。



だからこそ、陣治は自信をもって「十和子を幸せにできるのは僕しかいない」と言い切るのである。



女性は掃除・洗濯・料理をしてくれるもの、夫に尽くしてくれるのが夢の奥さん。

陣治のしていることは、そんな「ステレオタイプの理想の女性像」を見事にくつがえす



画面のこちら側にいる観客は、少数派で共感されにくい陣治の行動を観て、「いつかキレるんじゃないだろうか」「そんなに十和子を愛しすぎちゃって大丈夫なんだろうか」と、「いつか爆発する陣治」を期待してしまう。

すると、そこへ「黒崎が失踪」の知らせが入ってきて、観客は「あぁやっぱり」と思う。

「黒崎を殺したのは陣治じゃないのか」と予想し、「陣治は良い人そうに見えるけど、その裏では嫉妬や怒りが渦巻いていたんだね」と勝手に想像する



しかし、それは十和子が「恋の熱」に浮かされて、黒崎に対して見果てぬ夢を見ていたように、観客も「陣治の愛のカタチ」を勝手に「あり得ない」と決めつけ、そこから妄想を抱いていたことがわかる。

これは「無償の愛」なんてあるはずがないと思っていた観客の心の汚れ具合を試すような作品だった。



映画「彼女がその名を知らない鳥たち」阿部サダヲと蒼井優


「その時」に備えて舞台をセッティングしていた陣治



これは、これまで酷い扱いを受けてきた十和子の男性たちへの復讐の物語だった。

都合が良い時に呼びつけてセックスをし、次もまた会えるように適当にものを買い与え、耳元で甘い言葉をささやきかける。

そして、いよいよ身を固める時になったら、都合のいい女をキレイに捨て去る。



十和子自身は、目の前にいる男の人の良いところだけを見て、「私はこの人と夢の世界に行くんだ」と本気で思っていた

しかし、現実は鋭い刃となって、彼女の心を思う存分切り裂いてズタズタにする

だから、十和子は鋭い刃で彼らに仕返しをしてやっただけだった。



多くの人が「十和子はなんてバカな女なんだ」と思うかもしれないが、「恋とは人をバカにするもの」なのである。



その十和子を深く愛しながら、冷静に見ていたのが陣治だった。

だから、黒崎と似たタイプの水島と付き合い始めた十和子が心配になり、常に尾行を続けていた。

陣治が「忙しくなって、お金を入れられないかも」と言っていたのは、仕事よりも十和子のために時間を使っていたからだ。



誰よりも十和子をよく知る陣治が思ったのは、「十和子を自由にさせてあげること」だった。

だから、十和子の姉にも、水島にも「陣治=怪しい男」としての伏線を張り、十和子が二度目の復讐を果たしたところで舞台は完ぺきにセットされ、陣治は十和子のために旅立っていく

そうして、ようやく陣治は「十和子のたった一人の恋人」の座を手に入れる

そして、そこから飛び立つ「彼女がその名を知らない鳥たち」のように、十和子はようやく自由になる羽を手に入れる



そんな十和子は「共感度ゼロ」と言われるけれど、本当にゼロだろうか

愛した相手に期待しすぎてしまうのも、二人との間に見果てぬ夢を見てしまうのも、きっと誰でも経験があることではないか。

私たちは、その期待や夢に対し「そんなことがあるはずない」と思い、現実を見てブレーキをかけてしまうけど、十和子はそのブレーキが壊れていただけ。

陣治はそんな十和子を理解して、ブレーキの代わりをしていただけだった。



私にも、心の奥底の暗いところに十和子が住んでいるなと思った。

すごく共感するわけではないし、友達にも欲しくないけど、でも十和子的なところは私のどこか一部にもいるから、十和子がしていることを理解することができる



さて、自由な羽を手に入れた十和子は、その後、社会とうまく付き合うようになれるのか。

それとも、二番目の陣治を探しに行くのか…

なんとも怖い話だった。


映画「彼女その名を知らない鳥たち」はU-NEXT で配信中!






ゆるめの映画ネタはこちら→「とにかく映画が好きなんです」【別館】

映画のコラムやイベントに参加した話、音楽やご飯ネタなども掲載しています。

この【本館】よりも、もっとユルッとした裏アカです。

こちらも、ぜひ。
 ↓





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





映画「彼女その名を知らない鳥たち」はU-NEXT で配信中!


Amazonプライムで観る:「彼女がその名を知らない鳥たち」

彼女がその名を知らない鳥たち

新品価格
¥400から
(2018/11/4 16:38時点)



DVDで観る:「彼女がその名を知らない鳥たち」

彼女がその名を知らない鳥たち 特別版 [Blu-ray]

新品価格
¥5,265から
(2018/11/4 16:39時点)



【映画パンフレット】彼女がその名を知らない鳥たち

【チラシ付き、映画パンフレット】 彼女がその名を知らない鳥たち

新品価格
¥1,700から
(2017/12/5 16:10時点)



映画「彼女がその名を知らない鳥たち」オリジナル・サウンドトラック

映画「彼女がその名を知らない鳥たち」オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,500から
(2017/12/5 16:10時点)


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック