ジェームズ・フランコ主演のテレビドラマ「11.22.63」の第1話「ウサギの穴 PART1-2」を試写会で観た。

しがない高校教師がダイナーの倉庫からたどり着いたのは、1960年、JFK暗殺の3年前のことだった。

彼は、JFKの暗殺を阻止しようとするが…。

「11.22.63」予告編 動画





「11.22.63」 コンプリート・ボックス (2枚組) [Blu-ray]

11.22.63 コンプリート・ボックス (2枚組) [Blu-ray]

新品価格
¥9,077から
(2017/4/13 15:32時点)



原作本「11/22/63」 上

11/22/63 上 (文春文庫 キ 2-49)

新品価格
¥961から
(2017/4/13 15:34時点)



原作本「11/22/63」 中

11/22/63 中 (文春文庫 キ 2-50)

新品価格
¥1,026から
(2017/4/13 15:35時点)



原作本「11/22/63」下

11/22/63 下 (文春文庫 キ 2-51)

新品価格
¥1,026から
(2017/4/13 15:36時点)



キャスト&スタッフ


出演者

ジェームズ・フランコ
…(「エイリアン:コヴェナント」、「パーフェクト・プラン」、「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」、「オズ はじまりの戦い」、「最後の初恋」、「サスペクツ・ダイアリー」、「バーン・カントリー」など)

クリス・クーパー
…(「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」、「8月の家族たち」、「ザ・タウン」、「シービスケット」、「遠い空の向こうに」など)

製作総指揮

J・J・エイブラムス
…(<監督作>「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」、「スター・トレック/イントゥ・ダークネス」、「スター・トレック」、「M:i:Ⅲ」(ミッション・インポッシブル3)など <製作のみ>映画「クローバーフィールド/HAKAISHA」、TVシリーズ「パーソン・オブ・インタレスト」など)

原作

〇スティーブン・キング
…(「バトルランナー」)

11/22/63

あらすじ


しがない高校教師のジェイク・エッピング(ジェームズ・フランコ)は、授業に興味のない生徒たちへの授業や離婚して張りのない生活にうんざりしていた。

そんなジェイクが、沈んだ気分になりながらいつものダイナーで食事をしている時、オーナーのアル・テンプルトン(クリス・クーパー)から倉庫へ行ってみろと言われる。

ジェイクはアルに言われるがまま倉庫へ向かうと、なんと倉庫の奥は1960年につながっていた…。

アルはその倉庫を「ウサギの穴」と呼び、そこから1960年に行ってはJFKの暗殺について調査をしていた…。

しかし、アルは健康状態が思わしくないことから、ジェイクにJFK暗殺を阻止の願いを託すのだが…。

11/22/63_3

感想(ネタバレあり)


アメリカ長年抱えるトラウマ「ジョン・F・ケネディ暗殺」


人には誰しも一つや二つトラウマがあって、それを乗り越えないと次に進めず、人間としても成長できない時がある。

アメリカを1人の人と表現するなら、アメリカのトラウマは「ジョン・F・ケネディの暗殺」である。

JFKがいれば冷戦も早く終結しただろうし、人種差別だってもっと早く改善していただろうと、彼が亡くなってから50年も経つのに未だに言われ続けているし、未だにJFK暗殺について映画化されている。

昨年も、「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」が制作されたばかり。

これは、未だに多くの人が「JFKロス」から立ち直れず、「もしもJFKが生きていたら」という幻想を抱き続けている証拠であり、アメリカ人たちの心にトラウマとして残っている証拠である。

そんな「アメリカ人たちの願い」をドラマに託したのが、このテレビドラマ「11.22.63」である。

タイトルの数字は、1963年11月22日ジョン・F・ケネディがダラスで暗殺された日を示している。

原作はスティーブン・キングのベストセラー小説だという。

さすが、ベストセラー作家は人々の心の願いを汲み取るのが非常にうまいし、長年、多くの作品が映画化やドラマ化されてきた彼は「現実ではありえない幻想を叶えるのがエンターテインメントである」ということをよく知っている。

きっとアメリカ人たちにとって、

「もしも、1963年に戻ることができたら、私はJFKの暗殺を阻止したい」

と思う人が多いのだろう。

この物語は、そんなアメリカ人たちの心のトラウマを解消することになるのか、それとも、心の傷をさらに深くすることになるのか。

11/22/63_5

入口はダイナーにある「ウサギの穴」


物語はある一軒のダイナーからスタートする。

そのダイナーの倉庫は、なぜか1960年につながっている。

それは、のび太くんの机の引き出しが未来とつながっているようなものだろうか…(笑)

