とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:運び屋



クリント・イーストウッド主演・監督の映画「運び屋」を試写会で観た。

87歳の老人が麻薬の運び屋をしていたという報道記事を元に、麻薬の運び屋をする孤独な老人の姿を描いた作品。



映画「運び屋」


満足度 評価】:★★★★☆

驚きの実話を映画化。

クリント・イーストウッドが90歳の運び屋アールを通じて「人生で最も大切にすべきことは何か」をブラッドリー・クーパーに語る。

それは師匠から弟子への遺言のように聞こえ、だからこそ心に沁みて泣けてくる映画だった

目次

  1. 予告編
  2. 更新履歴・販売情報
  3. キャスト&スタッフ
     出演者
     監督
  4. あらすじ
  5. 感想


『運び屋』予告編 動画

(原題:The Mule)



更新履歴・公開、販売情報

・2019年2月20日 試写会にて鑑賞。

・2019年4月3日 感想を掲載。

・2019年12月29日 WOWOWでの放送に合わせて加筆・修正。

詳しい作品情報につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
 ↓





キャスト&スタッフ


出演者

クリント・イーストウッド(兼 監督)


ローレンス・フィッシュバーン


〇ダイアン・ウィースト


〇イグナシオ・セリッチオ

〇アリソン・イーストウッド



製作・監督

クリント・イーストウッド
…(「ハドソン川の奇跡」、「アメリカン・スナイパー」、「ジャージーボーイズ」、「インビクタス/負けざる者たち」、「グラン・トリノ」、「硫黄島からの手紙」、「父親たちの星条旗」、「ブラッド・ワーク」など)


2018年製作 アメリカ映画




あらすじ

ゆり農家を営んでいたアール(クリント・イーストウッド)は、家族と過ごす時間よりも仕事を優先して生きてきたが、ネット通販の時代に乗れず、販売額がガタ落ちし、家は差し押さえられてしまう。

気付けば90歳になっていて、離婚した妻(ダイアン・ウィースト)や子供たちから見放されていた。

そんな生活に途方に暮れていたアールは、「荷物を運べば金を支払う」という仕事を持ち掛けられ、車の運転が得意だったアールは、荷物の中身が何か知らないまま、その話に乗ってしまうのだが…。



映画「運び屋」


感想(ネタばれあり)


この映画の感想につきましては、私が「ぴあ映画生活」に掲載したものをご紹介します。


運び屋 (2018)



★★★★ [80点]「90歳になって思うこととは」


沁みる映画だったー。

87歳の老人が一人で麻薬の運び屋をしていたという報道記事に着想を得て製作された作品。

映画では、90歳の主人公アールが「ただの老人」から「運び屋」になるまでが描かれている。



そのアールの姿を見て思う。

人は、90歳になった時、何を思うだろうか

クリント・イーストウッドからしたら若輩者の私が思うことは、ただの想像でしかない。



しかし、人は90歳になった時、それまでの人生を振り返り、自分が失敗したことを、若い世代にはさせたくないから
「こんなことをしてはいけないよ」と言って諭す
のではないかと思う。



では、今年、89歳になるクリント・イーストウッドが、この90歳になる運び屋の実話を題材に選んだのは何故だろうか。

クリントなりに、この運び屋アールの人生に共感することがあり、自分の人生と重ね合わせた上で「こんな老人になってはいけないよ」というメッセージを込めて製作したかったのではと思う。



そのメッセージを私たちに届ける役割を果たしているのが、ブラッドリー・クーパーだ。

クリントの弟子とも言われるブラッドリーと、クリントが共演している場面はどれも貴重なものであり、その中で、クリントは若者世代へのメッセージを込めたセリフをしゃべっている。



アールは、これまでどんな生活を送り、何を後悔し、若い世代に何を伝えたいのか

もっと具体的に言えば、彼は「人生で最も大切にすべきことは何か」を伝えたいのだ。

それは、アールだけのものでなく、クリント自身の言葉でもあるのだ。



私の心の中では素直に認めたくないけれど、クリントはアールという役柄を通じて、ブラッドリー・クーパー世代へ遺言を遺しているのだろうと思った

ブラッドリーは、クリントからの遺言を託される重要な役割を果たしているのだ。



世界中の人たちが、クリントにはもっと作品を作って欲しいと願っているけれど、もうすぐ90歳を迎える彼は、遺すべき言葉を選んでいるのだ。



そう思ったら、後半、この映画の中でクリントの放つ言葉の一つ一つが心に沁みて、切なくなり、映画が終わると涙が出てしまった。



惨めで、孤独な老人になりたくないと思ったら、どうすべきなのか

そのクリントからのメッセージをしっかりと受け止めたいと思った作品だった


Posted by pharmacy_toe on 2019/02/28 with ぴあ映画生活




Twitterでも、映画情報や海外ドラマの情報を発信しています~




Instagramでも映画のレビューを日々更新しています~






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





Amazonプライムで観る:「運び屋」(字幕版)

運び屋(字幕版)

新品価格
¥399から
(2019/12/29 18:28時点)



DVDで観る:「運び屋」

運び屋 4K ULTRA HD&ブルーレイセット (2枚組) [Blu-ray]

新品価格
¥3,627から
(2019/12/29 18:28時点)












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


1月19日にWOWOWで放送された「Hollywood Express」の全米映画ランキングをご紹介。

これまで3週連続1位だった「アクアマン」の連勝記録を止めたのは、意外にもフランス映画「最強のふたり」のリメイク版「The Upside」だった。

その他にも、3位には犬が主役の映画「A Dog's Way Home」、圏外から「ビリーブ 未来への大逆転」がジャンプアップランクイン。




全米 映画ランキング ベスト10(1月11日~1月13日)


1位 「THE UPSIDE」

)(日本公開未定)



TheUpside







2位 「アクアマン」

)(2月8日 日本公開予定)



映画『アクアマン』オフィシャルサイト






3位 「A Dog’s Way Home」

)(日本公開未定)





4位 「スパイダーマン:スパイダーバース」

)(3月8日 日本公開予定)



映画『スパイダーマン:スパイダーバース』オフィシャルサイト



5位 「Escape Room」

)(日本公開未定)





6位 「メアリー・ポピンズ リターンズ」

)(2月1日 日本公開予定)



映画「メリー・ポピンズ リターンズ」ディズニー公式



7位 「バンブルビー」

)(3月22日 日本公開予定)



映画『バンブルビー』公式サイト



8位 「ビリーブ 未来への大逆転」

)(3月22日 日本公開予定)



映画『ビリーブ 未来への大逆転』公式サイト



9位 「運び屋」

)(3月8日 日本公開予定)



映画『運び屋』公式サイト



10位 「バイス」

)(4月5日 日本公開予定)



映画『バイス』公式サイト





先週のランキングはこちら
 ↓
全米映画ランキング(1/4~1/6)大ヒット!「アクアマン」3週連続1位!!その他、1作の新作サイコサスペンス映画がランクイン!!【予告編あり】



今週、紹介する新作は3本!


初登場で1位にランクインしたのは『The Upside』

フランス映画「最強のふたり」をブライアン・クランストンケヴィン・ハートの共演でリメイクした作品。

これは観たい!と思ったんだけど、Rotten Tomatoesの支持率は40%と残念な数字

が、観客の支持率は88%と高評価!ということは、作品としてそれなりに面白いけれど、映画としては問題点があるのかも。

TheUpside

日本では公開未定だけど、ぜひ、公開して欲しい~。



初登場で3位にランクインしたのは「A Dog's Way Home」

家からはぐれて迷子になってしまった犬が、家に帰るまでの冒険を描く作品。

主演は犬。共演はアシュレイ・ジャッド


ADogsWayHome

犬が主役というだけで、観たいなぁと思うけど日本では公開未定。



圏外から8位にジャンプアップしてランクインしたのは「ビリーブ 未来への大逆転」

1970年代のアメリカで男女同権を求める裁判を起こした弁護士の実話を映画化した作品。



ビリーブ未来への大逆転

これは観たい!日本では3月22日から公開。楽しみ!!



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~




インスタでも映画のレビューを日々更新中!!







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村








このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


1月12日にWOWOWで放送された「Hollywood Express」の全米映画ランキングをご紹介。

3週連続1位の大ヒットは「アクアマン」

それ以外の変動は少なく、新作は2位にランクインしたサイコサスペンスの「EscapeRoom」のみ。






全米 映画ランキング ベスト10(1月4日~1月6日)


1位 「アクアマン」

)(2月8日 日本公開予定)



映画『アクアマン』オフィシャルサイト

アクアマン







2位 「Escape Room」

)(日本公開未定)





3位 「メアリー・ポピンズ リターンズ」

)(2月1日 日本公開予定)



映画「メリー・ポピンズ リターンズ」ディズニー公式



4位 「バンブルビー」

)(3月22日 日本公開予定)



映画『バンブルビー』公式サイト



5位 「スパイダーマン:スパイダーバース」

)(3月8日 日本公開予定)



映画『スパイダーマン:スパイダーバース』オフィシャルサイト



6位 「運び屋」

)(3月8日 日本公開予定)



映画『運び屋』公式サイト



7位 「バイス」

)(4月 日本公開予定)



映画『バイス』公式サイト



8位 「セカンド・アクト」

)(2019年 Netflixにて配信予定)





9位 「シュガー・ラッシュ:オンライン」

)(現在公開中)



「シュガー・ラッシュ:オンライン」映画 ディズニー公式サイト



10位 「Holmes and Watson」

)(日本公開未定)







先週のランキングはこちら
 ↓
全米映画ランキング(12/28~12/30)大ヒット!「アクアマン」2週連続1位!!その他、2作の新作映画がランクイン!!【予告編あり】



今週、紹介する新作は1本!


初登場で2位にランクインしたのは『Escape Room』

ある部屋に集められた6人の他人が、そこから抜け出すために、手掛かりを見つけるか、またはそこで死ぬのかを描くサイコスリラー。

Netflixドラマシリーズ「デアデビル」のデボラ・アン・ウォールが出演。


escaperoom
日本での公開は未定。

観たいなぁ。日本で公開してくれないかなぁ。



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~




インスタでも映画のレビューを日々更新中!!







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村








このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先週の全米映画ランキングをご紹介。

2018年最後の映画ランキングは、1位から5位までが変動なし。

6位にはクリスチャン・ベールが20㎏増量して挑んだ話題の映画「バイス」が初登場ランクイン。

7位にはウィル・フェレルがシャーロック・ホームズを演じたコメディ映画「Holmes&Watson」がランクイン。





全米 映画ランキング ベスト10(12月28日~12月30日)


1位 「アクアマン」

)(2月8日 日本公開予定)



映画『アクアマン』オフィシャルサイト

アクアマン







2位 「メアリー・ポピンズ リターンズ」

)(2月1日 日本公開予定)



映画「メリー・ポピンズ リターンズ」ディズニー公式



3位 「バンブルビー」

)(3月22日 日本公開予定)



映画『バンブルビー』公式サイト



4位 「スパイダーマン:スパイダーバース」

)(3月8日 日本公開予定)



映画『スパイダーマン:スパイダーバース』オフィシャルサイト



5位 「運び屋」

)(3月8日 日本公開予定)



映画『運び屋』公式サイト



6位 「バイス」

)(4月 日本公開予定)



映画『バイス』公式サイト



7位 「Holmes and Watson」

)(日本公開未定)





8位 「セカンド・アクト」

)(2019年 Netflixにて配信予定)





9位 「シュガー・ラッシュ:オンライン」

)(現在公開中)



「シュガー・ラッシュ:オンライン」映画 ディズニー公式サイト



10位 「グリンチ」

)(現在公開中)



映画『グリンチ』公式サイト





先週のランキングはこちら
 ↓
全米映画ランキング(12/21~12/23)大ヒットで初登場1位にランクインしたのはDCコミックのアクション大作「アクアマン」!その他、5本の新作がランクイン!!【予告編あり】



今週、紹介する新作は2本!


初登場で6位にランクインしたのは、クリスチャン・ベール主演『バイス』

ブッシュ政権当時に副大統領を務めた政治家ディック・チェイニーの実話を映画化。

チェイニーを演じたクリスチャン・ベールは20㎏増量して、まるで別人。

アカデミー賞ノミネートもささやかれるこの作品が、いよいよ公開となった。

しかし、蓋を開けてみれば、批評家の支持率63%と評価はイマイチ

バイス

果たして、アカデミー賞にノミネートなるのか。

日本では、4月から公開の予定。



初登場で7位にランクインしたのは、コメディ映画「Holmes & Watson」

ウィル・フェレルがシャーロック・ホームズ、ジョン・C・ライリーがワトソン博士を演じたドタバタコメディ。

予告編を観るからに、なかなか酷い作品だけれど、Rotten Tomatoesの批評家の支持率も8%と酷評

Holmes&Watson
日本では公開未定だけど、劇場公開はしないんじゃないかな…。






Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~




インスタでも映画のレビューを日々更新中!!







↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村








このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先週の全米映画ランキングをご紹介。

クリスマスホリデーを迎えたこの週は、多くの新作映画が公開され、今週ランクインした新作はなんと6本!!

その中で、大ヒットで1位を独走したのはDCユニバース作品「アクアマン」だった。

その他、2位には「メアリー・ポピンズ」の続編、3位には「トランスフォーマー」のスピンオフ「バンブルビー」、7位にはジェニファー・ロペスの新作コメディ、9位にはスティーヴ・カレルの新作、10位には、シアーシャ・ローナンマーゴット・ロビー共演の歴史劇がランクインしている。


全米 映画ランキング ベスト10(12月21日~12月23日)


1位 「アクアマン」

)(2月8日 日本公開予定)



映画『アクアマン』オフィシャルサイト

アクアマン







2位 「メアリー・ポピンズ リターンズ」

)(2月1日 日本公開予定)



映画「メリー・ポピンズ リターンズ」ディズニー公式

3位 「バンブルビー」

)(3月22日 日本公開予定)



映画『バンブルビー』公式サイト

4位 「スパイダーマン:スパイダーバース」

)(3月8日 日本公開予定)



映画『スパイダーマン:スパイダーバース』オフィシャルサイト



5位 「運び屋」

)(3月8日 日本公開予定)



映画『運び屋』公式サイト

6位 「グリンチ」

)(現在公開中)



映画『グリンチ』公式サイト

7位 「セカンド・アクト」

)(2019年 Netflixにて配信予定)





8位 「シュガー・ラッシュ:オンライン」

)(現在公開中)



「シュガー・ラッシュ:オンライン」映画 ディズニー公式サイト

9位 「Welcome to Marwen」

)(日本公開未定)





10位 「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」

)(3月15日 日本公開予定)







先週のランキングはこちら
 ↓
全米映画ランキング(12/14~12/16)【予告編あり】アニメーション映画「スパイダーマン:スパイダーバース」が大ヒットで初登場1位!その他2本の新作がランクイン!



今週、紹介する新作は6本!


初登場で1位にランクインしたのは、ヒーロー映画の『アクアマン』

DCユニバースのヒーロー「アクアマン」初の単独映画。

海底王国アトランティスと、アクアマンの戦いを描くアクション大作。

主演は、「ジャスティス・リーグ」でもアクアマンを演じたジェイソン・モモアが演じ、アンバー・ハード、ニコール・キッドマンウィレム・デフォーが共演。


アクアマン
日本では、2月8日より公開予定。



初登場で2位にランクインしたのは、ディズニーミュージカル映画「メリー・ポピンズ リターンズ」

1964年にジュリー・アンドリュース主演で映画化された「メリー・ポピンズ」の続編。

前作から20年後、メリー・ポピンズが再び現れる。

メリー・ポピンズを演じるのはエミリー・ブラント、共演はベン・ウィショー、エミリー・モーティマー、ジュリー・ウォルタース、コリン・ファースなど

メリー・ポピンズリターンズ

日本での公開は2月1日より。



初登場で3位にランクインしたのは、「トランスフォーマー」からのスピンオフ映画「バンブルビー」

「トランスフォーマー」ではお馴染みのキャラクター「バンブルビー」初の単独映画。

「トランスフォーマー」たちが地球で活躍する前の1987年、初めて地球を訪れたバンブルビーと、彼に出会った少女との心の交流が描かれる。


これが、Rotten Tomatoesによれば、批評家の支持率93%とアクション映画にしては(しかも「トランスフォーマー」なのに(笑))驚異的な数字を叩きだしていて、嫌でも期待値爆上がり!!

バンブルビー

日本での公開は3月22日から。

楽しみだぁ~。



初登場で7位にランクインしたのは、ジェニファー・ロペス主演「セカンド・アクト」

40歳でスーパーの店員だった主人公マヤが、夢を叶えるためにニューヨークへと行く物語。

夢を叶えるのに年齢は関係ないことを描く。

主演はジェニファー・ロペス、共演はバネッサ・ハジェンス。


セカンド・アクト

日本では、年明けの2019年にNetflixで配信予定。



初登場で9位にランクインしたのは、スティーヴ・カレル主演の「Welcome to Marwen」

5人の男から暴行を受け、心因性の記憶障害になった男性が、自宅の庭に作ったミニチュアの世界を通じて自分を取り戻していく話。

実話を元に描かれている。

主人公をスティーヴ・カレルが演じ、監督はロバート・ゼメキス。

という、豪華タッグで作られた作品だったにも関わらず、興行収入が悪く、批評家の支持率も27%と酷評

welcomtomarwen

日本での公開は未定。



初登場で10位にランクインしたのは、「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」

1561年、フランス王が崩御したため、スコットランドへ帰ったメアリー女王だったが、スコットランドは、既にイギリスのエリザベス女王の支配下にあった。

という二人の女王の間に起きた緊張感と、そこから生まれるドラマを描いた作品。

メアリー女王を演じるのはシアーシャ・ローナン、エリザベス女王を演じるのはマーゴット・ロビー

最高のキャスティングだと思ったけれど、Rotten Tomatoesの支持率は61%とイマイチの数字

ふたりの女王メアリーとエリザベス

日本の公開は3月15日より。



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~




インスタでも映画のレビューを日々更新中!!






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村








このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


12月22日にWOWOWで放送された「Hollywood Express」の全米映画ランキングをご紹介。

「スパイダーマン」から生まれたスピンオフ アニメーション映画「スパイダーマン:スパイダーバース」が大ヒットで初登場1位!

その他、クリント・イーストウッドが、実在した87歳の運び屋を演じる「運び屋」が初登場2位、ピーター・ジャクソン製作の新作映画「移動都市/モータル・エンジン」が初登場で5位にランクイン!!


全米 映画ランキング ベスト10(12月14日~12月16日)


1位 「スパイダーマン:スパイダーバース」

)(3月8日 日本公開予定)



映画『スパイダーマン:スパイダーバース』オフィシャルサイト



スパイダーマン:スパイダーバース






2位 「運び屋」

)(3月8日 日本公開予定)



映画『運び屋』公式サイト

3位 「グリンチ」

)(現在公開中)



映画『グリンチ』公式サイト

4位 「シュガー・ラッシュ:オンライン」

)(現在公開中)



「シュガー・ラッシュ:オンライン」映画 ディズニー公式サイト

5位 「移動都市/モータルエンジン」

)(3月1日 日本公開予定)



映画『移動都市/モータルエンジン』公式サイト

6位 「クリード 炎の宿敵」

)(1月11日 日本公開予定)



映画『クリード 炎の宿敵』公式サイト

7位 「ボヘミアン・ラプソディ」

)(現在公開中)



映画『ボヘミアン・ラプソディ』公式サイト

8位 「INSTANT FAMILY」

)(日本公開未定)





9位 「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」

)(現在公開中)





10位 「グリーンブック」

)(3月1日 日本公開予定)



映画『グリーンブック』公式サイト



先週のランキングはこちら
 ↓
全米映画ランキング(12/7~12/9)ディズニーアニメーション映画の続編「シュガー・ラッシュ:オンライン」が3週連続1位!!新作映画のランクインなし【予告編あり】



今週、紹介する新作は3本!


初登場で1位にランクインしたのは、アニメーション映画の『スパイダーマン:スパイダーバース』

「スパイダーマン」から生まれたスピンオフアニメーション映画「スパイダーマン:スパイダーバース」が12月に公開したアニメーション映画の中で歴代1位のオープニング成績で大ヒット!


スパイダーマン:スパイダーバース


日本では、3月8日より公開予定。



初登場で2位にランクインしたのは、クリント・イーストウッド監督・主演「運び屋」

実在した87歳の運び屋をクリント・イーストウッド本人が演じた作品。




運び屋

これは、私もすごく観たい作品。

日本での公開は3月8日。

Rotten Tomatoesの評価は低いみたいだけど、楽しみだな。



初登場で5位にランクインしたのは、ピーター・ジャクソン製作の映画「移動都市/モータル・エンジン」

移動都市が、小さい都市をどんどん飲み込んでいく時代を描いたアクション・アドベンチャー作品。


移動都市/モータル・エンジン

日本での公開は3月1日より。

評判が悪いのは気になるところだけど、こちらも日本公開が楽しみ。



Twitterでも映画や海外ドラマの情報を発信しています~




インスタでも映画のレビューを日々更新中!!






↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村








このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック