渡辺謙主演、クリント・イーストウッド監督の映画「硫黄島からの手紙」をNHK BSプレミアムで観た。

1944年6月、第二次世界大戦における硫黄島での戦いを日本兵たちが家族にあてた手紙と共に描く。

クリント・イーストウッドによる、硫黄島の戦いについて描いた「父親たちの星条旗」に続く2作目。

満足度 評価】:★★★★☆

終戦から80年が経ち、この当時の日本兵たちの心情について、なかなか理解できない部分があったが、この映画を観ながら、私はもしかして、クリント・イーストウッドと同じような距離感で兵士たちのことを考えていたのかもしれないと思った。

「なぜ彼らはお国のために死んでいったのか」その思いを見つめ、考える映画となった。


目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想
  6. 関連記事


「硫黄島からの手紙」予告編 動画

(原題:LETTERS FROM IWO JIMA)



更新履歴・公開、販売情報

・2016年8月19日 NHK BS プレミアムで観た感想を掲載。

・2019年8月12日 NHK BS プレミアムでの放送に合わせて加筆修正。

現在、DVD、ネット配信、共に販売中。



見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「硫黄島からの手紙」は、現在U-NEXT で配信中

本ページの情報は2019年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Amazon Primeで観る:「硫黄島からの手紙」

硫黄島からの手紙

新品価格
¥199から
(2018/8/27 11:17時点)



DVDで観る:「硫黄島からの手紙」(特製BOX付 初回限定版)

硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版) [DVD]

新品価格
¥1,470から
(2019/8/12 12:17時点)



原作本「栗林忠道 硫黄島からの手紙」

栗林忠道 硫黄島からの手紙

新品価格
¥1,028から
(2016/8/19 16:24時点)





キャスト&スタッフ


出演者

渡辺謙
…(「怒り」、「インセプション」など)

…(「検察側の罪人」など)

〇伊原剛志


〇中村獅童

〇裕木奈江

監督

クリント・イーストウッド


2006年製作 アメリカ映画




あらすじ


1944年6月。第二次世界大戦において、日本にとっては不利な戦いが続いていた。

東京から遠く離れた太平洋の島、硫黄島では明日米軍が攻めてくるかもしれないという状況の中、空軍による支援がないという危機的な状態にあった。

そんな中、新しい指揮官として赴任してきたのが栗林中将(渡辺謙)だった。

栗林は硫黄島に到着するなり、これまでの作戦を変更したり、作業を止めさせるなど、明らかに通常のやり方とは違う方法で動きだしたため、そのやり方についていけない者たちも出始めていた。

その一方で、体罰や無駄死にを徹底的に嫌う彼の人間性が多くの兵士たちからの支持を集めることとなったのだが…。



映画「硫黄島からの手紙



感想(ネタバレあり)


米兵と日本兵の違い…


第二次大戦の硫黄島で日米間の戦いの様子が描かれている。

特に、日本兵たちが家族にあてた手紙と共に、日本兵からの視点で、日本兵=悪としてではなく、あくまでも各個人の人間性を描いている描いているのが特徴だ。

どっちが勝ったとか、どっちが敵だ、悪魔だという話ではなく、その時、硫黄島にいた全ての人たちが恐怖と闘い、必死で生きようとしていたことが「父親たちの星条旗」と合わせて観るとよく分かる。



しかし、そこは戦場。

当然のように、多くの人間が命を落としていく。



接近戦により米兵に殺された者、米軍の爆撃機により命を落としていく者…。

自害していく者、上官により処罰を受けて死んでいく者…。

この自害していく者の多さが、日本兵と米兵では大きく違っているところだ。



映画「硫黄島からの手紙」渡辺謙

なぜ、彼らは自害するのか…


私自身の正直な感想を言えば、「なぜ国のために命を落としていくのか」その理由が分からない。



この映画を観終わった後でも、その心情の核心の部分が理解できない。

私は、自分のために生きている。

国のために生きているわけじゃない。



だから、「国のために死んでください」と言われても、絶対に死ねないのだ。

むしろ、そうするぐらいなら、この映画の中村獅童演じる伊藤中尉のように、死んだふりをしてでも、捕虜になってでも生き延びたいと考える。



映画「硫黄島からの手紙」渡辺謙



兵士たちの手紙を通して見えてくる心情…


それではなぜ、当時の兵士たちは、敵にこの身を渡すぐらいなら、死んででも「国のために」身を捧げることができたのか。



それが、戦前の富国強兵の教育の結果なのか。

それが、戦争の作った産物だったのか。

それとも、80年経った現在の日本人と当時の日本人では本質がちがうのか…。



私は、クリント・イーストウッドも「なぜ、日本兵たちは『お国のために』と言って死んでいったのか」と不思議に思ったに違いないと思う。

だから、彼らが家族に宛てた手紙を通して、その心情を理解しようとしたのではないか。



映画「硫黄島からの手紙」渡辺謙、クリント・イーストウッド監督



個よりも家族、家族よりも国という時代


しかし、その手紙に書かれていたのは、戦地の悲惨さより、本土に遺したてきた家族への思いばかりだった。

そこで、きっとクリント・イーストウッドは、「日本兵たちは個よりも、家族。家族よりも国を大切にする国民だった」ということが理解できたのではないかと思う。



というのも、私自身の視点も、当時の日本人より、今のクリント・イーストウッドの視点に近いなと思ったからだった。



戦後80年が経ち、日本人も、国や家族より個人を優先する個人主義の人たちが増えてきたということだと思う。

どう考えても日本のために切腹するなんて理解できない。

それが、私の率直な感想だった。



映画「硫黄島からの手紙」二宮和也



「昨日の友が今日の敵」が戦争そのもの


この映画の全てを見終わって、心に残るのは開戦直前、栗林中将がアメリカの友人たちと楽し気に談笑している姿が心に残る。



「国のためだったら友人のアメリカ人を殺すこともできますよ」

「国のためですから」



それは、食事の席での冗談だったが、結局、アメリカと日本は、そんな冗談のような関係になってしまった。



戦争は、それまでに築いた友情や愛情を全て無にしてしまうものだ。

家族に愛情を込めて描いた手紙も届かない。

そんなに悲惨で悲しいことは二度とあってはいけないと。



戦争映画を観るたびに思う。






見逃しちゃった?でも大丈夫!映画「硫黄島からの手紙」は、現在U-NEXT で配信中


本ページの情報は2019年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村







ネット配信で観る:「硫黄島からの手紙」

硫黄島からの手紙

新品価格
¥199から
(2018/8/27 11:17時点)



DVDで観る:「硫黄島からの手紙」(特製BOX付 初回限定版)

硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版) [DVD]

新品価格
¥1,580から
(2016/8/19 16:24時点)



原作本「栗林忠道 硫黄島からの手紙」

栗林忠道 硫黄島からの手紙

新品価格
¥1,028から
(2016/8/19 16:24時点)