ダイナーのオーナー アルはそこを「ウサギの穴」(「不思議の国のアリス」から命名?)と呼び、たびたび1960年に行き、1963年11月22日に起こる「ジョン・F・ケネディ暗殺」について調査していた。

しかし、自分の病気が悪化してしまったため、「JFK暗殺の阻止」をダイナーの常連客であるジェイクに託すことになる。

面白いことに、「ウサギの穴」から1960年に行き、どれだけ長い時間を過ごしても現実は2分しか経っていない。

だから、1960年から3年間過ごしても、帰ってくればたったの2分しか経っていないことになる。

最初は半信半疑だったジェイクもアルの話を聴き、自分も「ウサギの穴」を通過して、「JFK暗殺」を阻止しようと思い始める…。

なぜかダイナーの倉庫が1960年につながっているっていうアイディアが面白いなと思った。

微妙に3年ずらして1960年。

ということは、「JFK暗殺」は3年間かけて練られた計画だったのか。

ジェイクが1960年に行くと、そこは大統領選挙の真っ最中で、JFKはまだ大統領に選ばれていない。

しかし、彼をよく思わない人々は既に存在していたということなのか。

そして、「ウサギの穴」

それは、もしもジェイクが暗殺を阻止して帰ってきた時には「JFK暗殺は夢だった」ということになのか。

11/22/63_4


未来を捻じ曲げようする者への神からの嫌がらせ


この物語の原作を書いたのはスティーブン・キングということで、話はサスペンスタッチで進行する。

大量のゴキブリが出てきたり、少年が父親に殴り殺される話が出てきたり、目の前で車が横転し、そこから血だらけの女性が出てきてしゃべったり。

そんな生々しくて不快なシーンがちょいちょい登場する。

しかし、よくよく考えれば、いきなり過去に登場し歴史を捻じ曲げようとし、神様に対し不快な行動をしているのは、ジェイク自身なのである。

そこで、神様はジェイクの企みを阻止しようと、あの手この手でジェイクの行く手を阻む。

このあたりのちょっとゾッとする感じがいかにもスティーブン・キングらしくて、第1話から面白かった。

恐らく、3年後の暗殺阻止に向けて、この「神様の嫌がらせ」がどんどんエスカレートしていくと思われ、ホラー映画好き、サスペンス映画好きからすると、そこが楽しみな点でもある。


11/22/63_2

「JFK暗殺」の真相は??


そして、最大の関心は、JFK暗殺の犯人は、本当にオズワルドなのかということ。

この事実とフィクションがクロスオーバーする話で、その辺の事実をスティーブン・キングはどう味付けするのか。

ここにとても興味がある。

そして、「なぜJFKは暗殺されたのか」

事実は、JFKが暗殺されたことと、オズワルドが逮捕されたこと。

そこにどうやってフィクションを肉付けしていくのか。

これはとても気になるところ。

そして、もしも失敗したとしても、もう一回「ウサギの穴」に戻って最初からやり直せばいいのか…。

きっと、そこにはスティーブン・キングなりの「JFK暗殺」に対する思いが見えるはず。

試写会では、「えぇーーそこーー??」っていうところで終了してしまったので、ぜひぜひ続きが見たい…。

この「11.22.63」はDVDレンタルが開始されていて、ネット配信もされているようだから、早く続きが観たい。

→(参考)「11.22.63」ワーナー公式海外ドラマサイト



↓ 人気ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします

映画 ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





「11.22.63」 コンプリート・ボックス (2枚組) [Blu-ray]

11.22.63 コンプリート・ボックス (2枚組) [Blu-ray]

新品価格
¥9,077から
(2017/4/13 15:32時点)



原作本「11/22/63」 上

11/22/63 上 (文春文庫 キ 2-49)

新品価格
¥961から
(2017/4/13 15:34時点)



原作本「11/22/63」 中

11/22/63 中 (文春文庫 キ 2-50)

新品価格
¥1,026から
(2017/4/13 15:35時点)



原作本「11/22/63」下

11/22/63 下 (文春文庫 キ 2-51)

新品価格
¥1,026から
(2017/4/13 15:36時点)