とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:西田敏行



北野武主演・監督の「アウトレイジ 最終章」を映画館で観た。

日本のヤクザの抗争を描く「アウトレイジ」三部作 最終章。


満足度 評価】:★★★★☆

相変わらず面白かった。

私は毎度、このシリーズを通して、日本の社会で起きていることを見るのだけど、今回は「グローバル化に飲みこまれる日本」だった。

では、日本は全てを奪われてしまうのか…。

そうではない。日本にもまだ希望はあると、北野武は希望を残す。


「アウトレイジ 最終章」予告編 動画






「アウトレイジ 最終章」DVD

アウトレイジ 最終章 [DVD]

新品価格
¥2,954から
(2018/7/9 11:46時点)



【映画パンフレット】「アウトレイジ 最終章」

【映画パンフレット】 アウトレイジ 最終章 監督 北野武 キャスト ビートたけし、西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、塩見三省、白竜、名高達男、光石研、原田泰造、池内博之、岸部一徳

新品価格
¥1,588から
(2018/7/9 11:48時点)



予習・復習に「アウトレイジ」DVD

アウトレイジ [DVD]

新品価格
¥2,791から
(2017/10/31 13:10時点)



予習・復習に「アウトレイジ ビヨンド」DVD

アウトレイジ ビヨンド [DVD]

新品価格
¥2,873から
(2017/10/31 13:11時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ビートたけし
…(「ゴースト・イン・ザ・シェル」、「女が眠る時」、「アウトレイジ ビヨンド」、「アウトレイジ」、「HABNA-BI」、「座頭市」、「その男、凶暴につき」など)

西田敏行
…(「アウトレイジ ビヨンド」、「ザ・マジックアワー」など)

…(「鈴木家の嘘」など)

ピエール瀧
…(「孤狼の血」、「怒り」、「凶悪」など)

…(「検察側の罪人」など)

大杉漣
…(「HANA-BI」など)

〇塩見三省

〇白竜
…(「HANA-BI」、「その男、凶暴につき」など)

〇金田時男

監督・脚本・編集


北野武
…(「アウトレイジ」、「HABNA-BI」、「座頭市」、「その男、凶暴につき」など)


2017年製作 日本映画



アウトレイジ最終章



あらすじ


かつて、山王会の一派で大友組会長だった大友(ビートたけし)は、山王会元会長の葬式で刑事の片岡を殺害。

その後、韓国フィクサーである張会長(金田時男)の庇護の元、子分の市川(大森南朋)と共に、韓国の済州島で裏社会を仕切っていた。

ある時、大友が仕切る店へ大阪 花菱会の花田(ピエール瀧)がやってきていちゃもんを付けた上、大友の子分の一人を殺したことから、大友は日本へ帰る決意をする。



アウトレイジ最終章3



感想(ネタばれあり)


グローバル化が進む裏社会と韓国へ雲隠れしていた大友


アウトレイジ」では、二か国語を操り、株で利益を出すという、これまでの典型的なヤクザにはいなかった新人類ヤクザを登場させたことで、古き良きヤクザの終了を描き、

続く、「アウトレイジ ビヨンド」では、どこにも所属しないヤクザが大暴れし、ヤクザという枠を超えたフリーランスの時代がやってきたことを描いていた。

このシリーズの面白さは、日本の社会状況をそのままヤクザの世界に反映させている部分にあって、ここに描かれる組織の中で起きている問題は、一般企業の中でも起きている問題でもあった。



今回の「最終章」では、ヤクザたちの抗争の中に、韓国フィクサー・張グループが登場する。

元々、東京の裏社会は山王会のシマだったのだが、張グループが勢力を広げ、今では裏社会のみならず、経済界、政界も顔がきく大物へと成長していた。



主人公の大友は、前作で刑事の片岡を殺してから張会長の世話になり、済州島に身を隠していたが、花菱会の若手に子分を殺されたことがきっかけで、日本に帰ってくることになった。

また、大友はどの組にも属さないフリーランスのヤクザの身なのだが、かつて世話になった恩は決して忘れないという『仁義の男』である。

しかし、昨今のヤクザ界では、その『仁義』という言葉も忘れられており、大友は古いタイプのヤクザとなってしまった。



アウトレイジ最終章4


お家騒動で勢力を縮小していく花菱会



面白かったのは、それぞれのヤクザの腹の内とだまし合い。

特に、「花菱会」の内部抗争。

先代が亡くなった際、本来の掟でいえば「若頭」であるはずの西野(西田敏行)がそのまま会長に昇格するはずが、なぜか、証券会社を定年退職したばかりの娘婿の野村(大杉漣)がその場に居座ることになる。

これは、西野にとって面白くない。

さらに、これまで「ドラッグの販売禁止」だった掟を破って大儲けしている花田が頭角を現す。



これを一般企業で例えるなら、社長が退職することになり、次は副社長の時代か…。

と思っていると、どこからか、畑違いの会長の娘婿がやってきて、訳も分からないくせして「あーだこーだ」と騒ぎ立てる。

さらに、『副業禁止』のはずなのに、副業で人脈を広げた若手が売り上げトップになって、幹部からチヤホヤされる。

そんな事態。



しかし、花田は実績を上げているだけに、誰も何も言えない。

必要なのは、生き抜くためのしたたかさや、あざとさなのだ。



当然、これには組の者たちのモチベーションは下がるわけで、内部分裂が起きる。

じゃぁ、いっそのこと、「会長派」のメンツを一気に始末しようかと考えるが、自分の手を汚したくないし、内部分裂にしちゃうと外からは「弱体化」に見えてよろしくない。

そこで、花菱会に恨みを持っている大友の『仁義』をうまいこと利用して、暴れてもらおうと考える。



まぁ、なんともセコイというか、汚いというか…。

その結果、花菱会の数は一気に減ってしまったけれども、幹部たちは、目の上のたんこぶである会長や花田も厄介払いできたし、組も昔のスタイルに収まって満足している…。



しかし、そのお家騒動をしている間に、張グループは順調に稼ぎを増やして勢力を広げている

そんなんで、日本のヤクザはこのまま存続できるのか…。

そこが、この『最終章』のテーマになっている。



アウトレイジ最終章2


韓国フィクサー 張がすることをただ見ているだけの日本のヤクザ



東京と大阪のヤクザ同士の抗争の中で、最も大きな勢力を誇るのは韓国フィクサーの張である。

日本のヤクザの会長や幹部たち、例えば西野や野村が小さなことでギャースカ騒ぎ立てていることに比べ、張はどっしりと構え、目の前に銃を持ったチンピラが立っても、一切動じない。

むしろ、銃を持って構えているチンピラの方が、丸腰の張を見てビクついて硬直してしまっている。

さすが、多くの修羅場を乗り越えてきた張には「何をしても勝てない」威圧感がある



その張が象徴するのは、ヤクザの世界に進出するグローバル化である。

この映画の中でも、張は香港や中国の土地取引の指示を韓国語で出す。

すると、指示を出された手下は韓国語で聞き、英語で取引をする。

そんな彼らは、東京を拠点にして世界の土地ころがしをしているという印象だった。



その様子を、花菱会の西野や花田は口をあんぐりとしながら「なんだ、あいつら英語しゃべってるぞ」と言って眺めている。

これには呆れて笑ってしまった。

同じ土俵で戦っているという意識がない

君たちが口をあんぐりと開けている間に、相手はどんどん金を稼いでいるんだよ。

そのうち、あんたたちのシマも買収されちゃうんだよ。



よく、日本人の土地やマンションを中国人グループが買い占めているという話をニュースで見る。

彼らは違法に奪ったわけではない。

合法的に買っているのである。

そんな中国人に対して、「土地やマンションを買うな」と言っても無駄。

買われたくないなら、自分たちが実力をつけ、相手を出し抜くしかない。

呆れるほどに日本人は『お人好し』なのである。



もっと賢く常に世界の動きを見るべきで、うかうかしていると、日本固有の物など、何ひとつない世界に様変わりしてしまうかもしれない。



アウトレイジ最終章5


「世界を知ること」が日本の若者への希望になる



それでは、グローバル化の波が押し寄せて、「仁義の男」大友もいなくなってしまったら、日本のヤクザは終了ということなのか。

という疑問に対して、この映画は最後に希望を持たせる。



韓国で大友が数年間育てた市川(大森南朋)は、大友のDNAを引き継ぐ者であり、済州島の裏社会でもまれた国際感覚を持つヤクザである。

そのために、市川の命を助け、先に済州島へ帰らせたのである。

これまでの北野作品であれば、「全員死亡」という終わり方もあったと思うけど、あえてそれをせず、花菱会の幹部や市川を残したのは、

「また、日本だって死んじゃいねーよ」

というメッセージなのでは。



しかし、そこには、ヤクザ界だけでなく、経済界だって明らかに弱体化している日本の姿がある。

日本がバブルで経済界が元気だった時、ヤクザの世界も一番忙しかったことを思えばよく分かる。

ヤクザは金がある人たちに寄生する生き物。

日本人の元気が無ければ、自然と衰退するようにできているのだ。



ということは、市川がヤクザ界の希望なら、北野武がこれからの日本の希望として、若者に「もっと世界を見ろ」と言っているのでは。

市川のように韓国と日本を股にかけて活躍するぐらいのバイタリティと逞しさが必要だということ。

それは、自身、世界の股にかけている『世界のキタノ』だからこそ、説得力があるのだと思う。

関連記事


「アウトレイジ」古き良き時代のヤクザ終了。能力を持った個人がのし上がる時代が到来。北野武 監督・脚本・編集【感想】

「アウトレジ ビヨンド」ヤクザとは死ぬまで仁義を守り通すもの。組織に属さず自分の腕だけで戦う時代が到来。人気シリーズ第2弾。北野武 監督・脚本・編集【感想】







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「アウトレイジ 最終章」DVD

アウトレイジ 最終章 [DVD]

新品価格
¥2,954から
(2018/7/9 11:46時点)



【映画パンフレット】「アウトレイジ 最終章」

【映画パンフレット】 アウトレイジ 最終章 監督 北野武 キャスト ビートたけし、西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、塩見三省、白竜、名高達男、光石研、原田泰造、池内博之、岸部一徳

新品価格
¥1,588から
(2018/7/9 11:48時点)



予習・復習に「アウトレイジ」DVD

アウトレイジ [DVD]

新品価格
¥2,791から
(2017/10/31 13:10時点)



予習・復習に「アウトレイジ ビヨンド」DVD

アウトレイジ ビヨンド [DVD]

新品価格
¥2,873から
(2017/10/31 13:11時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


北野武 監督「アウトレイジ ビヨンド」をWOWOWで観た。

前作『アウトレイジ』から2年。その後、関東で勢力を拡大させる山王会と、それをけん制する関西の花菱会の抗争を描く。


満足度 評価】:★★★★☆

人気シリーズ第2弾。

『アウトレイジ 最終章』のために鑑賞。

ここで描かれるのは、ヤクザを突き動かす原動力や、どんなに時代が変わっても守り通さなければならない仁義

そして、旧態依然とした組織を離れ、フリーランスとして生きていく新しいスタイルを見た作品だった。


「アウトレイジ ビヨンド」予告編 動画





「アウトレイジ ビヨンド」 DVD

アウトレイジ ビヨンド [DVD]

新品価格
¥2,873から
(2017/10/13 20:00時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ビートたけし
…(「アウトレイジ 最終章」、「ゴースト・イン・ザ・シェル」、「女が眠る時」、「アウトレイジ」、「HABNA-BI」、「座頭市」、「その男、凶暴につき」など)

西田敏行
…(「ザ・マジックアワー」など)

〇三浦友和
…(「アウトレイジ」など)

加瀬亮
…(「鈴木家の嘘」、「モリのいる場所」、「沈黙-サイレンス-」、「アウトレイジ」、「永遠の僕たち」、「硫黄島からの手紙」、「誰も知らない」、「それでも僕はやってない」など)

小日向文世
…(「サバイバルファミリー」、「アウトレイジ」、「ザ・マジックアワー」など)

桐谷健太
…(「彼らが本気で編むときは、」、「バクマン。」、「くちびるに歌を」など)

新井浩文
…(「泣き虫しょったんの奇跡」、「バクマン。」など)


監督・脚本・編集

北野武
…(「アウトレイジ 最終章」、「アウトレイジ」、「HABNA-BI」、「座頭市」、「その男、凶暴につき」など)


2012年製作 日本映画



アウトレイジビヨンド



あらすじ


あれから2年。

山王会の会長が殺されてから2年。

当時No.2だった加藤(三浦友和)が会長となり、急激に力をつけた石原(加瀬亮)がNo.2となり、ますます勢力を拡大させていた。

山王会が勢力を拡大させていることに警察は頭を悩ませていたが、マル暴の片岡(小日向文世)は刑務所で死んだと噂されていた元大友組 組長の大友(ビートたけし)を出所させ、2年前のツケを払うように仕向けるが大友は思うように動かない。

そこで、片岡は堅気になってくすぶっていた木村(中野英雄)を大友に引き合わせる…。



アウトレイジビヨンド5



感想(ネタばれあり)


ヤクザの世界も『組織』から『個』へ



前作『アウトレイジ』から2年後の世界。

現在公開中の『アウトレイジ 最終章』の予習のために観た。

誰から見ても、どこから見てもヤクザ映画なんだけど、私としては、彼らの人間模様を中心とした人間ドラマとして観るのが好き。

まるで『ヤクザの世界』をのぞき見している気分になる。



前作の『アウトレイジ』では、「ヤクザの世界も能力主義の時代がやってきた」ことが描かれていた。

参考:「アウトレイジ」古き良き時代のヤクザ終了。能力を持った個人がのし上がる時代が到来。北野武 監督・脚本・編集【感想】

本作は、それから2年後の世界。

ついに、ヤクザの世界もITの時代なんだなと思いながら、この作品を見始めたら、全てがひっくり返されてリセットされてしまった。



「ふざけんな、なにが株だITだ!ヤクザは所詮ヤクザじゃねーか」

っていう監督のぼやきが聞こえてきそうな、ヤクザ:リターンズな作品だった。

ただし、これまで重要だった、組長、若頭、幹部、手下っていう肩書や縦社会は完全に崩壊していく

元大友組 組長の大友は、どこにも所属しないままヤクザの世界を荒らしまわっていく

これらからの時代はヤクザの世界も『組織』ではなく、『個の力』の時代なのである



アウトレイジビヨンド3


2つの巨大な組織をけしかけて、潰し合いを目論む警察



関東で最も大きな組織の山王会では、No.2である石原による指示の元、株やヘッジファンドで金儲けをし、勢力を拡大させていた。

関西No.1の花菱会は、旧態依然のヤクザ組織を維持し、新しいスタイルで勢力を拡大させていく山王会をよく思っていなかった。

さらには、警察も巨大化する山王会に頭を抱えていた。



そんな二つの組織を利用して、うまいこと出世しようと考えたのが小日向文世演じるマル暴の片岡である。

片岡の目的は、「山王会と花菱会の勢力を縮小させること」。

そのためには、山王会と花菱会を互いに戦わせればいいと考え、台風の目になるように、刑務所にいる大友を予定よりも早く出所させる。

そして、片岡の策略どおり、これまで均衡を保ってきた緊張が一気に解かれ、殺し合いが始まっていく…。



どこにでも、余計なことを言う奴がいる

Aさんには、「Bさんがあなたの悪口を言っていたよ」と言い、Bさんには「Aさんがあなたの悪口を言っていたよ」と言う、AさんとBさんがケンカを始めると、けしかけた本人は、「何も知らないよ」って感じの涼しい顔をしている。

この片岡こそ、そんなタイプの人間だった。



大友には「先輩、先輩」と言って慕っているようなフリを見せ、良い後輩ぶって、出所にもお迎えに行ったりして、でも、腹の底では、大友を『山王会を潰す駒』として利用しようとしている

しかし、大友はそんな片岡をなかなか信用しようとしない。



アウトレイジビヨンド2


時代が変わっても守り通すのが「仁義」



どんな人にも、「絶対に越えてはいけない線」っていうのがある。

昔ながらのヤクザである大友にとって、それは「仁義」だった

大友にとって、木村は杯を交わした時に、「仁義を守る仲」になっていて、そうなった以上は、木村に何かあれば大友が復讐するのが当たり前。



そもそも、刑務所から出た大友は、ヤクザに世界に戻るつもりはなく、裏社会を牛耳る韓国人 張の世話になろうと思っていた。

しかし、そんな大友を再びヤクザの世界に連れ戻したのは、その「仁義」だった。

刑務所の中で大友の腹を刺しておきながら、それを謝罪し、杯を交わした木村との間には「仁義」ができた。

だから、その木村との仁義を守るためにも大友は山王会へ復讐に行く。



本当だったら、もう忘れた世界だったのに、「仁義」が彼を呼び起こす

そして、その「仁義」が先代の復讐を遂げさせる



刑事の片岡は、大友がそんな昔かたぎのヤクザだと知っていたから、くすぶっている木村をけしかけ、大友との間に「仁義」を作らせる

そして、その「仁義」を利用して山王会をかき回し、勢力が弱まったところをアピールして出世を目論む

しかし、自分こそが一番賢い人間だと有頂天になっている片岡には、最後に地獄が待っている。



アウトレイジビヨンド4


古い組織を捨て、フリーランスで生きていく時代



前作の『アウトレイジ』がヤクザの世界に実力主義が到来した話だとしたら、今回の『アウトレイジ ビヨンド』では、ヤクザの世界にも組織に属さないフリーランスの時代が到来する。



前作では山王会の傘下だった大友組の組長・大友。

そのNo.2が親分を裏切って山王会にクーデターを起こし、大友は刑務所へ。

大友組は事実上の解散となる。

そして、今回刑務所から出てきた大友は、山王会の世話になることなく、ふらついていた木村と手を組んで暴れまわる。



本来なら、縦社会の厳しい組織であるヤクザの世界で、フリーランスが切り込む余地などないはずなのに、大友は掟破りなどお構いなしに切り込んでいく

それは、ビジネスの世界でも同じで、これからの時代は組織にしがみつくのではなく、組織に属していなくても、腕があれば自分の力で道を切り開けることを示している



これまで目障りだった片岡を生かしておいたのは、利用価値があったからこそ

しかし、これからの時代は国や警察を利用しなくても、自分の力だけで生きていける

むしろ、古臭いしがらみを捨てて、新しい時代を切り開いていく

そう思ったからこそ、片岡と決別したのだと思った。



そして、『アウトレイジ 最終章』は、それから5年後の世界を描く。

どこの組織にも属さず、フリーのヤクザである大友は、次に何をしでかすのか。

とても楽しみである。


関連記事

「アウトレイジ」シリーズ 一作目
「アウトレイジ」古き良き時代のヤクザ終了。能力を持った個人がのし上がる時代が到来。北野武 監督・脚本・編集【感想】

「アウトレイジ」シリーズ 三作目
「アウトレイジ 最終章」裏社会に押し寄せるブローバル化の波。飲みこまれる縄張り。奪われる経済。日本のヤクザに希望はあるのか?北野武 監督・脚本・主演作品【感想】





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「アウトレイジ ビヨンド」 DVD

アウトレイジ ビヨンド [DVD]

新品価格
¥2,873から
(2017/10/13 20:00時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


佐藤浩市主演、三谷幸喜脚本、演出の映画「ザ・マジックアワー」をWOWOWで観た。

マフィアのボスの愛人との仲ばバレてしまい、ボスから幻の殺し屋「デラ富樫」を探してこないと殺すと言われたショーレストランの支配人が、ボスをだますために、一大芝居をうつというお話。

満足度 評価】:★★★★☆

笑ったなぁ。爆笑に次ぐ爆笑の映画だった。

そして、その笑いの中に、映画に対する愛情がいっぱい詰まっていて、心が温まる映画だった。


出演佐藤浩市妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向文世、寺島進、戸田恵子、伊吹吾郎

監督三谷幸喜 2008年製作 日本映画

「ザ・マジックアワー」TVCM 動画





「ザ・マジックアワー」 スタンダード・エディションDVD

ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]

新品価格
¥1,713から
(2016/9/2 20:08時点)



「ザ・マジックアワー」 オリジナルサウンドトラック

ザ・マジックアワー オリジナルサウンドトラック

新品価格
¥4,000から
(2016/9/2 20:08時点)



あらすじ


小さな田舎町。ショーレストラン「赤い靴」の支配人、備後登(妻夫木聡)はボスの愛人マリ(深津絵里)との仲がマフィアのボス(西田敏行)にバレてしまう。

備後はボスから、「幻の暗殺者「デラ富樫」を連れて来ないと殺す」と言われてしまう。

デラ富樫とは友人だと嘘をついた備後は、デラ富樫の顔も分からない。

しかし、命の期限が迫っている。

そこで、売れない俳優の村田(佐藤浩市)に、「デラ富樫」という役名で村田が主役の映画を撮ると言ってだまし、町まで連れてくるのだが…。

ザ・マジックアワー


感想(ネタバレあり) 登場人物たちがおかしくて愛おしい


面白かったなぁ。笑ったわぁ。

今、ここにある現実は、映画なのか、それともリアルなのか。

そのギリギリの境目でウロウロしている人たちの姿をとても滑稽に描いている。

全ての登場人物たちの言動が面白すぎて爆笑だった。

「あなたが主役だ」と言われ、その気になってしまう売れない俳優の村田。

村田がデラ富樫だと言われてすぐに信じてしまうボス。

村田を怪しむボスの部下の黒川(寺島進)。

なんとかバレないように丸く収めようと思っているけど、先の展開を何も考えていない備後。

それぞれが真剣になればなる程、なんだかおかしく、それでいて愛おしい。


ザ・マジックアワー2

映画で描かれるリアルと、映画のようなリアル


そして、この映画には、三谷幸喜監督の映画への愛情がたっぷり詰まっている。

私たちは日頃、映画を観ていて、「これは現実ではないのか」と錯覚してしまうことがある。

リアリティを感じれば感じる程、私たちはそれを「良い映画」だと思う。

この映画では、俳優の村田が現実世界で起きていることを「これは映画だ」と錯覚してしまう。

映画の現場では、セットから背景、照明まで、全てにおいて現実をそのまま忠実に表現するため、村田がそう錯覚してしまうのも無理はない。

それは、小道具、大道具、照明、音響を始めとした、日の目を見ない裏方のスタッフたちの仕事があってこそ。

この映画では、そんな彼らを舞台裏からスポットライトの下に引きずり出し、光をあて、「この仕事ができるのはあなたしかいないんですよ」と語りかける。

裏方の人たちの努力があってこそ、映画の世界を現実と錯覚し、現実に起きていることを、映画のワンシーンだと錯覚する。

映画の中で登場人物たちが、「まるで映画のワンシーンみたいだったね!!」というセリフを口にする。

そう思えることこそが映画の素晴らしさであり、三谷幸喜の映画へのオマージュだったように思う。

私たちはいつも、「映画のワンシーンのような現実」を生きているのだ。


ザ・マジックアワー3

映画の素晴らしさは演技の善し悪しではなく、その心意気


そして、この映画の中で、私が最も心に残るセリフがある。

「映画は演技の善し悪しで決まるものではない。大切なのは作る側の心意気なんだよ」

それは、最後の大一番に向けて、売れない俳優村田が演技経験がなく不安そうにしている素人たちに言った一言だ。

それを制作する側が言ってしまうと、ちょっと言い訳にしか聞こえないが…。

でも、私にはその気持ちがすごく分かると思った。

私は昔から映画をたくさん観ていたが、若い頃は「下手な俳優は映画に出るな」と思っていた時期があった。

でも、最近は、そう思わなくなった。

俳優の演技がうまくても面白くない映画はあるし、逆に演技が下手でも面白い映画はたくさんある。

制作者側の思いがギッシリと詰まった映画は、人の心を打つし、そうじゃない映画は観ている人の心までは届かない。

監督、役者、スタッフがみんなで「良い映画を撮ろう」と思って作られた作品は、きっと誰かの心を打つ。

村田のセリフには、そんな思いが込められているんだろうと思った。

それは同時に、この映画には「たくさんのスタッフの思い」が込められているんですと言っているような気がした。



ザ・マジックアワー4

全ての景色が最も美しく見える瞬間「マジックアワー」


タイトルにある「マジックアワー」とは、映画で太陽が沈む寸前、全ての景色が美しく撮れる時間を指している言葉なんだとか。

この映画は、俳優たち、スタッフたち、全ての人々にとって「もっとも美しい瞬間」を写した映画だ。

マフィアのボスは全てを捨てて踊り子に恋をし、村田は主演俳優として有終の美を飾る。

そして、その脇役俳優のために小道具、大道具のスタッフ達が結集し、備後は映画監督として最高の仕事をする。

人生も映画と同じで、一生に一度は、最も美しい時である「マジックアワー」を迎える時がある。

私たちは、その時のために、日々を一生懸命に生きているのかもしれない。





↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「ザ・マジックアワー」 スタンダード・エディションDVD

ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]

新品価格
¥1,713から
(2016/9/2 20:08時点)



「ザ・マジックアワー」 オリジナルサウンドトラック

ザ・マジックアワー オリジナルサウンドトラック

新品価格
¥4,000から
(2016/9/2 20:08時点)




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック