とにかく映画が好きなんです【本館】

とにかく映画が好きで、特にアメリカ映画大好きです このブログは、ネタバレありの映画鑑賞日記です。主にハリウッド映画と韓国映画をメインに感想を書いています


タグ:遺作



ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
昨年、惜しまれつつもこの世を去ってしまったロビン・ウィリアムズ最後の主演作「余命90分の男」をWOWOWで観た。

この映画自体は、特に新鮮味も無く、よくあるタイプのコメディなんだけど、これが最後の主演作だったということに、なんだか皮肉のようなものを感じてしまった

映画とは少し離れたところで、人の生き様とか、生きる意味とかを考えさせられた

「余命90分の男」予告編 動画

(原題:THE ANGRIEST MAN IN BROOKLYN.)




◆「余命90分の男」DVD

余命90分の男 [DVD]

新品価格
¥2,263から
(2015/9/4 16:42時点)



あらすじ


不動産専門の弁護士ヘンリー(ロビン・ウィリアムズ)はキレやすく、暴言をはきまくるので周りの人たちから嫌われていた

そんなヘンリーが、ある日、ひどい頭痛がするので、病院へ行くと、主治医が休みで、その代わりの医師シャロン(ミラ・クニス)に、大きな「脳静脈瘤」があると診断される

さらに、「余命は90分」だとも。

それは、その日そもそも忙しくてイライラしていたシャロンが、さらに診断にケチをつけ、暴言を吐きまくるヘンリーに対して、出まかせで言ってしまったものだった

その話をそのまま信じてしまったヘンリーは、病院を飛び出してしまう

本当だったら、その場で緊急入院の措置を取らなければいけなかったシャロンは、しばらくして事態を把握し、ヘンリーを探し始めるのだが・・・

余命90分の男

感想(ネタバレあり)キレまくり!暴言吐きまくり!嫌われ男が命と向かい合う


常に、イラついていて、暴言を吐きまくり、周りから嫌われた男が死と向かい合うことで、人生の一分一秒にも無駄は無く、全てが輝いているということを知り、周りの人たちに感謝を伝えるというお話

そして、私はこの映画を自殺してしまったロビン・ウィリアムズの最後の主演作として観た

この最後の主演作には、とても大事なメッセージが込められていたはずだったのに、主役を演じていた本人が、その意図することとは正反対の行動に出てしまった

映画を観ながら、ただただ唖然としてしまった

世の中は、なんて皮肉に満ちているんだろう・・・

余命90分の男2

とてもコンパクトに出来上がった分、人物描写が少し雑になってしまった


映画は、余命と同じ90分で制作されていて、とてもコンパクトに観られる作品になっている

笑えるところもあるし、ちょっと考えさせられることもある

しかし、コンパクトに作り過ぎて、ちょっと雑だなと感じることもある

本当だったら、ヘンリーが常にイラついていたり、暴言を吐きまくるのは脳静脈瘤のせいだったのかもしれないのに、そこについての説明が無いから、彼は『ただのブチ切れ男』になってしまった

奥さんや息子とうまくいっていないのは、彼らの間にある長い歴史と日々の積み重ねがあったはずなのに、そこの説明が足りなくて、彼らとの和解の姿からは何の感動も無い

そして、シャロンがイラついているのも、猫が死んだからなのか、不倫のせいなのか、忙しいせいなのか、どれもイマイチ伝わりづらく、同情できない

余命90分の男3

名監督 X 名俳優 X 期待の新進女優 = ・・・ 化学反応なし ・・・


つまり、監督は「フィールド・オブ・ドリームス」のフィル・アルデン・ロビンソン、主演は「いまを生きる」「グッド・ウィル・ハンティング」「ミラクル・ニール(声のみ)」「ナイト ミュージアム」シリーズのロビン・ウィリアムズと、「ブラックスワン」「テッド」「オズ はじまりの戦い」のミラ・クニス。

◆「フィールド・オブ・ドリームス」DVD

フィールド・オブ・ドリームス [DVD]

新品価格
¥927から
(2015/9/4 16:44時点)




ベテランから新進女優まで揃えたキャストとスタッフだったのに、残念ながら、その「命を大切にしよう」というメッセージはあまり伝わらない仕上がりになってしまった

そこはあまり考えたくないことだけど、もしも、この映画が素晴らしい出来で、批評家からも絶賛されて、大ヒットした作品だったなら、映画「余命90分の男」と同じく、彼も「人生は一分一秒が輝いて素晴らしい」と思って自殺することは思いとどまったんだろうか・・・

なんて、映画以外のことで、いろいろと考えさせられてしまった

世界は、本当に素晴らしい人材を失ってしまった

残念で仕方がない


映画 ブログランキングへ

◆「余命90分の男」DVD

余命90分の男 [DVD]

新品価格
¥2,263から
(2015/9/4 16:42時点)













↓ 「余命90分の男」も放送しているWOWOW_新規申込








↓ 古本、CD、DVD、ゲーム買取のもったいない本舗




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


とても静かでいて力強く、心をつかんで離さず、ラストには呆然としてしまい、しばらく何も考えられなかった

名優 フィリップ・シーモア・ホフマンの最後の主演作。

WOWOWで放映しているのを見た

「誰よりも狙われた男」予告編 動画

(原題: A MOST WANTED MAN)




あらすじ


ドイツのハンブルグにあるテロ対策チームの責任者 バッハマン(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、イスラム系テロ組織に大金を流している大物実業家アブドゥラを追っていた
そんな中、バッハマンは、チェチェンから一人のイスラム系移民イッサがハンブルグに流れ込んできたことを知ると、彼を監視し、調査し、チェチェンでテロを起こした過去を知ると、彼を利用してアブドゥラに近づく作戦を思いつく
しかし、移民の人権を保護することが専門の女弁護士アナベル(レイチェル・マクアダムス(「アバウト・タイム」))がイッサをバッハマンから守ろうとし、さらに、CIA(ロビン・ライト(「ブレードランナー 2049」、「ワンダーウーマン」))がこのことを嗅ぎ付け接触してくる・・・



感想(ネタバレあり) カーチェイスもアクションも無いスパイ映画


スパイ映画と聞けば、「007」、「ミッション・インポッシブル」、「ボーン・アイデンティティ」・・などなど、派手で華麗な映画の印象があるけど、この映画にその派手さは無く、むしろ地味

アクションシーンは一つも無く、カーチェイスもない

この映画は、テロリストを巡るスパイたちの心理戦にフォーカスをあてて描かれている

ドイツ当局内部、CIA、弁護士、銀行家、それぞれに思惑があり、その思惑にしたがってイスラム系テロリストのイッサに近づいていくが、それぞれの思惑違いから、心理戦を引き起こしていく。

その心のやり取りがこの映画の面白さ


彼らの「思惑」とは何か

ドイツ当局も、CIAも目指しているのは世界平和

ドイツ当局のバッハマンは、アブドゥラを通して巨大なテロ組織のあぶり出すことが目標であり

CIAは、どんな小さな分子であってもテロリストを自由にしておくべきではないと考える

つまり、バッハマンはイッサを制裁することよりも、その先にあるもっと大きなテロリスト集団の撲滅を目指し、CIAは、イッサのようなテロリストを生かしておくと、アメリカに来てテロを起こすから、生かしておくべきではないと考える

バッハマンとCIAは、同じ目的を見ているようで、そこに至るまでのやり方の違いがあり、それが心理戦を引き起こす元になっている

この映画の中で、最も印象的なセリフがあって、

それは、バッハマンがCIAから「何のためにこの仕事をしているの?」と質問されて、答えた時の一言

” to meke the world safe place"(世界を平和にするために)

その時、二人は、目的が同じだと同意をしていたけれど

腹の中では、二人が考える「平和」が違っていた


誰よりも狙われた男


それぞれが考える「平和」の違い


その「平和」に対する考え方の違いで、最終的には、悲しい結果を産むことになる

ラストシーンを見た時には、唖然としてしまって、しばらく何も考えられなかった

大きな平和のために、小さな悪を許し、救うのか

それとも、

小さな悪をもすべて抹殺することで、復讐という悪を作り出し、さらに悪を拡大していくのか

すごく考えさせられた

でも、これが現実なんだろうなぁと思った

私たちの知らないところで、こんなことがたくさん起きていて、どんどん小さな悪を産み出し続けているんだろうなぁって

悲しいことだけれども、世界の平和は、最も強いところが考える「平和」で成り立っている

私たちは、その「平和」にしたがって生きるしか方法がない


見応えある作品を支える スタッフ & キャスト



監督は アントン・コービン。

私は、彼の作品は初めて見たけれど、そもそも写真家として有名な方らしく。

なるほど。画面がとてもきれいな作品になっている


原作はジョン・ル・カレ

誰もが知ってるスパイ小説家。彼の作品で映画化されたものは数えきれない


主演は フィリップ・シーモア・ホフマン(「ハンガー・ゲーム2」「m:i:Ⅲ ミッション・インポッシブル3」)

残念ながら、昨年、急逝してしまった名俳優。

この作品が、最後の主演作となってしまった。本当に惜しい人を亡くしたとしか言いようが無い

この映画についての彼のインタビュー動画をみつけたので、是非、見て欲しい


フィリップ・シーモア・ホフマン インタビュー 「誰よりも狙われた男」について






フィリップ・シーモア・ホフマンの演技が本当に素晴らしい、最後の主演作。

映画としても素晴らしいので、一人でも多くの人に見て欲しい


↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

誰よりも狙われた男 [Blu-ray]

新品価格
¥3,756から
(2015/7/12 01:12時点)




誰よりも狙われた男 [DVD]

新品価格
¥3,082から
(2015/7/12 01:09時点)




◆ 誰よりも狙われた男 原作本

誰よりも狙われた男 (ハヤカワ文庫NV)

新品価格
¥1,123から
(2015/7/12 01:10時点)




↓ WOWOW_新規申込 はこちらから





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック